稲  葉  家  下  屋  敷  

【 門 】
別   名
所 在 地大分県臼杵市臼杵
築城年月明治5年(1872年)
築 城 者稲葉久通
主要城主稲葉氏
城郭様式
遺   構

稲葉家下屋敷は廃藩置県後に東京に居を移した旧藩主稲葉氏の里帰りのための住宅として築かれました

内部には上質の杉や檜が使われ格式のある建築物となっている

考察・感想
残念ながら時間の関係で内には入れなかったですが、式台のある玄関や書院造りの座敷があるようです
駐車場
駐車場有
目標物
稲葉家下屋敷
ホーム   バック