磯    矢    邸    

【屋敷門】
別   名加藤与伍右衛門屋敷
所 在 地大分県杵築市杵築
築城年月不明
築 城 者安西源兵衛・加藤与伍右衛門
主要城主安西氏・加藤氏
城郭様式屋敷
遺   構屋敷門

磯矢邸は北台武家屋敷にあります

宝暦年間(1751年〜1763年)には安西源兵衛が住んでいたが寛政の大火(1800年)の後御用屋敷(藩主の休憩場)として利用された

幕末頃には加藤与伍右衛門(200石)の屋敷となっていた

平成6年磯矢昭三氏から寄贈を受けたため磯矢邸と呼ばれる

考察・感想
勘定場の坂を登って直ぐの所にあります
駐車場
周辺の無料駐車場
目標物  磯矢邸地図
杵築城
アクセス
JR日豊線「杵築」を降り大分交通バスで杵築バスターミナル(終点)まで乗ります
東に歩き最初の交差点を右折し進むと看板がありますのでそこを右折すると勘定場の坂となります
勘定場の坂です。緩やかな傾斜と広い階段は馬や籠かきの歩調に合うよう配慮されていました 藩校の門です。杵築城学習館の門です

ホーム   バック