マーズ・ローバーのL456画像合成スクリプト

マーズ・ローバーのL456取得スクリプト(GET_L456)で取得した画像を自動的にRGB合成するVBScriptです。

ダウンロード

スクリプトファイル(RGBcomposite.vbs)
解凍して画像取得用スクリプト(GET_L456)と同じフォルダに置いてください。

以下の2つはスクリプトの動作に必要なファイルです。

Windows Scripting Host V5.6 (Microsoft)
Windowsに標準で入っていますが、バージョンが古いと動作しないかもしれないのでその場合はV5.6をインストールしてください。
ご使用のOSバージョンに合った物をダウンロードし、インストールしてください。

ImageMagick
画像を操作するコマンドラインプログラムです。
ホームページ左の「Binary Release」の「Windows」から「Q16-Windows-dll」版をダウンロードしてインストールしてください。

使用方法

  1. 「RGBcomposite.bat」をダブルクリックします。
  2. ローバーのタイプを選択します。


  3. 合成したいSOL(火星日)の開始・終了を入力します。
    (0を入力すると全ての画像を合成します。)




  4. あとは自動的に合成処理が実行されます。
    すでに作成済みの画像はスキップされます。
    再作成したい場合は合成済みの画像を削除してから実行してください。
  5. 終了メッセージが出たら終了です。


  6. 途中で中止したい場合は、コマンドプロンプトをアクティブにして「Ctrl-C」を入力してください。
  7. 処理中にエラーが発生した場合、エラーのあったファイル名をerrorlog.txtに保存します。


バグ報告・変更要望等はこちらのゲストブックへ書き込んでください。

変更履歴

バージョン 日付 変更内容
V1.2 2007/01/03 合成画像に問題があると異常終了する問題を修正。
エラーをログに保存する機能を追加。
V1.1 2007/01/03 L456がそろっていない画像を合成しようとすると異常終了する問題を修正。
V1.0 2006/12/31 初回リリース

Homeに戻る