最終更新日:

  MAHIKARI Exposed Japanese version  

  暴かれた真光 日本語版     
−隠された立教の経緯、偽史に基づく教義、マインドコントロールの手法−

1. MAHIKARI - An insight 真光 - ある洞察: (○○)真光文化に関する小研究

2. Media Reports 報道 − キャンベラタイムズ ○○真光論争 −

3. MAHIKARI's Crumbling Foundations 崩壊しつつある真光の基礎

4. MAHIKARI, Mu, and the Emperor of Japan  真光、ムー大陸、そして天皇崇拝

5. GOSEIGEN - A warning to the World  御聖言 −警世の書−


−退会者の体験談−

1. MAHIKARI - Search For The Truth  真光−真実を求めて by ディーン&ジーン・ローガン
この御夫婦は、Mahikari Information Site というサイトを作っています。退会者の体験談や、退会者への精神的ケアが充実しています。以下のFAQもその一例です。

MAHIKARI Frequently Asked Questions (FAQ)  ローガン夫妻による真光問答


このサイトは、海外にある真光批判サイトの一部の日本語訳に、ホームページ作者が得た情報を加味したものです。

--- このサイトをご覧の方へ ---

このホームページの題名「暴かれた真光」を見て、真光って危険な団体だったっけ?と首をかしげる方も多いかと思います。

教団内の月刊誌「真光誌」には、真光の業(まひかりのわざ)と呼ばれる手かざしによって病気が治った、奇跡が起こった、という体験談が毎月掲載されています。手かざしや想念の向上により、身体に何がしかの変化が現れたり、奇跡的な治癒がおこることはままあるようです。

真光の信者(組み手)さんたちは、そういう現象を自らの信仰の拠り所にし、人を勧誘するときにもそれを強調します。人によっては、真光はお金もそんなにかからないし、救われた(と言う)人もたくさんいるし、尊敬できる人もいるし、友達ができて楽しいし、というように、良い印象を受ける面もあります。教えの中でも、愛や調和、利他愛などの言葉が繰り返し強調されます。ですから、真光は危険な団体ではないと言う人がいても不思議ではありません。私自身も、教団(○○真光)の中で色々な人と知り合うことができ、楽しかった思い出も確かにあります。

しかしながら、そういう良い面に隠れて見えにくい、実は巨大な負の面があることも確かです。組み手さんの間でも、そういう負の面をあからさまに話し合うことは避けられる傾向にあります。皆、忘れよう、見ないようにしようとしています。ですから、知らない組み手さんも多いのです。ある程度まで深く関わらないと、問題が見えてきません。

真光の手かざしは確かに効果のある場合もありますが、むしろ効果が出るのを信じ続けたあげく、悲惨な結果に陥ったケースが数多くあります。私の周囲にもありましたし、インターネットで訴える方もいらっしゃいます。また、組み手さんの間では、奇跡を神様から頂くということは一種のステータスシンボルになっており、なんでもないことを奇跡だと大げさに取り上げたり、でっちあげに近いこともないとは言い切れません。そして、ほとんどの組み手さんは純粋な善意から人を勧誘しますが、悲惨な例を知っていても、それを言ったら勧誘の妨げになるので、決して言いません。また、お金もそんなにかからないように見えますが、罪穢を消すためと称して、自発的にたくさん奉納することが奨励されています。

真光においては、特に○○真光ですが、切迫した終末思想(火(霊、ひ)の洗礼)、憑依霊の恐怖、お導き(勧誘)こそが最も罪穢を消す、などの教えと、お導き数に応じた昇格システム(※)に煽られて、布教活動が過激になりがちです。拠点によって差は大きいですが、み役を持っている人は毎月のお導き数に一喜一憂する状態が続き、その他の行事にも追いまくられ、その焦りから色々なトラブルも生じてきます。未組み手さん(信者でない人のこと)にはとても親切に振る舞いますが、その人が組み手になった途端に突き放し、別の人の勧誘に走り回る、というようなケースはしばしばあります。また、インターネット上のいくつかのBBSでは怨嗟の声が渦巻き、途切れることがありません。フランス、ベルギー等に至っては、○○真光は社会にとって危険な存在と認識され、カルト教団に指定されています。そして、外国の人たちが立ち上げた真光批判サイトは数多くあります。

(※ 個人では、お導き数2人で中級研修、さらに5人で上級研修を受ける資格が得られる。拠点単位では、総人数、中級組み手、上級組み手の数、御神体拝受数などにより、連絡所−お浄め所−準道場−小道場−中道場−大道場という格付けがあり、昇格したり、降格もありうる。)

(マルチ&悪徳商法SOS−FILE 崇教真光 http://www.sos-file.com/sossos/m_mahikari.htm )
(「真光」とは? http://www.geocities.jp/sonomama_da/nise-hikari.html )
(フランスのカルト認定の経緯 http://page.freett.com/sokagakkai_komei/shukyou/cult_french.html )

ここで翻訳された一つの海外サイトでは、この教団の立教の経緯とその教義が分析されています。文化の違いからくる誤解もあるかもしれませんが、どうにも弁明しようのない疑問や矛盾が数多く指摘されています。

例として、すべての真光系教団が師と仰ぐ創設者、岡田光玉氏の次の教えをよくお読みください。

...アトランティス大陸とムー大陸はかつて、水爆をも用いた大規模で悲惨な戦争をしました。さらに、金星やその他の惑星の霊たちとこの世の肉身をもった人類との間の戦争が起こりました。こうして、その戦いに敗北した霊の系統の者たちは、霊的に非常に強い恨みを現在の人類に対して持つようになりました。本当のことを言えば、現在の人間に憑依している霊の多数は、そのような霊たちなのです。

神の力を以ってしても、憑依霊が人々の身体から長い間離れないこともあります。その理由を言いますと、ある程度までは、現実の人間の歴史の中で勝ったり負けたりしてきた霊の系統間の争いが、まさに今この現在まで続いているからなのです。現在、強い憎しみと恨みを持った霊たちが、現在の人間が幸せな世界を建設するのを邪魔するために、一致団結しています。言い換えれば、そういう霊たちは組織的に行動を起こしているのです。

さらに、そのような霊たちは、また他の惑星からの霊たちまでもが、今日の人類の中に紛れ込み、人類の中に転生してきています。例えば、ムー大陸によって破壊されたアトランティス文明の人々は、今日の人間に霊として憑依するだけでなく、実際に、この世界に人間として転生してきているのです。さらに加えて、憎しみを持った霊はそのような人間たちと一緒になって、憎しみに満ち溢れた恐ろしい世界を作り上げようとさえしているのです。これが、現在起こっていることなのです...

以上は、1985年6月6日、飛騨高山の総本山における月始祭(毎月の神祭り)で、一万人(!)の参拝者の前で、録音テープから流された岡田光玉氏の教えの一部です。(真光オーストラリアジャーナルより)

これは、ふだんはあまり表に現れない、真光の教えの真髄の一つです。真光に馴染みのない方が見ると、強い違和感を感じる思想です。ムー大陸、アトランティス大陸などの「失われた大陸」説は、根拠のない妄想だったことが、いくつかの書物やホームページで語られています。ですから、存在しないはずのアトランティス文明人の霊に、私たち現代人が脅かされるはずがありません。

こういう教義上の疑問に目をつぶって、「真光には手かざしがある。真光の手かざしは他とは違う。」と自負する組み手さんが多くいるようです。さらに、「私は真光で奇跡をいただいたのだから、真光にご恩返しをするんだ。」、と言って耳を貸さない組み手さんもいるでしょう。

真光の手かざしが他と違う点に、霊動(れいどう)現象が起こることがあります。これこそが、真光が他の手かざしと違って霊の救いを行える証だと言う人もいるようです。しかし、実は額の手かざしの前に目をつぶらせて祈言を奏上すると霊動が起きやすいということは、岡田氏が真光を立教する以前に所属していた教団内ではよく知られたことであり、霊動は危険だという理由で(3.の資料参照)、目をつぶらせての祈言奏上は禁止されていました。それに逆らって、興味を持って続けたのが岡田光玉氏と言われています。それが一つの理由となって、その教団の幹部を罷免になったといいます。(立教前の事件(3.の一部)

霊動現象は、手かざしの効果と同様に科学的には解明されておりませんが、上記のような憑依霊の教えの証拠として真光は捉えます。そこに、御み霊(おみたま)と呼ばれるペンダントを首にかければ、神の光の守護が授かると教えます。霊動現象や手かざしの効果を自分自身で感じてしまった人は、憑依霊が怖くてもう御み霊を手放すことができません。結果として、教えに多少の疑問を持ったところで、教団から離れることがなかなかできません。さらに、終末思想と昇格システムに煽られた布教活動や色々な行事の忙しさから、抱いた疑問についてじっくり考える暇もありません。

ここまで要素が揃っていると、それを意図して揃えたのかどうかはともかく、これはもう立派なマインドコントロールなのです。真光と同様病気の治癒が起こるという他の手かざし教団の中でも、ここまで揃っているところはなかなかありません。
手かざしによって奇跡的な現象が起こるからと言って、真光のすべての教えが正しいと証明されるわけではないのです。逆に、根拠のない教えを、手かざしの効果を見せることによって信じさせているともいえます。

とはいえ、大人の方に対しては、真光に入るなとか今すぐやめた方がいいと断言するわけではありません。真光の言うことはすべて(あるいは部分的に)正しいと信じることも、信教の自由として認められます。しかしながら、こういう教えに判断力の未熟な未成年が晒されることには、問題があると思います。事実、組み手さんの子供たちの多くはわずか10歳(小学4年生)で初級研修を受け、教えに晒され、御み霊(おみたま)をもらい、手をかざし始めます。手かざしによって何らかの不思議な体験をしてしまうと、いっそう盲目的に何でも信じてしまいます。それなのに、学校の友達には理解してもらえません。結果として、教団の常識は一般社会の常識とかけ離れていることを知り、ショックを受け、その相反する2つの常識の狭間で揺れながら多感な時期を過ごす子供も多いのではないでしょうか。親が持つ信教の自由という権利と子供との関係は大変難しく、簡単には結論づけられません。しかし、自我が確立していない10歳で研修を受けさせてしまうのには、問題があるように思います。私はそのことにも強い危機感を抱いたので、事実を広く知らせて問題提起をすべく、このホームページを作りました。

真光から離れたことをまるで悪いことのように思ってしまう人にとっては、ここの内容は大きな救いになります。また、真光にのめり込んでいる人が身近にいて困っている、そういう人たちにとっては、のめり込む人に考え直す材料を与えることができます。

ただし、気をつけていただきたいのですが、幹部を含めて真光を心から信じている人にここの内容すべてを一気に叩きつけて真光を否定することは、心を踏みにじる行為であり、無理に信仰を押しつけるのとある意味で同じ行為になります。そして確実に人間関係を壊します。二度と口をきいてもらえなくなるかもしれません。それはおやめください。逆効果でもあります。せめてさりげなくここのサイトを教えてあげるぐらいにしてください。

誰しも信じるものを否定されれば、身を切られるような苦しみを覚えます。信者の方にここの情報を教えるときには、そのことをよく念頭に置いて、慎重な対応をして下さいますよう、お願い致します。理想としては、「少しずつ、情報だけ渡す(あるいは少しずつ話題に上げて一緒に考えてみる)、否定せず、肯定せず、判断は任せる。」という態度をとり、そうやって少しずつ、「自分で考える力」を取り戻すように誘導してあげられるといいのですが。


組み手さんたちは、インターネット上の情報はほとんどが嘘だと幹部から教えられています。おそらく、見ると邪霊に操られるので見ないようにと指導されていると思います。これも、マインドコントロールの一種であり、良識ある宗教団体の指導とはいえません。そのため、たとえ読んだとしても、細部にこだわって揚げ足を取り、全体を否定してしまう方が多いのではないかと思います。

真光の教えや勧誘は一見ソフトですが、上記のような巧妙なマインドコントロールが織り込まれています。勧誘される方も、勧誘する方ですらそれに気が付いてません。その上で手かざしに何かを感じた人は、なおさら信じてしまいます。ある人がすっかり信じてしまったとしても、本人だけに責任があるとは言いきれません。その人が家族や恋人であった場合、冷静に対処するのは難しいことですが、まだネットに溢れる情報がない時代に入信してしまった人がほとんどであり、一歩間違えば信者になっていたのは貴方であったと思って、地道に取り組むようお願い致します。


私自身も○○真光の元信者であり、長年信じていたものを否定する苦しみを、2、3年かけて克服してきました。

組み手さんの多くは、このサイトの内容を知って、かつての私と同じように苦しむでしょう。でも、いずれは知ることなのです。後になればなるほど、その苦しみが大きくなるだけなのです。失った時間は、取り戻せないのですから。

最後に、元のサイトを作ったオーストラリアのアラートン夫妻、体験談を発表されているアメリカのローガン夫妻に感謝と敬意を表します。また、様々な方とBBS上において交流したことにより、多くの知識を得ることができ、このページに生かすことができましたことを、ここに感謝したいと思います。

2001年8月6日 ホームページ作者より

ホームページに戻る

暴かれた真光 真如苑 破壊的 カルト 宗教 手かざし 暴かれた真光 真如苑 破壊的 カルト 宗教 手かざし 暴かれた真光 真如苑 破壊的 カルト 宗教 手かざし  1