佐    伯    城    

【天守台】
別   名鶴屋城・鶴ヶ城・鶴城・鶴谷城
所 在 地大分県佐伯市城山
築城年月慶長7年(1602年)
築 城 者毛利高広
主要城主毛利氏
城郭様式平山城
遺   構天守台・石垣・櫓門

佐伯城は標高144m、比高135mの山に築かれた城です

三層の天守閣をもつ本丸を中心に二の丸、西の丸、北の丸の縄張となっている

廃藩置県により廃城となった

考察・感想
石垣等遺構がよく残ってます
是非、これらもセットで見られる事をお勧めします
駅構内に無料のレンターサイクルがありますので、これを利用されるのがいいでしょう
駐車場
文化会館の駐車場を借用
目標物  佐伯城地図
文化会館
三の丸櫓門です。藩主の居館が山頂から三の丸に移った寛永14年(1637年)に藩庁の正門として創建された 三の丸です

文禄の役碑です 登城の道石畳です

廊下橋跡です 廊下橋門跡です

本丸石垣です 本丸天守台です

本丸石垣です 釣りバカ日誌19ロケ地です

城址碑です 冠木門跡です

鐘櫓跡です 北の丸虎口です

北の丸水の手門跡です 北の丸石垣です

二の丸です 二の丸仕切門跡です

二の丸渡櫓門跡です 西出丸です

西の丸大門跡です 西の丸二重櫓跡です

大手門跡です 四教堂門です

安井の井戸です 薬医門です

御米蔵跡です 馬場の土手です

住吉御殿です。旧三の丸御殿の玄関・広間・書院の部分です 鳥瞰図です

ホーム   バック