★☆★☆★☆ 会員からのお便り(1) ★☆★☆★☆

8.gif (795 バイト)  home.gif (1553 バイト)  8.gif (795 バイト) next.gif (1527 バイト) 8.gif (795 バイト)

◆文中に「 ※ 」マークをつけていますが、これは、ニュースの区切りと、「検索→次を検索」機能を使って、見出しをスキップチェックするためです。結構便利です、お試しください。

line.gif (1274 バイト)

拝啓 朝夕の寒さは、まだまだ厳しいものがありますが、その透き間から、そこはかとなく春の息吹きが感じられます。
 会長様はじめ事務局スタッフの皆々様には風邪など召されないでお過ごしのこととご遠察いたしております。
 さて、先日は「白鳥」をお送りいただき有り難うございました。その折阪神大震災義援金について協力方依頼がありましたが、何分にも年金のみの生活のため体操なことは出来ませんが一月末に所属グループを通じて送金いたしましたので今回はご辞退申し上げます。
 また去る二日の朝のテレビ「ズームイン!朝」を拝見いたし会長様のご活躍を目のあたりにして益々敬服いたした次第でございます。
 本日は一万円を同封いたしましたが、その中から平成七年分会費として三千円を、残り七千円は会運営の雑費としてご笑納くださいますれば幸いです。
 会長様、スタッフの皆様ご自愛の程を心から祈念いたしております。

O.S

※ ------------------------------

 拝啓 久しくお便りせず申し訳ありません。お変わりありませんか。
 私事で恐縮ですが、昨年の医学講演以後、義妹夫婦の入院や子供たちの世話に始まり、正月早々の義弟の急死、残された家族の今後の事等に忙しく重ねて妊娠という吉報に胸おどらされたりの毎日です。帝人大谷様からの仕事もいただき今日何とか形ができましたのでコピーを同封します。
 東北白鳥会の活動に関しては菊ちゃんの独り言も本当に中途半端になってしまい、ご迷惑のかけどおしで申し訳ありません。
 今の私に出来る事は、まず体を大事に考えて外出の少ないワープロのお手伝いをしたり下手なカットを書いたりする事だと思っています。
 今年も幅広い市民の方々が東北白鳥会を助けて下さることを祈っています。会長も無理のない生活を送って下さい。

※ ------------------------------

 前略 昨日入会申し込みについて、お電話で色々御指導いただきましたH.Mです。
 昨年の十月二十日に仙台福祉プラザでの講演会を聞き、同じ病で苦しんでいる人達がたくさん居ることを知りました。
 私も昭和二十三年に肺結核を患い昭和三十三年に右肺の半分を切除しました。その時の輸血がもとで昭和五十六年頃から肺炎を発病し五十七年に肝硬変と診断されました。以来自宅療養をしておりますが、近年呼吸が苦しくなり昨年大学病院で肺機検査を受けて身障者手帳を申請したところ低肺機能による三級として手帳を交付されました。これを機会に私も白鳥会に入会したいと思いますので宜しく御指導下されたくお願い致します。
 なお、会費は郵便振替でお送り致します。   早 々

H.M

※ ------------------------------

 今夕刊を読んでいますが、こんなにも大きく取り上げてくれた河北新報告に感謝しています。やっぱり、こうしていろいろと活動せねばならないんだな−−としみじみ感じまた。単なるボランティアの私まで今日の記念行事の無事終了したことに、喜びと感謝を感じて目をパッチリさせていましたが、会長さんはどんなに安堵の胸をなでおろしておられるものやらと、心境お察し致します。会長頑張って下さい。
 ついでだから言うけれどお弁当など今度無駄使いせぬ方が良いと思うけれど。?どうしてもと言うなら二個位入っているお握りでも良いのでは。

W編物学院 S.H

※ ------------------------------

 会長さん始め皆々様には、毎度本当にご苦労さまです。
 いつも内容のある会報をお送り下さいまして−−−。又、ボランティアの方々には、より以上感謝申し上げます。
 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

青森県上北郡 E.C

※ ------------------------------

 野山もすっかり秋めいて四季の彩を楽しんでいますが、会員の名様には歓迎出来ない時期への入り口ということになるのでしょうか。先日は機関誌第七六号贈恵、まことに有り難うございました。過分なに評価を頂きまして恥ずかしく思います。会長様益々のご健勝をお祈りしております。

郡山市 O病院 H.K

※ ------------------------------

 いつも会報誌をお送り頂き有り難うございます。
 実は弟のKは昨年8月10日に死亡していますのに連絡が遅くなり申し訳ありませんでした。 今後はお送り下さいませんように、お願い致します。

鳥取県倉吉市 Y.K(姉)

※ ------------------------------

村上様 先日はお電話をいただきまして、ありがとうございました。お電話でお話しましたように、白鳥会に入会させていただき、同病の方の悩み、生活体験等、心の支えになるものが多く得られるものと心強く思っております。今後共、ご指導下さいますようお願いいたします。

郡山市 E.Y

※ ------------------------------

 前略お許しを
 テレビ見ました。あのような大変な明け暮れを過ごしておられる会長。なのによくもよくも、活動をこなせるものと、つくづく感動してしまいました。
 テレビ局にお礼のハガキ出しました。今後も時折放映して欲しいもの。声を大にするのは私達の役目なんですよね。昨年のように街頭に立ち一人でも多くの方に理解して欲しいものと、つくづく感じた今朝でした。くれぐれも御自愛を。

W編物技芸学院 S.H

※ ------------------------------

 先日テレビの画面を通して病気の大変さ、つらさの中自分以外の同じ病をもった人々のためにもと訴えていらっしゃる村上さんの心に感動しました。
 自分もきっと少なからず村上さんの役に何か出来ると思いました。そしてすぐにでも電話をとIさんに連絡をして頂きました。
 人間生きている間になにが出来るか自分自身のためにも、そして人々のために、それぞれの人がそれぞれの人が、それぞれの立場の中で出来ることが精いっぱい。“何かに向かってやりとげる”ことで生きている!という、ありがたさと幸せな気持ちがわいてくる、そんな気がします。
 村上さんの大変さ、つらさは私自身、同じ立場ではないので同じ気持ちで話すことが出来ませんけれど人が人を動かすこの「力」は、とても大きな村上さんの素晴らしい「力」なのです。どうぞ、その「力」をたくさんの出会った人々に与えてあげて下さい。
 そして、その素晴らしい暖かい「心」をひとりでも多くの方々に与えてあげて下さい。
 人はひとりでは生きていけないですものね。沢山の人達に助けられ支えられて生きているんですものね。
 きっと沢山の方々からの問い合わせがあったことでしょう。それだけ村上さんの「心」が人々の「心」を動かしたのです。
 どうぞ沢山自信をもって、これからも生きていって下さい。
 私も頑張ります。会報届くのをお待ちしております。
 朝晩まだまだ寒いです。風邪などひきませんように、どうぞ気をつけて下さいね。そして一日も早く全国の病の方々がみとめられることを願いながら行動に移して参りますね。
 どうぞどうぞ力強く生きられて下さい。
 そして、いつか村上さんに必ずお会いできることを楽しみにしております。
 今日はこの辺でおやすみなさい。

  平成七年三月四日深夜二時三十分    かしこ

U.A

追伸
お地蔵さまと観音さまのすみ絵がとてもすきなので一緒に同封させていただきますね。詩もいっしょに書きました。

※ ------------------------------

 何時もお世話さまでございます。今朝三月十六日朝のニュースで仙台市の白鳥会員に電気代の補助として月二千円づつの補助が決まりましたそうで、よろしゅうございましたね。
 病気も重症の気管支喘息でオープン病院の喘息外来の最古参に属する者ですが、未だ酸素は使っておりません。そんな訳でせっかく身障者の災害時における対応のアンケート調査をお送り頂きましたが、お役に立ちませんで、すみません。これからもどうぞよろしくお願い致します。

E.H

※ ------------------------------

 一筆啓上
 関西大震災のお見舞いちついての賛同要請の申し越し拝読いたしました。明日はわが身かも知れません。誠に心ばかりの善意ですが同封させて頂きます。
 どうか、多数の同志同胞が支援しております。頑張って下さい。(同封金額   二千円)        敬 具

H.K

※ ------------------------------

 いつも白鳥をお送り下さいましてありがとうございます。
 酸素を吸いながらの御活躍御苦労さまでございます。
 年会費と別に二千円は余りにも少なくて恥ずかしいものですが関西大震災のお見舞いに当てて下さい。ではお体をお大切に失礼します。(同封金額   二千円)

K.S

※ ------------------------------

お暑い折、会長様にはいかがお過ごしですか。
 体調はよろしいですか。先日は私達低肺者のため遠い長崎までおいで下され、大変ご苦労様でした。本当に感謝して居ます。有り難うございました。幸い二度テレビで拝見致しました。非常に参考になりました。又、総会にも出席できず誠に申し訳ありませんでした。私も寝て居る程でもありませんが、長時間の外出は自信がなく欠席を致しました。日頃大変な御世話になり何かお役に立ちたいとは思いながら右の様な訳で失礼致して居ります。
 誠に申し訳なく残念です。
 低肺ホームの件は着々と進んで居られる様ですが中々大変な事と思います。微力ながら一層の協力致す心算でございます。
 何とぞ会長様には無理をせずご活躍をお願い申し上げます。お大事に。

 七月二十五日   Y.Z

※ ------------------------------

 おかわりございませんか。仙台の涼しい夏を懐かしみながら酷暑に耐えています。
 春、友人の学校の資料の整理に通った後、突然、髄膜炎になり、長いこと回復に手間取り、やっと元の元気が戻ったかなといったところです。頭痛と高熱で残り少なかった脳細胞がまた減ってしまいました。
 「白鳥」をお送り下さって、有り難うございました。快くなってきても、仲々気力が戻らなくて、申し訳ないと思いつつ日を重ねていました。
 「Oさん」の新盆もすぐですね。お身をくれぐれもお大事になさって下さい。

※ ------------------------------

 拝啓いよいよ桜の花の満開となりました。一年中で一番良い季節ですが、半面油断の出来ない時です。小生日記帳を見ると三月と玄ふ月は、何時も「O病院」だったのです。注意します。
 村上会長さんには益々ご健勝のこと陰長らお喜び申し上げます。先般は又「白鳥会報」ご送付頂き有り難うございました。
 ところで一寸とお聞き致しますが、去年会に入会されて居た方、何人位居たのでしょうか。「Iさん」から申し受けた名簿は福島県のもので、郡山市内の方は十二名、あとは福島県内の方々ですが、会長さんの方に記入された名簿があったら、お知らせ願いたいのですが。
 それから会長さん直接「白鳥」を送って下さって居る方何名位居るのでしょうか。助成金の手続き方々教えて下さいと、夜電話下さった「郡山市のDさん」といいましたか女の方、それと「O町のKさん」も会長さんから送って頂いたとの事でした。「O病院の医科相談員のHさん」も「HTさん」当時から一生懸命手伝ってくれて居ります。私も右(ヒザ)に水がたまって歩行困難して居りますので、気はもんで居りますが勉強します。
取り急ぎ悪筆乱文にて宜しくお願い致します。

 四月十八日  A.A

※ ------------------------------

 拝啓厳しい暑さが続き、今度は雨と健康な方でも苦しい日々を送っています。共の中で村上先生には、全国的と言っても低肺者の為に行動されて居ります事を、陰ながら感謝申し上げます。
 さて小生孫今月誕生で満八十一歳となり、また今月か車検免許更新となりました。子供たちや兄弟も日増しに車も増えて居る今まで無事故無違反で参りましたが、皆心配してくれるので廃車する事に決定しました。
 白鳥会も昨年暮からは保健所からの集まりになって、又入院者が多く会の運動も一切ありません。折角「白鳥」を送って頂いても配本に困りますので、申し訳ございませんが「白鳥」の送本を止めて頂き度々お願い申し上げます。役所も変わり人も変わって「HTさん」当時の様な集まりはありません。又あっても集まる人が少なくなって居ります。
 右の様な事情ですので宜しくお願い申し上げます。
 色々お世話さまになりました先生お身体に注意され大いに頑張って下さい。

 平成九年七月  A.A

※ ------------------------------

 盛夏の項、毎日、30度を越す暑さが続いています。会長さんも身体の調子は如何ですか。毎日、会のため忙しく活動されてお出でのことと存じます。
 おかげ様で私も、今のところは元気で頑張っています。血圧が高いので、高圧剤をもらって服用していますので、2週間ごとに病院に行っていますが、落付いていますので他事ながら、ご休心ください。
 郡部に居ますので、お手伝いもできず、申し訳なく思っています。
 アンケート遅れましたが、同封いたしましたので、よろしくお願いいたします。
 暑さきびしき折り柄、ご自愛の上、なお、一層、お元気で、ご活躍をお祈りいたします。

 平成9年8月3日  白石市、K.Y

※ ------------------------------

 暑くなりましたね。私、去年から入院ばかりいたしてます。御無沙汰致しました。いつも先頭に立ち御活躍、感謝申し上げております。介護センターに八ヵ月おりまして、どうやら帰宅できると思って帰ってまいりましたら、上げ膳据膳でリハビリする生活とは違い、ヘルパーさんの手伝いを受けるとは云々。
 自分で自分の食事を作るという事は実に大変なことと、まごまごしてくらしております。「脳こうそく」なんて考えてもみませんでしたので、生きる望みもなく、何せ毎日戦う生活です。生きる力が年と共におとろえておりますので、60代と80代では、丸きり違いますのでがっかりしております。
 介護センターで、片肺で四十年生きたらいつ死んでもいいじゃないかっていわれましたけど私は、子供二人がまるで、きまっていないので大人とは元々責任がありますので困っております。人生そんなにいい事ばかりありませんでせっかく寿命まで頑張らなくちゃと思っております。
 まあ、みんなで助け合って生きられればこの上ない事と思っております。それは、健常者で手伝って戴けなければ出来ないことですから、ご活躍ありがとうございます。

 八月 二日  K.M

※ ------------------------------

 前略、白鳥会の皆様お暑さの折りいかがお過ごしでしょうか、お見舞い申し上げます。
 低肺ホーム建設のため、日夜を分たずご努力に本当に頭の下がる思いです。私もお世話になって早五年になります、「白鳥」を載く度本当に心強く感じて居ります。厚く御礼申し上げます。
 低肺ホームの実現を一日千秋の思いで待って居られる方も沢山あると存じます。
 私も現在家庭で静かに療養致して居りますが、これ以上苦しくなれば入所を希望いたします。現在時間の外出は無理ですので伊豆沼行は、参加申し上げられません。宜しくお願いを致します。
スタッフの皆様のご健康をお祈り致します。

八月四日   Y.K

※ ------------------------------

 7月28日午後二時頃青葉通りの交差点で止た処当方の事、ハンドブレーキ引く前の33ナンバーの車のバンパーにつんと打ってしまった。見た目にはキズもないと思ってほっとしたら、対手がいきなり立ちまして青葉交番届けに行ったら、3人居たおまわりの一人が「そんなサンサーて居人間が車を使うのが悪い」との言草で、私は車でもなければ病院に通院も出来ない身、もう死ねと言う事かとがっかりして来た所です。
 おまわりなども健常者だけの車社会としか考えられないのだろうね。

             仙台市、S.G

※ ------------------------------

謹啓
 新春を迎えたとは言い、東北の本格的寒さはこれからと言うこの頃、皆様にはお変わりなくお健やかにお過ごしの御事と拝察申し上げす。
 さて、私事昨年十月老 の健康管理目的のドック入りと気軽に入院いたしましたところ、諸検査の過程で腎臓に早期の腫瘍が見つかり、その治療と手術などで入院が意外に長引き、皆様にご心配をおかけ致しました上、多大のお見舞いのご芳志を戴き本当に有り難うございました。おかげ様で昨年末に退院し、自宅で家族共々新年を迎えることができました。現在のところ、後遺症的症状もなく、医薬の処方もないようですので、できるだけ早く通常の生活に復するよう訓練に努めておりますので、他事ながら御放念下さい。
 改めて、諸事賜りました御厚情に心から感謝と御礼を申し上げます。最後になりましたが皆様の益々のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ、取り敢えず快気のご報告と御礼のご挨拶といたします。
                       敬具

 平成七年一月吉日   仙台市、S.Z

line.gif (1274 バイト)

8.gif (795 バイト)  home.gif (1553 バイト)  8.gif (795 バイト)  top.gif (1618 バイト)  8.gif (795 バイト)