三   河   一   宮   城   

【城址碑】
別   名
所 在 地愛知県宝飯郡一宮町
築城年月永禄初年
築 城 者本多信俊
主要城主本多氏
城郭様式平城
遺   構土塁・堀・虎口

一宮城は豊川の河岸段丘に築かれた城です

永禄7年(1564年)今川氏真の三河侵攻時牛久保城に着陣して、信俊が守るこの城を包囲した

徳川家康は小勢でこれを突破して城に入り、翌朝には岡崎に帰還した

これが「家康一宮の後詰め」と称されたものです

駐車場
路上駐車
目標物
砥鹿神社
虎口です 土塁です

堀切です

ホーム  バック