鎧塚古墳 タイトル

2012年1月15日作成

English Home Back Fukuoka Back Ruins


鎧塚古墳
鎧塚古墳は福岡県鞍手郡鞍手町大字新延にある剣神社周辺にある五基の古墳群です。 写真は剣神社。
古墳の由来は日本武尊(やまとたけるのみこと)が熊襲(くまそ)征伐から帰る途中にこの地に鎧を納めたという伝説からきています。 四号墳に竪穴系横口式石室があります。
一号墳
一番大きい墳墓(直径38m、高さ5m)。 頂上に祠があります。
古墳は古墳時代(3世紀後半〜7世紀半ば)に作られています。
二号墳
三号墳

English Home Back Fukuoka Back Ruins