加    治    木    館    

【石 垣】
別   名
所 在 地鹿児島県姶良市加治木町仮屋町
築城年月慶長年間(1596〜1615年)
築 城 者島津義久
主要城主島津氏
城郭様式平城
遺   構石垣

加治木館は慶長12年(1607年)島津義久がこの地を選び帖佐平松から移り住んだ

高い石垣や天守閣はなく「東の丸」「中の丸」「西の丸」といわれる平屋造りの建物が集まっていた

この場所を選び家臣の屋敷を整然と周辺に配置し空堀や城壁と造り城域を区画したのは易学者の江夏友賢といわれている

加治木島津家の居館として郡域の政治・経済・文化の中核地となり明治時代を迎えた

考察・感想
護国神社・小学校・高校が城址です
道路沿いに石垣が残ってます
駐車場
目標物  加治木館地図
護国神社
碑です 石垣です

ホーム  バック