三  河  松  平  氏  館  

【水 堀】
別   名
所 在 地愛知県豊田市松平町
築城年月弘安年間(1278〜88年)
築 城 者在原信盛
主要城主松平氏
城郭様式館城
遺   構石垣・井戸・水堀

三河松平氏館は在原氏の後裔の信盛によって構えられた館城です

三代信光の岩津進出後は親氏長男信広が守り、以後明治まで松平太郎左衛門家15代の居館となった

考察・感想
天下統一した徳川氏の発祥の地。感慨深いものがあります
現在ある堀・石垣は関が原の戦い後に築かれたものです
駐車場
無料駐車場有
目標物
松平東照宮
産湯の井戸す 左が三の井戸、右が二の井戸です

親氏が笠を掛けた笠掛けのかえでです 見初めの井戸です

松平親氏公像です 松平東照宮です

ホーム  バック