健康生活手帳

 去る7月に18歳以下の児童・生徒を対象として村から「までいなからだ健康手帳」が発行されました。
 この手帳は、私たち負げねど飯舘!!が役場に提案した素案内容を取り入れていただき、打ち合わせにも参加させていただきながら発行されたものです。
 この度、負げねど飯舘!!では、行政では配布対象にならなかった19歳以上(飯舘に勤務している飯舘以外の方も含む)の村民すべてに無料発行を致します。

 健康生活手帳は多くの方々が希望する一方で、さまざまな理由から記入が困難な方もいらっしゃいます。行政としては公平性の観点等からこうした状況に配慮しつつ、また、予算措置の関係などから、全村民向け手帳の必要性は感じつつも発行に踏み切れない状況にありました。
 私たちは、(1)万一、将来健康被害が生じた場合に備えるために自分たちで生活行動を記録しておくことが大切であること、(2)記入が困難だったり過去のことを思い出せなくても仲間どうしが集まって話し合ったり、お互いにフォローし合う機会を増やすことが避難生活では大切であり、そのためにも健康生活手帳を役立ててもらうこと、を大きな目的に掲げて手帳づくりに取り組んできました。発行後は、手帳記入のための勉強会を各地で開催することも考えています。
 この健康生活手帳は、皆様からの善意で発行されます。監修いただいた兵庫医科大学 振津かつみ先生、獨協医科大学 木村真三先生、支援金を送ってくださった方々、ご助言、ご協力くださった方々へ深く御礼申し上げます。

 手帳内に同じ記載がありますが、この健康生活手帳の目的・思いを「未来に向けて」にまとめてあります。是非ご一読下さい。

・未来に向けて


健康生活手帳の著作権について

健康生活手帳は、多くの方のご支援により作成されました。飯舘村以外にお住まいの方にも使って頂けるようデータを公開致します。
被害者個人でのご利用を前提としていますが、ダウンロードに当り、下記要件をご一読下さい。

著作者人格権
健康生活手帳の本文は、勝手に改変されたり、訂正されたりしてはなりません。

財産権
健康生活手帳の制作には費用が発生し、その転載には財産権が伴います。

一、個人が、自身や家族、友人のために金銭授受のない使用は無償提供とします。その場合、著作者人格権を尊守して下さい。

二、引用の範囲を超えて転載された健康生活手帳が金銭授受の商行為を伴う時は、いかなる場合でも有償提供となります。そのような事態が予想される場合は「愛する飯舘村還せプロジェクト 負げねど飯舘!!」までお問い合わせ下さい。 iitate0311あっとまーくyahoo.co.jp(あっとまーくを@に変えて下さい)

次のような場合、法的措置によって処罰されることがあります。
・故意に健康生活手帳が加筆、削除、改変されて印刷、頒布された場合
・商行為で健康生活手帳が引用の範囲を超えて転載されたにも関わらず、無断でその行為に及んだ場合
・いかなる場合でも、「愛する飯舘村還せプロジェクト 負げねど飯舘!!」発行の健康生活手帳の印刷版面または本文電子データを、1書以上無断で複製した場合。

以上、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

健康生活手帳(出来事カレンダー有り)
健康生活手帳
出来事カレンダー有り
pdf:5,842KB

 健康生活手帳の配布は、県外に避難されている方への配布(郵送)なども行う予定です。一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

プロジェクト「負げねど飯舘!!」活動支援金ご協力のお願い


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check