瀬    木    城    

【城 址】
別   名
所 在 地愛知県豊川市瀬木町郷中
築城年月明応永2年(1493年)
築 城 者牧野古白
主要城主牧野氏
城郭様式平城
遺   構堀・土塁

瀬木城は60m×90mの規模で牧野城に次ぐ居城として、また上郷進出の拠点として築かれた城です

本丸と思われる所は1段高くなり現在は神明社があります

周囲は高い土塁、広く深い堀があり牧野城よりも近世的要素を持った掻揚城であった

古白は間もなく1色城に進出し牧野城に長男能成を瀬木城に次男成勝を配した

その後城主成勝は1色城に移り、また豊川の流れも変わったこともあり廃城となった

考察・感想
この城は位置がしっかり分からずくるくる回っていたら発見できた
遺構が僅かだが残っていたのがうれしい!
駐車場
専用駐車場無(路駐は十分可能)
目標物
神明社
アクセス
名鉄豊川線の最終駅「豊川稲荷駅」を降り左側の線路沿い進み、最初の踏切を渡ります
そのまま真っ直ぐ進み国道151号を右折し「馬場町」の交差点を過ぎたら左方向に行き古川の堤防を目標に進みます
堤防を下流に向かって進むと右側に林がありここが城址です
土塁です 堀切です

ホーム  バック