大人の吃音症を治すには?

こちらでは大人の吃音症を治すにはどうすればいいか解説しています。

大人の吃音症はつらい?

吃音症と言うと小さい子供や学生の方をイメージしがちですが、大人でも悩まれている方は大勢います。

社会人になってからは仕事もしなければいけませんので、吃音が出る方は、なにかと不利に働くことが多いのも事実です。

会社で電話を取る時についこの症状が出てしまい、肝心な内容を伝えなかったり、話しの内容が分からなければ上司に怒られるでしょう。

お客様の前でどもりが出てしまい、商談が成立しない可能性もあります。

また、この症状があるおかげで、なかなか就職できない人もいるでしょう。

そこで、このサイトでは、大人の吃音症を治すにはどうすればいいか解説します。

仕事していて吃音が出る方や現在、就職活動をされている方など、この症状で悩む大人の方はぜひ参考にしてみてください。

吃音症の原因をよく理解しよう!

どうして、こんな症状がでてしまうのか?

なぜ、私だけこんな喋り方をしてしまうのか?

これには色々と原因があります。

吃音症の原因で考えられるのが・・・

・トラウマ

・吃音への不安

・ストレス

など。

これらが関係しているといいます。

子供の頃に症状がでてバカにされたりすると喋るのが怖くなることもあります。

吃音がでないようにとトラウマになる人がいるんですね。

また、吃音への不安ですが、これもトラウマと同じと考えていいです。

そして、3つ目のストレス。

実は、大人の場合は、ストレスが大きく関係しています。

例えば、職場で残業など嫌な仕事が増えるのもストレスですし、仕事をしていることがストレスと感じる人もいるでしょう。

なので、大人の吃音症を治す場合は、どれだけストレスを減らすことができるのか?

それと、不安やトラウマを取り除くことができるのかがポイントになります。

ストレス対策について!

先ず、ストレス対策についてですが、仕事がつらいような場合は、早めに寝ることです。

睡眠時間を確保するして次の日の仕事に控えるようにしましょう。

できれば、7から8時間ぐらいの睡眠は欲しいところです。

ストレスに負けないカラダを作るためには良く寝ることを意識しましょう。

他にも、対策としては、笑ったり、泣くことでも心が安らぎストレスが解消されますし、自分の趣味を楽しむこともいいでしょう。

リラックスできるアロマなどのニオイを嗅ぐのもいいですし、リラクゼーションのCDを聞きながら寝るのもいいと思います。

吃音症を改善させるためにも自分に合う方法を試すようにしましょう。

ストレスが溜まり過ぎると、最悪、うつ病を発症させることもあるので気をつけてください。

不安を取り除くには?

大勢の人の前でスピーチをする場合、吃音症の人だけでなく誰でも不安になるものです。

では、大人の吃音症を治すためには、どのようにして不安を取り除けばいいのか?

これは、難しいようで実は簡単なことです。

何をすればいいかと言うと、あまり意識をしなければいいわけですね。。

別に上手に喋らなくてもいいや・・・

自分の吃音なんて他の人は気にしていない・・・

このように思ったらどうでしょうか?

友達と会話をするぐらいの気持ちで喋れば、吃音も改善されるはずです。

吃音症の人は、「どもりが出たらどうしよう?」「恥ずかしい・・・」

このように思う傾向が強いです。

なので、不安を取り除くには、自分の喋り方を考えないようにしてみてください。

呼吸を整えることが改善に繋がる?

吃音症を治すには、色々と方法や考え方があるのですが、苦手な相手と喋る時は、どうしても緊張してしまいますよね。

そんな時の対策としては、呼吸を整えることが効果的です。

何をやるかと言えば、深呼吸を行うのですが、胸式呼吸ではなく、腹式呼吸で行うのがコツになります。

腹式呼吸ですので、息を吸う時にお腹を膨らませて、吐くときにお腹を凹ませます。

ゆっくりと深呼吸を数回行ってみてください。

これをやると自律神経の乱れが改善されて、リラックス効果が生まれます。

ストレスが溜まっている人や喋るのが不安な人は、ぜひ試してみてください。

ちなみに複式呼吸での深呼吸は、集中したい時に行うのもいいですし、健康にも良いとされていますので取り入れるようにしましょう。

吃音症って治すことが難しいと思うかもしれませんが、あなたの考え方やトレーニングによっても改善していきますので、諦めないでください。

吃音症 治し方


Copyright(C) 2012 大人の吃音症を治すには? All Rights Reserved.