The Law of One 勉強部屋

 

 → HOME

 


 

歪曲-”Distortion”について

 

恐らく、本文中に於いて、最も多く用いられている単語の一つだと思います。 ラーは、総ての存在物を、”振動体”であると考えており、それら振動体の全ては、本源/一体の創造主の振動数から分岐して、この相対世界内に於いて独自に振動を行う所の”歪曲物(わいきょくぶつ)・一側面存在”である、と捉えています。 従って、ラーの表現に由れば、創造主の内部に存在する所の存在物は、総て、歪曲物の一つであるという表現となり…、人間は歪曲であり、その思考もまた歪曲であり、道端に存在する石もまた歪曲物であり、更には、ある人物が病気を経験している場合、その病気も、本来の健康状態からの”歪曲”、と表現される事となります。 ラーは第六密度存在であり、物事に対して価値判断を行う段階に無い為に、この歪曲という言葉を、我々が良い意味で捉えている所の歪曲対象らと、悪い意味合いで捉えている歪曲対象ら、その両方に対して、差別無く用いています。 従って、人々の個性は”歪曲”であり、病気もまた”歪曲”であり…、という具合であります。 ラーは、これら存在物の総てを”Distortion”という一単語で表現しようとしており、この事が、本文を理解する上で其れを困難なものとしています。 しかしながら、この言葉に込められた真の意味とは、”我々は本来は一つの存在である”、という事実であり、ラーはこの理解を強調する為に、この単語を使用しているのだと思われます。

 

 

ラーの説明による歪曲状態の発生順序

 

全一状態・無限状態・ロゴス

1.第一に発生した歪曲状態

自由意志(Free will)

2.第二の歪曲

愛(Love)

3.第三の歪曲

光(Light)

その後の様々な歪曲状態

 

私的解釈として、第一に、其処に自由意志が発生した事によって個別存在らが出現し、第二に、それら存在がお互いを認識した際に、其処に愛が発生した、という事なのだろうか。 また、余談として上の光が凝縮したものが、我々が認識している所の物質とのことである。

 

 

 

Yahoo!ジオシティーズ