三   河   寺   部   城   

【城址碑】
別   名
所 在 地愛知県豊田市寺部1丁目町
築城年月文明年間(1469〜87年)
築 城 者鈴木重時
主要城主鈴木氏・渡辺氏
城郭様式館城
遺   構土塁・堀

三河寺部城は鈴木重時により築かれた城です

鈴木氏はこの城を本拠に松平氏と対抗していた

永禄9年(1566年)織田家の佐久間信盛により落城し、その後本多氏・田中氏が入城し、慶長15年に渡辺高綱が入り明治まで居城とした

考察・感想
現在公園となっており、遺構としては西側にある土塁と堀が残っています
公園内部には渡辺氏の陣屋の建物跡が看板とともに残されています
駐車場
無(路上駐車場可能)
目標物
守綱寺
土塁です 主郭 茶席 土蔵です

ホーム  バック