袋井市災害ボランティアの会
袋井市の災害状況
平成29年4月24日
16:00
災害は現在発生していません。水曜の午後は夜に雨が少し降りそうですが、その後は天気は良さそうですよ。
 
 
 今を知る  
 国土交通省気象庁  
     雨の状況を知る高解像度降水ナウキャスト 
 地震発生状況地震情報
 台風の情報台風情報
 静岡県の降水量、河川の水位
   サイポスレーダー(静岡県土木総合防災情報)
 袋井市の降水量、河川の水位、風力
   袋井市気象観測情報雨量
 袋井市のピンポイント天気予報
 ウエザーニュース(袋井市)
 ヨーロッパ中期予報センターでアジアの天気を知る。
テレビから今を知る方法 
   リモコン操作でNHK情報
防災お役立て情報 
  災害用トイレガイド(日本トイレ研究所)
  自宅の地盤地層を知る
  自宅周辺の地盤調査情報を知る
   
 
更 新 日 お 知 ら せ
 平成29年4月24日  22:58頃静岡県西部(森町三倉)で震度2の地震が起きました。深さ40Km、マグニチュード4.1で突き上げるような揺れでした。しばらくは注意が必要です。袋井市も震度2です。
 平成29年4月24日  平成29年度袋井市自主防災隊長会議が開催されました。袋井市の防災減災対策の説明後ろ水機・可搬ポンプ取り扱い講習を行いましたが、メーカー担当者に日頃の疑問やメンテナンスのポイントなど、時間を超過するほど質疑が続きました。
 平成29年4月20日  中日新聞掲載記事。「県地震防災センターの揺れ疑似体験装置に熊本地震を追加
 平成29年4月3日  袋井市災害ボランティアの会、年度初めの総会開催のお知らせ。4月22日(土)9:30〜袋井市総合健康センターボランティア会議室にて行います。
 平成29年3月21日  九州主要活断層 新たに追加(M7クラスの地震の可能性) 福岡沖地震から12年
 平成29年3月13日  昨日(3月12日)静岡県下一斉に「東海地方に大きな地震が発生し静岡県沿岸に大津波警報が発表された」として津波避難訓練を行いました。袋井市でも午前10時にサイレンが鳴り浅羽南自治連合会地区の方を中心に津波避難訓練を行いました。
 平成29年3月10日  中日新聞掲載記事。「袋井市に4か所目の平成の命山完成
 平成29年3月6日  第12回静岡県内外の災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練(3月4〜5日静岡県勤労者総合会館)に参加しました。
平成29年2月28日  非常食コーナー新設 (日本赤十字社静岡県支部の「炊き出し名人」の包装食袋でごはんづく)
平成29年2月24日  中日新聞掲載記事。「袋井市に3か所目の命山完成
平成29年1月16日  社会福祉協議会から「災害時メンタルヘルス研修会」開催のお知らせ。3月1日(水)14:00〜中遠総合庁舎で「災害時の心とその対応」と題して三方原病院長島康之氏による講義です。
平成28年12月19日  中日新聞掲載記事。災害ボランティア森町が災害ボランティアコーディネーター養成講座に参画「避難所運営難問に対処
平成28年12月7日  袋井市北小学校5年生5クラスの総合学習として会のメンバー6名が防災学習を行いました。7月から11月までの間4つのグループに分かれ校内や学校周辺の防災に関連することを見て歩きグループワークし発表しました。
平成28年12月4日  本日静岡県全市町で地域防災訓練が実施されました袋井市でも9時から始まりお昼前に終了しました。
平成28年12月2日  袋井市ふるさと防災寄附金」の状況
 バイク隊募集のお知らせ。オートバイの特徴を生かし、災害発生時の被災者の要望と支援のボランティアを結び付けることを目的とした活動です。是非登録しご入隊ください。

災害発生時に備える活動
地震防災紙芝居  袋井市災害ボランティアの会で昨年作成しました「防災紙芝居」小学生とお母さんを対象にイベント開催時行っています。
希望のところには実施や紙芝居の貸し出しも行っています。市内ボランティア団体の「ゆずり葉」さんは高南小学校において月1〜2回水曜日に2〜5年生に紙芝居を行っています。
    
形成24年度静岡県
総合防災訓練参加

災害ボランティアセンター
開設・運営訓練

メイン会場磐田市iプラザに会員5名が参加し問題点や課題を持ち帰る
防災関連訪問勉強会開催(出前講座) 平成26年8月17日
 豊沢ふれあい会館豊沢地区防災勉強会(避難所運営ゲームHUG)
平成27年5月16日
 浅羽東公民館3学級開級式(講演会実施)
小学校防災教育開催 平成28年7月〜11月
袋井市立袋井北小学校5年生(4クラス150名)総合学習において4回防災講座を実施

災害ボランティアの会メンバーの勉強会開催

2か月毎に開く例会で災害発生時必要となることがらの勉強会を実施
HUG(避難所運営ゲーム)ってなあに? 「避難所HUG」の目的
避難所開設当初の避難所運営組織の業務を疑似体験することで、実際の発災時にスムーズな対応が出来る能力を養う。
避難所HUGってなあに?
袋井市防災課作成HUGマニアル
避難所運営チェックリスト

袋井市避難所運営マニュアル(平成28年10月公開)
DIG(災害図上訓練)ってなあに? Disaster(災害)、Imagination(想像力)、Game(ゲーム)の頭文字を取って命名されましたDIG(ディグ)
参加者が大きな地図を囲み、みんなで書き込みを加えながら、ワイワイと楽しく議論をしていき、防災対策を検討する訓練です。
DIGってなあに?
自主防災組織災害対応訓練 イメージTEN
参加者が自主防災組織本部の様子を時系列で疑似体験できます
具体的で実践的な防災対策や災害対応が理解できます
非常食のコーナー 炊き出し名人(包装食袋でつくる非常食);日本赤十字社静岡県支部
液状化現象ってなあに? 地震動によって地盤が一時的に液体のようになってしまう現象。
地震動の大きさ・揺れている時間・地盤の性質(砂地盤や緩い地盤)・地下水位(3m以下)などにより発生の大小が違ってくる。

液状化現象とは?
袋井市液状化危険度マップ
袋井市液状化危険度解説
 防災を学ぶ  
NHK防災コーナー   NHKそなえる防災
 NHKドラマとなりの防災家族
地震だ!津波は見えないし音も聞こえない(東北大震災避難者のコメント)すぐ避難だ! 袋井市の津波避難マップ
 東京都防災情報  東京防災ブック今やろう10の防災アクション

情報コーナー
幻の東南海地震1944年

    
著者:市川 和子 さん
    「東海地震 八歳の記憶」
    ひまわりのおか(いのちのえほん)

宮城県石巻市立大川小学校。東日本大震災による津波で、全校児童108名の七割に当たる、74名が行方不明・命を落とすという悲劇に見舞われました。 本絵本は、津波でお子さんを亡くし、言いようのない悲しみの底にありながら、なんとか前向きに生きていかねばと、小学校そばにひまわりの種を植えはじめた8人のお母さんたちによる絵本です。

南海トラフ巨大地震発生関連 内閣府発表(南海トラフ巨大地震の津波関連)
静岡県広報(南海トラフ巨大地震の津波と被害)
静岡県第4次地震被害想定(第1次報告) 関連資料
1次報告のポイント、1次報告の概要、被害・対応シナリオ
静岡県第4次地震被害想定(第2次報告) 2次報告(ライフライン他)の概要
2次報告詳細
第3次東海地震被害想定 袋井市全体
旧袋井市地区別
旧浅羽町地区別
周智郡森町地区別
防災行政無線(同報無線) ジェイアラート(J-ALERT)
メローねっと(袋井市メール配信サービス)
災害用伝言ダイヤル(171) NTT
NHK防災マップを作ろう 浅羽東地区が作った防災マップ
ふらっとホームページ 協働まちづくりワークショップ「防災」