HOME:BACK
北本いじめ裁判判決(舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、後藤隆大裁判官)

北本いじめ裁判判決(舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、後藤隆大裁判官)



埼玉・北本いじめ自殺裁判・東京地裁判決


埼玉県北本市立北本中学校いじめ自殺裁判の東京地方裁判所民事第31部判決(舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、後藤隆大裁判官)に対して批判が高まっている。同級生から「きもい」と悪口を言われ、下駄箱から靴を落とされ、「便器に顔をつけろ」と言われるなどの事実がありながら、「一方的、継続的ではなく、自殺の原因になるようないじめがあったとは認められない」として自殺生徒遺族の訴えを退けたためである。

北本いじめ自殺裁判は2005年10月に自殺した埼玉県北本市立中1年の中井佑美さん(当時12歳)の両親が「いじめの防止義務を怠った」などとして、市と国に計7600万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した訴訟である(平成19年(ワ)第2491号損害賠償請求事件)。成果主義の導入や不登校政策など文科省の施策がいじめ自殺や隠ぺいを助長したとして国の責任も追及した。文科省の施策をいじめ自殺裁判の訴えの対象にした初めてのケースである。

訴状によると、佑美さんは小学生の頃から、いじめ被害を受けていた。小学校6年生の時に「キモイ」「うざい」「死ね」などと悪口を言われたため、母親は担任教師に注意をするよう要請した。担任は佑美さんと同級生2名を交えた話し合いの場を設けた。しかし、その後、佑美さんは同級生2名らにトイレへ連れ込まれ、「便器に顔を突っ込め」と言われるなど、いじめは深刻化した。担任との交換日記には「いじめ」が綴られている。

中学校へ進学すると、さらに深刻化し、悪口や無視、靴を隠されるなどのいじめを受けた。文具を盗まれ、ジャンパーを鳥小屋に投げ入れられ、社会科見学では荷物を持たされるなどのいじめも受けた。

そして2005年10月11日午前8時20分頃、佑美さんは8階立てマンションの屋上から飛び降りて亡くなった。佑美さんの自殺後に仏前で謝罪をする生徒がいる一方で、「いなくなってせいせいした」と話す生徒もいた。佑美さんの机は「see you, the end」と落書きされた。また、佑美さんのいたクラスは、自殺後もほかの生徒の机がグチャグチャされることもあった。

佑美さんの遺書には「生きるのに疲れました。本当にごめんなさい。死んだのはクラスの一部に、勉強に、テストのせいかも。楽しいこともあるけどつらい。いやな事は何億倍もあるから」と書かれていた。「クラスの一部」との表現から一部の同級生のいじめが自殺の原因であると容易に推察できる。

それでも判決は「遺書の内容から自殺を決意した原因を特定するのは困難」とした。母親の節子さんは判決後に「優しい子で、遺書で誰に何をされたとは書けない。機械的な判決だ」と涙ながらに話していた(「中1いじめ自殺「認定できない」 両親の請求棄却、東京地裁」産経ニュース2012年7月9日)。

判決は2012年7月9日に東京地裁103号法廷で言い渡された。中央が舘内比佐志裁判長、右陪席が杉本宏之裁判官、左陪席が後藤隆大裁判官(判事補)である。右陪席・左陪席は裁判長から見てのもので、傍聴席からは左右が逆になる。舘内比佐志裁判長についてはブログ記事などでは「館内比佐志」と表記しているものもあることに注意を要する。



舘内比佐志裁判長



裁判官が席を立つと、原告代理人の児玉勇二弁護士は「不当判決。あまりにもひどい判決だ」と叫び、怒りを顕わにした。原告側は控訴を表明した。

両親「いじめはコップに一滴一滴水がたまっていって最後にあふれ出すようなものなのに判決は一滴をみていじめがなかったとした。これではいじめに苦しんでいる全国のこどもたちが救えない」

父親の紳二さん「この判決で、いじめられている子どもたちがやっぱり何をしてもだめだと絶望して、自殺に走らないでほしい気持ちでいっぱい」(「女子中学生自殺「いじめ認められず」」TBS JNN News 2012年7月9日)。

母親の節子さん「他の(いじめ自殺)裁判の悪い判例にならなければいいが」(「<埼玉いじめ自殺>遺族敗訴 国の責任認めず 東京地裁」毎日新聞2012年7月9日)。「いじめの証言をもっと集められていれば…。学校や教育委員会が真相を明らかにしてくれると思って信じて待っていた私たちがバカでした」(「遺族敗訴の中1自殺裁判 市関係者「遺書にいじめ記載ない」」女性セブン2012年8月2日号)。

裁判官が原告側の主張立証を真剣に読み、内容を理解しているのか疑問視されている。その推測を補強する事実が結審後の裁判官の交代である。裁判長が志田博文氏から舘内比佐志氏に交代した直後の判決言い渡しである。舘内比佐志裁判長は以下のような緊迫した証人尋問には立ち会っていない。

「証人尋問では、当時の担任や教育委員会関係者が法廷に立ち、弁護団からの質問には答えに窮し、苦しまぎれの嘘を繰り返し、矛盾を突かれその場でしばしば沈黙した。法廷でそれらを実際に見聞していれば、今回のような判決文はとうてい書けなかったはずだ。」(三上英次「北本中学校・いじめ自殺裁判 東京地裁判決出る!」JANJAN Blog 2012年 7月 12日)

裁判所の不正を正す会では過去の舘内比佐志裁判官の判決も踏まえて、以下のように批判する。「結局何も記録を見ていないということです。今回のいじめ判決も当然舘内裁判官は交代した案件を深く読み込んで判決を下し た訳ではありません。何も見ていないのです。」(「北本中1女子いじめ自殺訴訟判決を出したのは被告舘内比佐志裁判官!」)

東京地方裁判所民事第31部の不当な法廷では正当な審理を保障してもらえるような法手続きは、ほとんど何一つ存在しなかった。予断や偏見に囚われた舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、後藤隆大裁判官には、不合理や矛盾撞着を指摘した正当な反論も単なる非難としか思えないのである。行政の主張が正しいと思い込んでいた裁判長にとっては、審理を尽くして真実を解明することなどは思いも寄らないことであり、早く結審して、担当している数多くの訴訟案件を減らし、勤務成績を上げることしか頭になかったのであろう。

舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、後藤隆大裁判官にとっては被告の主張以外のことは余計なことにしか思えないのである。予断や偏見は何とも恐ろしい。予断や偏見に囚われた舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、後藤隆大裁判官には、不合理や矛盾撞着を指摘した正当な反論も単なる非難としか思えないのである。

イジメは教育や社会の問題であると同時に人権問題でもある。イジメはイジメ加害者だけの問題ではなく、傍観することもイジメを加速し拡大させることにつながる。北本イジメ判決もイジメの傍観であり、イジメを加速し拡大させる。

『文殊菩薩(ブログ版)』 舘内比佐志裁判長