竹    谷    城    

【城址碑】
別   名
所 在 地愛知県蒲郡市竹谷町
築城年月天文17年(1548年)
築 城 者松平守家
主要城主竹谷松平氏
城郭様式丘城
遺   構曲輪・石碑

竹谷城は規模100m×100mの城です

竹谷の住人牧山喜三郎から7百貫の土地を買って築城したのが始まりである

桶狭間の戦い後三河の諸将は今川氏と別れ徳川家康に従い、竹谷松平氏も同じであった

4代清善は元亀3年から遠江宇津山城を守り、孫の家清は徳川氏の関東移封後武蔵国八幡山1万石に移封され、慶長6年三河吉田3万石の城主となった

その子忠清が17年に没し無嗣除封となったが弟清昌に西ノ郡5千石が与えられた

考察・感想
ここはなかなか分からなかった。竹薮の中に城址碑が建っており、入り口も分かりずらい
曲輪はみかん畑となっていた
駐車場
目標物
ジャスコ
アクセス
名鉄蒲郡線の終点「蒲郡駅」を降り北に進みます
広い道に出ますのでそこを左折し道なりに進みます
右側にジャスコがありますのでそこを右折し、前方の竹薮が城址です
曲輪です

ホーム  バック