春  日  局  屋  敷  

【屋敷跡】
別   名
所 在 地大分県臼杵市臼杵
築城年月不明
築 城 者春日局
主要城主春日局
城郭様式
遺   構看板

竹千代(徳川家光)の乳母である春日局の屋敷跡です

慶長8年(1603年)の春、夫林正成と離別後この地に帰ってきたといわれている

考察・感想
説明用看板には春日局が竹千代(徳川家光)を生んだと書かれています。新説ですね(笑)
駐車場
目標物
二王座新道
ホーム   バック