ようこそ。

マインドコントロールの入り口へ。

好奇心に負けてここに来てしまったアナタも、

マインドコントロールにかかる可能性があるのです。

 

マインドコントロールとは、社会心理学的な方法を使って、相手が気づかないうちにひとの心を思い通りあやつる方法で、破壊的カルト集団が行うものです。


マインドコントロールは、こんな風に行われます。
 
1.ひきつける。
――→親切で優しく、あなたをほめたり、おだてたりします。
 また、「宗教団体ではありません。」とか、「勧誘ではありません。」とか、科学で証明されているんです。」と嘘をついたり、有名大学や、有名人、
マス・メディアの名前を出して信憑性を高めたりします。
 あるいは手品やトリックで奇跡が起きたと思わせて、あなたを、あたかも神秘体験をしたような気にさせます。
(睡眠を邪魔したり、物を食べさせなかったりして幻覚を見せる場合もあります。)
2.情報をコントロールする。
――→集団生活をさせたり、忙しくさせたりして時間をなくしてしまい、自分たちにとって都合の悪い情報に触れないようにさせ、また、その団体に対する批判者やその主張には、「聞くと心が汚れる」などと言って嫌悪感を持つよう仕向けたりします。
3.考えるのをやめさせる。
――→決められたとおりの生活をさせたり、睡眠をけずらせたり食事を制限したりして思考力低下させます。
 「他の集団にねらわれている」とか、「家族もあやつられている」とか言って、外敵の存在を強調したり、「危機がせまっている」とか、「今しかないんだ」とか言って、考えるのをやめさせます。
 さらに、「脱会したら罰がくだる」とか、「家族が不幸になる」とか「病気になる」とか言ってあせらせ、恐怖感を与えたります。
 

その結果、破壊的カルトの言いなりになるのです。
誰でも、用心していないとマインドコントロールされる可能性があります。

 

Q&A

 

カルトに引き込まれやすい人。
――→「あのひとだからひっかかったんだ。私は大丈夫。あんな集団に入るのは、依存心が強くて、自分に自信のない弱いヤツなんだ。自分はあんなものにひっかからない」と思って油断しているひと。

 


だまされないためには。
――→自分もひっかかるものだと知ること。そのグループの信じていることではなく、やっていることを見ること。好奇心に負けないこと。
そして、幸せ、愛情、知恵、金、地位、意味のある生き方といった言葉に誘惑されないことです。
それから、住所と電話番号を教えては駄目です。
教えてしまったら最後、何度も何度も勧誘されることになります。
 

 

マインドコントロールは、宗教的なものだけではなく、 政治団体、環境保護団体、ボランティア団体などと言ってあなたに近づいてくる場合もあるのです。



indexへ