(社)長野県建築設計事務所協会上小支部  まちづくり委員会活動報告

 

 

上田市内旧北国街道「塩尻地区調査」
塩尻地区に残る素晴らしい景観をご覧ください。

トップページへ戻る 

石垣

 

 小路・佇まい

 

表情

 

門・塀

水

 

 まちづくり委員会では、
14年度の上田市街地旧北国街道の調査に続き
15年度からの活動として秋和塩尻地区の
旧北国街道町並みの調査を行っております。

塩尻地区は江戸時代、
上田領と松代領との境にあたり、交通の要衝でした。
千曲川沿岸の集落であり、
昔は水害も多かったようですが、千曲川のもたらした
肥沃な大地で米・サツマイモなどが生産されるとともに、
全国的にも知られる養蚕も盛になり、
蚕種、真綿、紬などの産地となりました。
北国街道沿いの見事な石垣・今も残る蚕室造りの家屋
往時を偲ばせる構えの門や塀など
大切にしたい景観が点在する町並みです。


 © 2002-2011 長野県建築設計事務所協会上小支部 All rights reserved

塩尻地区紹介ポスター