会報『白鳥』(189号抜粋

8.gif (795 バイト)    8.gif (795 バイト)

Line.gif (484 バイト)

巻頭言…日常生活における呼吸器リハビリとは… 東北白鳥会 会長 澁谷章

COPD(慢性閉塞性肺疾患)シリーズ 【その1】

間質性肺炎について… 東北大学 加齢医学研究所 呼吸器腫瘍研究分野 教授 貫和敏博

肺の健康やCOPDについて、わかりやすい用語解説

仙台市身体障害者協会長から感謝状贈られる(2007.8.29)

第11回チャリティーコンサートが開催されました(2007.10.6)

写真集はこちらです

◇【寄稿】:『在宅酸素療法に要する酸素濃縮器の電気代の公的助成調査について

…山形県保険医協会 石沢和子

健康になるコツ…「健康を守る七ヶ条」でガン予防できる

川柳句集

話のタネ…江戸時代の珍借金術…

Line.gif (484 バイト)  <<TOP>>

巻頭言…日常生活における呼吸器リハビリとは

最近いろんなところで、呼吸器リハビリの話題が、多く聞かれるようになりました。

仙台市はこのこと事に関しては、先駆的な働きをしており、全国的にも大きな役割を演じております。もちろん、東北大学が、組織的に大きな支援を行ってきており、この支援抜きには考えられないが、しかし、ほかの地域では必ずしも十分な活動を展開できているとは考えにくい。

つまり、地域の自冶体が、どれだけこのことについて力を注いでいるかということの違いと思われる。当団体でも、再三にわたり、いろいろな自冶体にリハビリ教室の開催を呼びかけてきているが、なかなか応じてくれるところが少ない現状である。

このことは、各自冶体の中では、まだまだ呼吸器リハビリの必要性について、十分な理解が得られていないということに他ならない。

国の段階では、医療保険や、介護保険の適用について、呼吸リハビリの訓練が、その対象になり、利用の体制は整ってはきたものの反応が鈍いという現状である。

もちろん、呼吸器リハビリが、まだまだ医療の領域から、脱し切れていないという現状から見れば、まだまだということも理解できないわけではないが、我々会員はその相当数が、医療の手を離れ、自宅での日常生活をしているところから、これらの生活において、常時、訓練を行えるようになることが、大事なことであり、必要なことと思われます。
そのことから、地域においてこのようなリハビリ訓練の開催は、障害者にとっては極めて大きなウェートを占め、今後の生活にとって貴重な財産ともなりうるものと考えている。

これからのこの訓練が、多くの地域で、多くの人たちに機会が与えられることを念じつつ、今後の会活動に努力し、更に全国の多くの同志たちに強くアピールしていきたいものと思っております。

東北白鳥会 会長 澁谷章

Line.gif (484 バイト)  <<TOP>>

COPD(慢性閉塞性肺疾患)シリーズ 【その1】

◎COPDとは…

CDPOとは、息をするときに空気の通り道となる「気道」障害が起こって、ゆっくりと呼吸器能が低下する病気です。以前は「肺気腫」、「慢性気管支炎」とされていた病気を、まとめてCOPDと呼ぶようになりました。

ありふれた症状で始まり、ゆっくりと進行するため、異常を感じて受診したときには重症に陥っている場合が多い「肺の生活習慣病」です。重症になると息苦しさのために行動の自由が奪われたり、全身に障害があらわれるなど、大変な苦しみ伴う病気です。

COPDという病気で苦しまないために、また、少しでも早く気付いて病気を進行させないための適切な治療を受けるために、まずはこの病気について、きちんと知ってください。

◎COPDの定義と症状 …主な症状は咳・痰・息切れです…

◆COPDの定義

COPDとはChronic(慢性)Obstructive(閉塞性)Pulmonary(肺)Disease(疾患)の略で、肺への空気の出し入れが慢性的に悪くなり、ゆっくりと悪化していく病気です。これまで「慢性気管支炎」「肺気腫」と言われてきたものが含まれます。

◆COPDの症状

風邪でもないのにセキやタンが毎日のように続いたり、階段の上り下りなど体を動かしたときに息切れを感じます。セキやタンがないのに同年代の人と同じペースで歩くのがつらくなって、息切れに気付く人もいます。

ありふれた症状であるため、年齢のせいとして見過ごしてしまいがちですが、セキ・タン・息切れは呼吸器の病気の特徴的な症状です。健康であれば、セキ・タンが毎日続いたり、歩いただけで息切れをすることはありません。これらの症状を軽く考えず、早めに医師の診察を受けることが大切です。

◎かかりやすい人

◆喫煙の習慣が主な要因です

CDPOは別名タバコ病と言われるように、へビースモーカーに多い病気で、患者の90%以上は喫煙者です。一日に何箱のタバコを、何年間吸い続けたかをかけあわせた「パック・イヤー」は喫煙暦の指標とされ、この数が多いほど早くCDPOを発症します。

◆受動喫煙(間接喫煙)も危険です

喫煙者の周囲にいる人は、タバコを吸っているのと同じかそれ以上に、有害物質を吸い込むことになり、受動喫煙によって非喫煙者にもさまざまな健康障害が起こることが明らかになっています。特に家族がへビースモーカーの場合、タバコの煙で汚染された職場で長年仕事をしている場合、非喫煙であってもCOPDなどの呼吸器疾患にかかりやすく、呼吸器機能が確実に低下することがわかっています。

◆タバコ以外が原因となることもあります。

喫煙以外にも、大気汚染や職業的な塵埃や化学物質も刺激になります。また、生まれつき気道が過敏な体質や、生まれた時の肺の成熟度との関連など注目されています。特に、鉱山や建築現場、化学工場、牧場、ペットショップなどで働いている人は注意が必要です。

◎COPD発症のしくみ

◆慢性的な肺の炎症により、気管が詰り肺胞が壊れてしまいます

タバコなどの有害な粒子やガスを吸い込み続けると、肺にいつも炎症が起こった状態が続きます。慢性的なセキやタンは、この段階からみられる症状です。

炎症が長く続くと、タンが増えて空気のとおり道である気管支が細くなったり、ブドウの房の形をした肺胞の壁が壊れて弾力がなくなり、空気の出し入れがしにくくなります。こうして、肺への空気の流れが慢性的に悪くなり、呼吸しにくくなって、運動時に息切れを感じるようになります。

治療せずに放置すると肺胞の破壊がますます進行し、呼吸困難を起こしたり全身にさまざまな障害があらわれます。COPDの発症には患者さんの体質(遺伝的因子)も関係します。

◎COPD発症後の経過

◆ゆっくりと肺機能の低下が進み全身に障害があらわれます

健康な人でも、年齢とともに肺機能は少しずつ低下しますが、COPDにかかると、肺機能の低下スピードが速くなります。はじめは軽い初期症状が本人も気付かないほどゆるやかに進行します。異常を自覚して受診するころには、すでに肺胞の破壊が進み、中等症から重症になっているケースがほとんどです。一度壊れた肺胞は、もとに戻ることはありません。適切な治療を受けずに放置すると、急性増悪を繰り返しながら肺機能の低下が進み、行動や生活が著しく制限されたり、心臓や消化器など全身に障害があらわれます。最後は呼吸不全や心

不全、重い肺炎を起こして死に至ります。COPDで苦しまないためには、かかる前の予防(禁煙など)が一番です。そのうえで定期的に肺機能検査を受けてできるだけ早期に発見し、正しい治療を受けて悪化を食い止めることが肝心です。

◎COPDの患者数

◆死亡者数が年々増加しています

WHO(世界保健機関)の統計では、COPDは世界の死亡原因の第四位にランクされ、今後数十年の間に、ますます患者数と死亡率が高まることが予測されています。米国では、COPDによる死亡率は年齢とともに高まり、四五歳を超える人々の死亡原因の第四位または第五位となっています。また、一九六五年から一九九八年の間に、他の疾患による死亡率は減少しているのに対し、COPDによる死亡率だけが著しく増加しています。

◆日本の推定患者数は約五三〇万人に上がります

日本においてもCOPD死亡数は年々増加しています。患者数は一九九八年の厚生省の統計では、二二万とされていますが、二〇〇一年に発表された大規模疫学調査研究の結果では、日本には約五三〇万人の患者さんがいると推定されました。また、COPDの有病率は四〇歳以上の八・五%と、諸外国と同じく高いことがわかりました。これまで日本ではCOPDは少ないと考えられていましたが、実際には多くの患者さんがいるのにきちんと診断を受けていないという実態が浮き彫りにされました。

◆増加には喫煙率が関係します

COPDは喫煙と関係の深い病気です。米国では、タバコ消費量の増加に約一〇年遅れて肺がんによる死亡が増加し、それから約一〇年遅れてCOPD死が増加しています。日本でも、今、同じようなCOPD死の増加が起こっています。日本の喫煙率は男女とも世界平均的より高く、また高齢者が多くことから、ますます日本でCOPD患者数が増加すると考えられています。また、タバコ消費が欧米に比べて遅れて増加したアジアなどの発展途上国において、今後COPDが非常に大きな問題となることが予測され、懸念されています。

◎COPDとその他の呼吸器病

◆かぜや喘息とは違います

COPDにともなうセキ、タン、呼吸器困難といった症状は、他の呼吸器の病気でもみられますが、それぞれ病因も治療法もことなります。COPDとその他の呼吸器病の違いは次の通りですが、気になる症状があれば、自己判断せずに医師の診察を受けるようにしてください。

@気管支喘息

気管支が広い範囲にわたって急激に収縮を起こして細苦なる病気、発作時には呼吸、特に吐く息の流れが妨げられ、苦しくなります。COPDの場合は動くと息苦しくなりますが、喘息は就寝時などじっとしていても呼吸困難の発作を起こします。またCOPDは慢性的に呼吸機能が低下してもとに戻ることはありませんが、喘息の場合は発作が治まると呼吸機能が完全に正常に戻ります。

A急性気管支炎

気管や気管支に急性の炎症。その多くは、かぜやインフルエンザの合併症として起こります。主な症状は、急にひどいセキとタンが出ることです。タンはさらさらした水状のものから、徐々に粘性のある黄色や褐色の膿が混じったものになります。

B肺炎

病原微生物が肺の一番奥にある肺胞にまで入り込み、増殖し、肺の組織を侵す病気。熱、のどの痛み、鼻水などのかぜの症状に始まり、高熱、ひどいセキ、タン、血痰が続き、胸痛、息苦しさをともないます。抗生物質によって、細菌性の肺炎の多くは治療がしやすくなりましたが、抵抗力が未熟な幼児や抵抗力が衰えた老人、慢性呼吸器疾患、手術後などで免疫力が低下した人にとっては致命的な病気となることもあります。

C結核肺

結核菌による慢性の肺炎。生活水準の向上や治療法の進歩によって患者数は激減しましたが、高齢者や不摂生な生活をしている人、病気によって抵抗力・免疫力の抵下している人にとっては恐ろしい病気です。セキや寝汗、発熱をともなうのが特徴でひどくなると血痰がでます。

D肺がん

現在がん死の第一位。結核の減少に反比例するように肺ガンが増加の一途をたどっています。欧米ではタバコの害が問題視され、徹底的に禁煙運動が行われ減少傾向にあります。初期の症状としては血痰が出ることがあり、進行してくると体重が減少するのが特徴です。COPD患者さんも体重は減る傾向にありますが、肺がんでは年単位では徐々に痩せてくるところが相違点です。

◎COPDの検査と診断

◆COPDかもと心配な方・手遅れになる前に〜

四〇歳以上のヘビースモーカーの方、かぜでもないのにセキやタンが続く方、同世代の人と比べて息切れしやすいのが気になる方・・・・・。COPDにかかっている可能性があります。COPDで破壊された肺胞は、決してもとに戻ることことはありません。肺機能が著しく低下して不自由な生活になる前に、できるだけ早く正しい診断を受け、悪化を食い止めることが大切です。

◎早期診断の重要性

◆気付かないまま重症にる患者さんがほとんどです

日本には約五三〇万人の患者さんがいると推定されているにも かかわらず、治療を受けているCOPD患者さんは、わずか二一万人程度です。そして現在治療を受けているCOPD患者さんは、重症になってから治療を開始した方がほとんどです。

ほとんどの患者さんが、初期症状を老化のせい、タバコのせいなどと思い込んで放置したり、心臓や喘息などほかの病気と間違えて診断・治療を受けたりしていないうちに重症に陥ってしまいます。

COPDの患者さんの破壊された肺は、決してもとに戻ることはありません。しかし少しでも破壊の程度の少ない階段で診断を受け、悪化を食い止めて、呼吸器能や全身状態を保つ治療を受ければ、COPDは十分コントロールできる病気です。高血圧の方にとって、致命的な脳卒中や心臓発作を防ぐために血圧を下げる治療が大切なのと同様、COPDも明らかな自覚症状が出る前からきちんと治療を続け、呼吸困難による苦しみや生活の障害を回避することが重要です。
気になる症状のある方は、一日も早く診察を受けてください。

◎受診前の心得

◆まずはかかりつけ医に相談してみましょう

COPDかも、と心配な方は、まずはかかりつけの医師に相談してみてください。COPDは慢性的な疾患ですので、通院が続けられ相談しやすい医師にかかることが望ましいのです。少しでも疑わしい場合は、まず「スパイロ検査」と呼ばれる呼吸機能検査を受けることをおすすめします。COPDの診断の決め手となる検査で、スパイロメーターのある内科や呼吸器科ならすぐに受けられます。かかりつけ医で、検査のできる医療機関を紹介してもらいましょう。

◆相談する前に、次のことをきちんと伝えられるよう準備しておきましょう。

@セキ、タン、息切れなど呼吸器の症状が気になるので、呼吸機能検査(スパイロ検査)を受けたいという希望

Aセキ、タン、息切れなど呼吸器の症状について

・いつから始まりどのくらい続いているのか

・程度や頻度はどうか

・過去にも気になることがあったか・・・・など

B呼吸器に影響する生活習慣(喫煙など)や環境について

Cこれまでにかかった病気や受けた治療など

◎検査と診断

◆決め手はスパイロ検査という呼吸機能検査です

COPDの診断はスパイロメーターという器械を使った簡単な呼吸機能検査によって行います。スパイロ検査は、肺活量と、息を吐くときの空気の通りやすさを調べる検査です。

スパイロ検査で「努力肺活量(FVC:思い切り息を吸ってから強く吐き出したときの息の量)」と「一秒量(FEX1・0‥最初の一秒間で吐き出せる息の量)」を測定し、FEV1・0値をFVE値で割った「一秒率(FEV1・0%)」の値が七〇%未満の場合、COPDの可能性があります。

症状や喫煙の状況、生活環境、これまでかかった病気などを問診によってチェックし、必要に応じてほか検査を行ったうえで、COPDの診断が行われます。

※スパイロ検査とは

スパイロメーターという器械で呼吸機能を測定する検査です。最も再現性の高い気流制限の測定法で、COPDを正しく診断するために不可欠です。

※検査のしかた

鼻をつまんで装置につながった筒を口にくわえ、数回普通に呼吸をしてから吸い込めるだけ息を吸い込んで、こんどはできるだけ速く息をはききります。このとき、息が筒の外へ漏れたり、声を出したりしないように注意する必要があります。うまくデーターがとれるまで、何度か繰り返す場合もありますので、医師や看護師、検査技師の指示に従ってください。食事制限などの特別な準備はいりません。

◆COPDの重要度

COPDの治療は、患者の重要度に応じて行われるため、COPDの重要度を決めることは重要です。COPDの重要度は、スパイロ検査によってわかる%一秒量(%FEV1・0)に基づいて分類されます。

COPD 情報ネットより転載させて頂きました。

Line.gif (484 バイト)  <<TOP>>

間質性肺炎について

東北大学 加齢医学研究所 呼吸器腫瘍研究分野 教授 貫和敏博

こんにちは、私は、東北大学で呼吸器の診察や研究をしております、貫和と申します。今日は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)に次いで、在宅酸素療法に導入される患者さん多い疾患である間質性肺炎についてお話したいと思います。

●どんな病気なのか

間質性肺炎は、肺炎ではありますが、いわゆる一般でいう「肺炎」とは炎症の起きている場所が異なります。

私たちが息を吸い込んだ時に吸い込まれた空気は、気管支の末端の肺胞と呼ばれるとても小さな袋にいります。

この肺胞を形作っているまわりの壁を間質といいます。その壁は通常とても薄いのですが、その中にはたくさんの毛細血管があり、酸素を取り込んで心臓へ運びます。

その間質という壁に炎症が起きている状態を間質性肺炎というのです。一般的にいう「肺炎」は、肺胞の内側の空気と接する部分が細菌やウィルスに感染することが原因で炎症を起こし、滲出液などで呼吸が苦しくなります。しかし間質性肺炎では自身の細胞がいろいろな原因で炎症に巻き込まれて起きるのです。

間質性肺炎が進むと、間質を構成するコラーゲンが増加するなどのため、この間質が硬くなり(繊維化)肺活量が少なくなり、また、酸素を効率よく取り込めなくなってきます。

●原因はなんなの

間質性肺炎の原因は様々ですが、原因が分からない場合が多くあります。

原因が明らかなものは、「膠原病」とくに「リウマチ」によく見られたり、環境や職業で起きることもあります。現在問題となっているアスペスト吸引のような粉塵でも起こることもあります。薬の副作用としても起こることもあります。最近では、がんやリウマチの新薬でも起こることが話題になります。

それ以外に、原因がはっきりしないのに肺に線維化が起こることがあります。これを「特発性間質性肺炎」(原因不明の間質性肺炎)といいます。特発性間質性肺炎はさらに七つに分類されますが、そのなかでも多いのが「特発性肺線維症」です。

それぞれの病気は治療方針がことなりますので、どの病気であるかを診断することが重要です。X線撮影、血液検査や肺機能の検査だけでなく、胸部CT(コンピュータ断層撮影)や肺の細胞を調べる肺生検が行われる場合もあります。

●どのような症状が現れるのか

慢性的な特発性間質性肺炎では、痰を伴わない咳と息切れが代表的な症状です。体を動かしたり何かを話はじめようとした時などに咳き込み、進行すると伴に咳もひどくなりました。

また、初期には階段や坂道を歩く時に息切れを自慢しますが、病状がすすむと、平地歩行でも息切れは、間質が厚くなって、酸素がうまく取り込めなくなることによる酸素がうまく取り込めなくなることによる酸素不足が主な原因です。

●どのような治療をするのか

患者さんの病状が安定している場合と、不安定な場合で異なります。安定している場合には、その状態を維持して、症状を和らげる対症療法が中心となります。一方、病状が不安定な場合にはステロイド薬や免疫抑制剤などが使用されます。

病気が進行して酸素が不足する場合には在宅酸素療法を導入します。

間質性肺炎の患者さんの低酸素について我々が特に注意することがあります。それは、動いた時の酸素不足の程度が安静にしている時には予測も付かない程起こることがあるということです。そのために、パルスオキシメーターを付けて歩行検査をしてもらいます。

●注意する合併症と急性増悪

よく知られる合併症には「肺がん」や「気胸」「肺高血圧」があります。肺がんを合併する割合が高い理由として、がん化した細胞が炎症の刺激で早く増殖することが考えられます。「肺高血圧」の合併や悪化を防ぐためにも、在宅酸素療法を処方されている患者さんは、酸素処方をしっかり守って生活してもらいたいと思います。

さて急性増悪についてお話しましょう。風邪などをきっかけとして、安静にしているのに、酸素を吸っても苦しいという状態になることがあります。これを急性増悪と専門医は呼んでいます。「少し風邪をひいたかな」という感じで二〜三日経過した後、急に息が苦しくなります。病院で肺のX線写真を撮ると、線維性に加え、スリガラスのような部分が広がってみえます。もちろん肺炎もありえますので、抗生物質を使います。

二〜三日でますます肺の影は濃くなり広がっていきます。これを肺炎というより、肺が傷ついた状態(「急性肺損傷」)なのです。この肺の傷を抑える方向に向かわない限り、命取りになります。

急性増悪の予防のためにも、禁煙はもちろん、規則正しい日常生活・定期的な診察・酸素処方の遵守に加えて、家族ぐるみで風邪やインフルエンザの感染予防を実施してもらいたいと思います。家の人が風邪をひいた時は、家の中でもマスクをするように私は患者さんにすすめています。外出のあとのうがいも効果的です。

●さいごに

今日は、間質性肺炎の病気や治療法の説明をいたしました。

全国の呼吸器科の先生方と伴に私も日夜この間質性肺炎というやっかいな病気と闘っております。

また、私が所属する厚生労働省の「びまん性肺炎疾患に関する調査研究班」をはじめ世界中の研究者が間質性肺炎の有効な治療法を模索しています。期待のもてる薬品も見つかり始めています。

患者さんにおかれましては、是非希望を失わず、急性増悪を予防して、主治医と相談しながら有意義な生活を送りいただきたいと思います。

TEIJIN「HOT」より転載させて頂きました。

Line.gif (484 バイト)  <<TOP>>

◇肺の健康やCOPDについて、わかりやすい用語解説

◆息切れ

血液中の酸素不足や気道の狭窄、肺の伸縮が悪いなどで、息が苦しくなる症状。労作性の息切れとは、日常動作を行うと息が苦しくなる状態。

◆一秒量

息を深く吸い込んでから思い切り息を吐き出したとき、最初の一秒間で吐き出れる息の量、スパイロ検査で測定します。

◆一秒率

肺活量に占める一秒量の割合。健康な人だと七〇%以上で、特に若い人では八〇%以上になるはず。スパイロ検査で測定し、一秒率が七〇%以下の場合にはCOPDと診断する有力なる根拠となります。

◆喀痰検査

タンを調べる検査。タンは気管や気管支の粘膜から出る泌液に、細菌やホコリ、粘膜細胞などが混入したもので、呼吸器病の診断に役立ちます。

◆ガス交換

肺胞に送り込まれた空気中の酸素を血液中のヘモグロビンに与え、代わりに血液中から二酸化炭素を受け取る働きのこと。

◆気道

鼻腔からから気管支まで、空気の通り道となる器官の総称。気道は大きく二つに分けられ、鼻腔から喉頭までを「上気道」、気管から気管支までを「下気道」といいます。

◆気流閉塞

気管支が狭くなるなど、なんらかの原因で肺への空気の流れが制約され、空気の出入りがうまくいかなくなること。

◆呼吸不全

呼吸器系のどこかに異常が生じて、ガス交換の役目が果たせなくなった状態。血液中に含まれる酸素、二酸化炭素の量が異常になります。一般的な診断基準では、動脈血の酸素濃度(分圧)六〇Torr以下が呼吸不全。

◆残気量

肺活量の検査で限界まで息を吐き出しても肺にまだ残っている空気のこと。この残量を測定するのが残気量検査で、肺活量を加えた量を「全肺気量」といいます。

◆スパイロメーター

肺に出入りする息の量を測定する検査機器。努力肺活量やCOPDの診断の決め手となる一秒率など測定します。

◆喘鳴(ぜんめい)

呼吸のたびに「ヒューヒュー、ゼーゼー」という音がする状態。喘息の発作などで、狭くなった気管支を空気が通るために起こります。

◆動脈血ガス測定

血液中に酸素がどれだけ取り込まれているのかを測定することで、肺のガス交換機能を調べる検査。簡易法では、パルスオキシメーターという小さな測定器具で指先を挟むだけで、測定も一五秒ほどで終了します。

◆努力肺活量

息を最大限に吸い込んでから、これ以上吐き出せないという限界まで、息を吐き出した呼気の量。肺活量が小さい場合には、肺自体に原因がある場合と、呼吸筋力の低下など肺の外に原因がある場合があります。

◆肺炎

肺が、細菌やウイルスなどの病原微生物に感染し、肺胞腔内に炎症が起こる病気。通常の日常生活で感染して発症する肺炎を「市中肺炎」、主に体力の弱った人が医療機関で他の病気の治療中などに感染するものを「院内肺炎」といいます

◆慢性気管支炎

COPDの病態の一つ。気道の粘液の分泌が過剰になり、その結果、タンが多くなってセキが慢性的に続く。COPDのうち気道病変が強いものを以前は慢性気管支炎と呼んでいたが、最近はCOPDという広い疾患概念でとらえ、より早期から予防・治療すべきと考えられている。

◆肺胞

気管支の末端に連なる、「ガス交換」を行うための肺の器官。

◆肺気腫

COPDの病態の一つ。肺胞の壁が破壊され、肺胞と肺胞の境がなくなり、大きなのう胞ができる。肺に空気がたまってふくれ上がり、息苦しさを強く感じる。COPDのうち、肺胞の破壊が進んだものを以前は肺気腫と呼んでいたが、最近はCOPDという広い疾患概念でとらえ、より早期から予防・治療すべきと考えられている。

COPD 情報ネットより転載させて頂きました。

Line.gif (484 バイト)  <<TOP>>

◇祝:おめでとうございます…仙台市身体障害者協会長から感謝状贈られる

猛暑の夏が少し和らいで来た去る八月二十九日、平成十九年度仙台市身体者障害者福祉大会が、福祉プラザ「ふれあいホール」で開催されました。

昨年末「障害者自立支援法円滑施行特別対策」「高齢者、障害者移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)が施行された。しかし、現状は障害のある人が安心して利用できる環境には、まだまだ山積みする課題も多く、大沼会長は当協会は障害者団体の中心的組織として、強力なネットワークを活かし、これから諸問題に会員が一致団結し、福祉向上のため尽力する誓えをたて大会宣言としました。

式典では、多年にわたりボランティア活動として、障害者福祉の運営に多大な貢献をされた方々など五団体と二十五個人に感謝状が贈られました。

当東北白鳥会関係から四人の方に、大沼会長から感謝状が贈られましたのでご紹介いたします。

◎花柳雅好先生

毎年新年を迎えると「舞そめの会」をボランティアで開催され、先生はじめご一門のお弟子さん達が日頃の成果を披露して下さり、今年で十四回目の会でし た。入場料の全額を白鳥会にご寄付頂き、長年にわたるご支援に言葉には云い尽せぬ感謝の気持ちで一ぱいです。

◎佐藤ミエ先生と岩城美和先生

秋のチャリテーコンサートを開いて下さり、佐藤ミエ先生は長年指導していらした人脈を活かした実績で、プロとして音楽活動を  していらした方との出演依頼、またご自身もすばらしいソプラノで美しい声を聞かせ下さいました。

岩城美和先生は、プログラムの組み立てや舞台の設営その他雑用を一手に引き受けてコンサートを盛り立て、子育てしながら音楽教室で指導もし、その中でのボランティア活動には身体が幾つあっても足りない程のご協力に 頭の下がる思いです。(佐藤ミエ先生は、当日出席できませんでした。)

◎斎藤和子さん(東北白鳥会事務局)

当白鳥会発会時より、村上きみ子前会長の片腕として、社会的に理解されない境遇の会員一人一人に耳を傾けながら根気よく会を育て、少しは認識されるようになり政界・医学界からも関心をもたれ、ご支援頂けるようになりましたことは、他のボランティア活動をしているグループの代表としてその貢献度が評価されました。

皆様に心からの御礼とお祝いを申し上げます。


澁谷会長と一緒に


花柳雅好先生


岩城美和先生


斎藤和子さん

松尾貞子 記

Line.gif (484 バイト)  <<TOP>>

第11回チャリティーコンサートが開催されました(2007.10.6)

●チャリティーコンサートによせて

東北白鳥会 会長 渋谷章

今年は、異常な暑さに見舞われ、我々、障害を抱えるものたちにとって、この暑さは大変しのぎにくい毎日でした。

会員はじめ、多くの皆様方が、つらい思いでこの夏をお過ごしのことと思います。

今年も、チャリティーコンサートの時期がめぐってまいりました。今年で十一回を数えることとなりました。ヨチヨチ歩きの白鳥会活動に対して大きな支援をいただき、心より感謝申し上げます。

未だ満足な活動の展開がままならないときから、いちはやく支援の手を差し伸べていただき、白鳥会が、今日あるのものこの活動があってこそと考えております。

多くの会員たちが、自分の生活がままならない状態で、この支えは極めて大きな力を与えていただきました。

単発でのチャリティーも、大変うれしいのですが、このように連続して毎年のコンサートは大変貴重なもので、並大抵の努力で出来ることではありません。心より、敬意と感謝を申し上げたいと思います。

このことを汲み取っていただいた、我々の所属団体である仙台市身体障害者福祉協会が、このほど、この行為に敬意を表し去る八月二十九日に感謝状の贈呈が行われました。心より、お喜び申し上げます。

コンサート開催に当たり、謝意を表し、ご挨拶といたします。

写真集はこちらです

●チャリティーコンサートショー

賛助会員 厨川敏子

秋の穏やかな十月六日、友人を誘って白鳥会のチャリティーコンサートショーに初めて出席した。

仙台市議会員の佐藤わか子先生の司会よって、最初に各方面から励ましの祝電が披露され、待ちに待った開演となった。

お二人による詩歌の朗読は、しっかりした声で歯切れよく、初めて聞く印象だった。ステージ服も優雅でこれから展開されてゆくであろう数々の演目を思うと、何だか童心に帰りわくわくした気持ちで待機。

次は、明るい燕地色とくすんだ萌黄色のドレスの若い二人のアルト、ソプラノの二重唱、しばらくは爽やかな歌声だった。
続いて登場は目に鮮やかなコバルト色のドレスの方はフルートを、落ち着いた色のドレスの若い方は大きな楽器チェロを操っての合奏である。外界にはない安らかな心で聴いていた。

赤い上着に下衣は黒で統一した合唱団が登壇し、力強くあるときは美しいハーモニーが流れる。黒っぽいドレスのただ一人の方のソプラノがほんの一瞬ひびきわたる。若林地区からの方達で、もう三十年ほどにもなるそうで、ここの奉仕ばかりでなく他のところでも奉仕活動しているらしく聞く。

 ここで休憩にとなり新鮮な空気を吸ったり、思い出にリラックスする。

いよいよ二部開演・・・。あとでわかったが、本日の主催者本人の独唱からはじまる。劇の場面から「イタリア語で歌います。」と告げられて・・・オペラの一部分を聴いているよう、流暢なことばが早口で唱われている感じが耳に入り、うっとりする。

「演目も少なくなりました。・・・」の名司会者の案内。ピアノとマリンバが備えられ、マリンバ奏者は見るからに動き易いスタイルで現れ、早速演奏に入る。童謡の「いつか来た道」だ、演奏が進み行進曲には誰かが打ち始めたのを機に、みんな軽快になりリズムに手拍子をいたす。

これが終わり最後は小学唱歌の「紅葉」を演出者も私らも共にの大合唱で終演となる。

楽しく過ごした二時間だった。このような音楽によるチャリティーショーを始めて十年になるとのこと。その先駆者に続きバトンタッチして、今度は若い方が「これから十年頑張ります。」とのご挨拶に、参集の皆さんも思わず賛同の拍手。後記になってしまったが、ピアノ伴奏者もその都度替われて居りました。

出演の皆様、音楽ありがとうございました。これからもお元気でお続けなさって下さい。白鳥会会長さんはじめ事務局の皆様ご苦労さまです。これからも援護のほどよろしくお願いいたします。

そして白鳥会の会員さん方の現状が、少しでも改善なさいますよう、お元気でお暮らしなさいますよう祈って居ります。

●チャリティーコンサートに出演して

クールアミ  芹沢 節子

東北白鳥会から合唱の出演依頼が来まして、戸田先生・告原先生の快いご理解のもとで参加する事となりました。日頃練習を積んだ歌を皆様の前で歌う事となり、嬉しさと心配が入りまじりましたが、客席の皆様が熱心に聞いている様子を見て、本当にチャリティーに参加させて頂き良かったと思いました。以前から東北白鳥会の地道な活動に感銘を受けていましたので、少しでもお役に立ちたい気持ちで一杯でした。

チャリティーコンサートを支えて下さった諸先生方及びスタッフの方々のお力で、毎回より良い内容でコンサートを開催され、皆様方の暖かいご支援と低肺で苦しんでいる人達を、少しでも良い環境のもとで日常生活が過ごせますように節に願っています。

合唱団一同より厚く御礼申し上げます。

(芹沢さんは以前、当白鳥会のボランティア活動にも参加され、お手伝い下さった事もありご縁を感じました。ありがとうございました。)

●チャリティーコンサートを鑑賞して

ボランティア 松尾貞子

晴天に恵まれ観客の出足も早く、開演時にはもう八割程の席が埋まり、関係者は大喜びでした。

これまで司会をして頂いた、遊佐みゆき先生がご都合が悪く、突然の代役にもかかわらず、市会議員の佐藤わか子先生が御引き受け下さり、明るい声で会場を盛り立てて下さいました。

朗読のお二人は、重厚さが加わり今までにもまして、しっとりと聞きました。玉懸先生、長久保先生は朗読の会でボランティア活動を続け、観客の心をつかみご自分の世界へ引き寄せてしまわれます。

渡辺先生と土井先生のハーモニーになじみの深い日本の歌曲がやさしくひびき、新しい感覚で聴きました。フルート・チェロ・ピアノの為のトリオはそれぞれの楽器がかもし出す音色がみごとにマッチして楽しみました。

女性合唱団「クールアミ」の歌声は、三十年の実績をもつだけあって宗教音楽の持つ特別な雰囲気に、指揮の戸田先生のお人柄がにじみ出て、静かな中に深みある歌声がジーンと心の底まで響きました。

第二部、白鳥会の歌も皆さん覚えて下さって一緒に口ずさんで頂きましたし、ますます円熟味を増した岩城美和先生のソプラノの歌声は、先生ご自身が身体中で楽しんで歌っていらっしゃるように聴きました。また、最近特に人気の高まったマリンバ演奏に観客は満足なさったご様子で、ラストのラデッキー行進曲での手拍子もみごとにマッチして楽しんで下さり、また、来年の再会を約して帰られる姿が目につきました。

チャリティーを十年間ご出演下さいました佐藤ミエ先生が、御高齢で今回よりすべてを岩城美和先生に託されるというお話があり、岩城美和先生もお引き受け下さいました。今までにもましてお忙しくなりますのに感謝の言葉もありません。

ご入場下さいました大勢の観客の皆様、ご出演を心よく引き受けて下さったご支援、ご協力に心から御礼申し上げます。

ありがとうございました。

Line.gif (484 バイト)  <<TOP>>

◇【寄稿】:『在宅酸素療法に要する酸素濃縮器の電気代の公的助成調査について』

山形県保険医協会 石沢和子

この度、私、東北白鳥会山形県支部長の吉田様からご依頼を受けて、全国の酸素の電気代の状況を調べました。これは見出しにありますように、東北白鳥会様、全国もみじ会様の調査データーを帝人様に頂き、それに私共のデーターを追記したものでございます。

私は全国のデーターを詳しく調べたものでなく、聞ける範囲で調べたものです。私は行政関係者でもなく、この内容について照会がありましても返答することはできません。「この資料に関しての照会は各自冶体へ」お願いします。

「医療費助成の対象者は除く」「所得制限」「身体障害手帳者のみ対象」等制限があるところがある。(東北白鳥会、全国もみじ会、全国保険医団体連合会の資料等から抜粋)

◆秋田県

北秋田市

一ヶ月の推定電気料の二分の一。

(鷹巣町で実施していたが、平成十七年三月鷹巣町・合川町・森吉町及び阿仁町が合併したところから「北秋田市」として市全域で実施。)

◆山形県

村山市

平成十六年四月実施(所得制限なし)。月額三、〇〇〇円

 

東根市

平成十五年四月実施(所得制限なし)。月額三、〇〇〇円

 

南陽市

平成十六年七月実施(所得制限なし)。使用量に応じて制限あり。

◆宮城県

仙台市

月額三、〇〇〇円

◆福島県

郡山市

月額二、〇〇〇円

◆東京都

東村山市

一日に十二時間以上行っている者に月額二、〇〇〇円

◆長野県

長野市

年額一五、〇〇〇円(助成事業ではなく、福祉手当として支給)

◆山口県

小野田町

平成十六年度から月額一、〇〇〇円

◆福岡県

大野城市

平成十三年度から十二時間未満月額一、〇〇〇円、十二時間以上は二、〇〇円

 

志免町

平成十一年度から十二時間未満は月額一、〇〇〇円、十二時間以上は二、〇〇〇円

◆鹿児島県

鹿児島市

月額二、〇〇〇円

 

 

(以上は北秋田市を除いて平成十七年一月十八日現在)

◇北海道

平成十年八月から助成、十二時間未満は月額一、〇〇〇円。十二時間以上は二、〇〇〇円。

◇宮城県

県として平成九年から実施。市町村の補助事業として申請があった市町村に二分の一を助成(三級まで、所得制限なし)。 三十六自冶体の内三十五自冶体で実施。助成額は時間と使用量をクロスして算出。

◇岩手県

県として平成十六年八月から実施。市町村の補助事業として申請があった市町村に二分の一を助成(三級まで、所得制限なし)。三十五自冶体の内三十二自冶体で助成。 使用量に応じて月八〇〇円か一、九〇〇円の二分の一。

(酸素濃縮器電気料の公的助成状況を調査された石沢様から寄稿して頂きましたので掲載いたしました。ありがとうございました。:事務局)

Line.gif (484 バイト)  <<TOP>>

健康になるコツ…「健康を守る七ヶ条」でガン予防できる

ガンを防ぐには細胞に抵抗する身体をつくることが大切です。

@タバコを吸わない。

A酒を飲み過ぎない。

B規則的に7〜8時間の睡眠をとる。

C適当な体重を保つ。

D規則的に運動する。

E間食をしない。

この「健康を守る七ヶ条」について、アメリカのカリフォル二ア大学公衆衛生学教室で約八〇〇〇人を対象に九年間追跡調査をした結果、あまりよく守っていない人は、よく守っている人の二・五倍もガンで死亡しているのです。発ガン物質と関係があるには第一条のタバコだけで、他はごくありふれた日常生活上の注意です。

しかし、「健康を守る七ヶ条」を守っていれば、ガンで死亡する率は低いのです。生活全体をより健康的に保つことが、本当のガン予防といえるのです。

Line.gif (484 バイト)  <<TOP>>

川柳句集: 光郎 作

太陽に大地ゆっくりあくびする

種を蒔く幸せ花の芽を信じ

子を許し夫を許して妻は老い

ときめきの記憶と出会う喫茶店

新聞と一人暮らしの日が流れ

いい夢を見ているらしい猫のひげ

涙腺のうれし涙の栓を抜く

言い過ぎて心の中に風が吹く

無器用の汗が器用を何時か越え

狂わない時計に飽きる午後の部屋

健康法誰かれに説き先に逝き

Line.gif (484 バイト)  <<TOP>>

話のタネ…江戸時代の珍借金術…

借金の返済方法にもいろいろあるが、江戸時代には「死一倍」という変ったシステムがあった。

『若き親知らで金貸す死一倍』…という川柳が元禄時代のものにある。

「死一倍」は俗ないい方であって、数字的に正確にいう「二倍」のことである。

 落語にも座敷牢に入れられたり、出入りの鳶の頭のところに預けられたりする金持ちの道楽息子の話がよく出てくる。当人は甲斐性はないくせに金遣いは荒い、親が金持ちだがけち。こういう親子に目をつけて、悪賢い高利貸が考え出したのが「死一倍」で親が生きている限り元金も利息も一切返納しないでよろしい。その代わり、親が死んで膨大な遺産を相続したら、その時には貸した金の二倍の金額を耳をそろえて返してもらう、という契約なのである。

 江戸時代の日本人の平均寿命は明らかでないが、俗に「人生五〇年」という、その五〇年にも満たなかったことは確かであろう。日本で最初の生命表が発表されたのは明治二十四年から三十一年までの統計だが、それによると、男の平均寿命が四二・八歳である。江戸時代がこれより高かったとはまず考えられない。

徳川幕府、歴代の将軍の死亡年齢を調べてみると平均四九・六歳と高いが、これは当時の最高医薬による治療や高い栄養生活の結果保たれたもので、庶民の平均寿命はもっと低かったに相違ない。

とすると、道楽息子の年齢を二十四歳、五歳とみれば父親はまず五十歳前後、あと何年も生きてはいまい。五年後に死んだとして、五年で元金が倍になるのは年利一五パーセントの複利計算で、これはなかなか有利な金貸しである。万一、貸した翌年にポックリ死んだりしようものなら濡れ手で粟のぼろ儲けだ。

そこで、高利貸たちは道楽息子をさがしたは「死一倍」方式で金を融通したのだが、中には失敗もある。

息子の年齢が二十八歳と聞いたら、父親は五十歳にはなっているだろうと思って金を貸したところ、調べてみたら、父親も若いころは道楽者で、十六歳で親戚の娘をはらまして生まれたのがこの息子、したがって、父親の年齢はまだ四十五歳。しかし風邪一つひかない丈夫なタチとかで、うっかりしたら、これから二〇年や三〇年は長生きするかも知れぬという。これでは貸した金は死に金同然だと高利貸が嘆く、という状態を詠んだのが前記の川柳である。

                                                                                                                                           
Line.gif (484 バイト)  <<TOP>>

8.gif (795 バイト)    8.gif (795 バイト)    8.gif (795 バイト)