井  上  良  馨  屋  敷  

【屋敷跡】
別   名
所 在 地鹿児島県鹿児島市
築城年月不明
築 城 者井上氏
主要城主井上氏
城郭様式屋敷
遺   構

井上良馨は19歳で薩英戦争に参加し、沖小島砲台に配置され、明治元年海軍に志願、軍艦「春日」に乗り込み明治8年には「雲揚」艦長として江華島事件の遭遇し勝利を得た

西南の役では官軍に属し「清輝」艦長として鹿児島湾に入港した

日清、日露戦争では佐世保横須賀、呉等の鎮守府司令長官を歴任し戦後軍事参議官になり明治44年元帥の称号を賜った

考察・感想
説明用看板が建っています
駐車場
目標物
高麗橋
ホーム  バック