三    城    

【本 丸】
別   名
所 在 地長崎県大村市三城町
築城年月永禄7年(1564年)
築 城 者大村純忠
主要城主大村氏
城郭様式平山城
遺   構城址碑

三城は標高37.2mの丘に築かれた城です

慶長3年(1598年)純忠の子善前が玖島城に移るまで大村氏2代の居城となった

寛永14年(1637年)幕府の命により破却された

考察・感想
現在城址には長崎県忠魂塔が建てられています
元亀3年(1572年)には「三城七騎籠(さんじょうしちきごもり)」が起きた
竹雄の後藤氏、諌早の西郷氏、平戸の松浦氏の軍勢に急襲されたが、このときには三城には城主純忠、大村純辰、朝長純盛、朝長純基、今道純近、宮原純房、藤崎純久、渡辺純綱の七名の家臣しかおらず三城七騎籠とはこの時の七名をいう
駐車場
富松神社の駐車場を借用
目標物  三城城地図
富松神社
アクセス
JR大村線大村駅下車し右に行きそのまま線路沿いを歩き最初の踏切を渡り左に行きます
そのまま進むと右側に富松神社駐車場が有り、そこから坂を登るとあります
空堀です 城址碑です

ホーム  バック