西 園 寺 公 望 仮 寓 居 

【 碑 】
別   名
所 在 地長崎県平戸市玉園町
築城年月
築 城 者
主要城主
城郭様式屋敷
遺   構

西園寺公望は徳大寺公純の次男であったが西園寺家を相続、後に文相や首相を歴任、最後の元老となった

明治3年(1870年)頃フランス語の勉強のため家臣山口正信とともに長崎滞在中の仮住まいとしてこの地に住んだ

3年間を予定していた長崎遊学はフランス留学の辞令が出たためわずか7ヶ月で滞在は終わった

考察・感想
現在は碑があるだけです
駐車場
目標物  西園寺公望仮寓居地図
長崎歴史文化博物館
ホーム  バック