ニ    連    木    城   

城址碑
別   名
所 在 地愛知県豊橋市仁連木町
築城年月明応2年(1493年)
築 城 者戸田宗光
主要城主戸田氏
城郭様式平城
遺   構土塁・堀

ニ連木城は東西80m×南北30mの城です

天正3年(1575年)長篠の戦いの前哨戦として武田勝頼に攻められている

天正18年(1590年)城主戸田康長が徳川家康に従って関東に移ったため廃城となった

こぼれ話
桶狭間の戦い後徳川家康が吉田城攻略に乗りだし、吉田城主小原鎮実は付近の豪族とこれを防ごうとしたがこの時ニ連木城の戸田重貞は徳川方に寝返ろうとしたが吉田城には人質として母がいたため戸田重貞は吉田城で小原鎮実と話ている間に大きな唐びつにいれて運びだしたという
考察・感想
梅がすごく綺麗だった
大口公園内に城址碑があります
吉田城とセットで攻城されるのがお勧め
駐車場
目標物
大口公園・老人福祉センター
アクセス
名鉄・JR豊橋駅を降り市電に乗ります
「東田」で降りその交差点を北方向に進むと右側に公園と老人福祉センターがありここが城址です
本丸跡です 堀切です

ホーム  バック