マーズ・ローバーのL456画像取得スクリプト

NASAが公開しているマーズ・ローバーのRAWイメージのうち、L4,L5,L6のそろった画像のみを自動的にダウンロードするVBScriptです。
(いくつかそろっていないのも混じりますが・・・)
Raw Images For Spirit and Opportunity (NASA)

ダウンロード

スクリプトファイル(GET_L456.vbs)
解凍して適当なフォルダを作成して置いてください。

以下の2つはスクリプトの動作に必要なファイルです。

Windows Scripting Host V5.6 (Microsoft)
Windowsに標準で入っていますが、バージョンが古いと動作しないかもしれないのでその場合はV5.6をインストールしてください。
ご使用のOSバージョンに合った物をダウンロードし、インストールしてください。

cURL
ファイルをダウンロードするためのコマンドラインプログラムです。
ホームページ左上の「Download」から「Win32 - Generic」版binary(SSL非対応版)をダウンロードして解凍し、「curl.exe」をスクリプトと同じフォルダに置いてください。

使用方法

  1. 「GET_L456.bat」をダブルクリックします。
  2. ローバーのタイプを選択します。


  3. 取得したいSOL(火星日)の開始・終了を入力します。




  4. あとは自動的にファイルを取得し、スクリプトのあるフォルダの中に「image」フォルダを作成して画像を保存します。
  5. 終了メッセージが出たら終了です。


  6. 途中で中止したい場合は、コマンドプロンプトをアクティブにして「Ctrl-C」を入力してください。

新規画像チェックスクリプト

  1. 「checknew.bat」をダブルクリックします。
  2. 約数十秒経過後、ブラウザで新規画像のあるページへのリンク一覧が開きます。

バグ報告・変更要望等はこちらのゲストブックへ書き込んでください。

変更履歴

バージョン 日付 変更内容
GET_L456 V1.5
checknew V1.1
2006/11/11 微妙にいろいろ修正した。
checknew V1.0 2006/11/04 新規画像のあるページへのリンクを抽出するスクリプトを新規作成した。
V1.4 2006/11/04 ダウンロードしたファイルの日付がリモートファイルの日付になるようにした。
日付が変わっているときだけHTMLファイルをダウンロードするようにした。
V1.3 2006/11/03 ロケールが日本語以外の場合はメッセージを英語で出力するようにした。
ダウンロードしたファイルのログを残すようにした。
SOLが1000を超えたので対応した。
V1.2 2006/10/28 画像の保存先フォルダを細かく分類するようにした。
V1.1 2006/10/28 進捗状況を表示するようにした。
V1.0 2006/10/27 初回リリース

Homeに戻る