SAGA TIPS

今年(2012年)は,佐賀大学でトポロジーシンポジュームがあるとのことです.そこで,2011年3月まで住んでいた経験に基づいた情報をお知らせします.なお,いくらか変化が起きている可能性はありますので,あくまでも参考までに...(2012年8月15日追記:シンポジュームは無事終わりました.雨降りと,organizer の一人であるI君の気配りが印象的でした.徐々に気付いたことを書き加えてページを残しておきます.2013年8月15日追記:Surgery 理論の第一人者のY先生のブログで昨年の8月の様子が詳しくレポートされています. Y先生へ:リンクをしていただきありがとうございます. 

佐賀市へのアクセス

飛行機による:
佐賀空港を利用する場合は,飛行機便に合わせて空港から駅まで 佐賀市営バスがあります(片道35分程度,600円.往復チケットをバスの中で買えます.片道500円×二枚.ただし,水曜日はノーマイカーデー割引で運転免許書を見せれば半額というのがあるので,水曜日に戻られる方はお考えください).駅の近くに宿泊する場合は便利かもしれません. ただ,佐賀空港への便は東京佐賀間のみの4往復/1日です. (私は,結局,佐賀空港を使う事にしました.) 「博物館前」でおりる事を考えている方がいらっしゃると思いますが,これは,佐賀大学へ直接行く場合です.また,この場合は事前に地図(地図といえば,google map のストリートビューで佐賀市内は見れないのですが,何故か佐賀大学のキャンパス内は見れます.出張前のイメージトレーニング(?)に良いかも)で道のりを確認されるのが安心です(バスをおりてから博物館の左脇に行くと堀に出て,堀端を歩くとしばらくして堀が右に曲がり,さらに歩いて堀に車道の通っている大きな橋が架かっているので,それを左に進むと佐賀大学に着きます.)

福岡空港を利用する場合は,福岡空港から佐賀空港までの西鉄バスがあります(片道1時間15分程度,1200円).また,福岡空港は福岡の街中に非常に近く(そのため,箱崎キャンパスではいつも飛行機の音でセミナーが中断していました.九大の皆さんは慣れていたようですが...)福岡空港から博多駅まで地下鉄で2駅です(ただし,福岡市の地下鉄の料金を都内と同様に考えると痛い目にあいます).博多駅からは,JR長崎本線の 特急を利用して佐賀駅まで向かいます.このとき, 通常料金ですと2000円以上かかりますので,券売機で 2枚きっぷ4枚きっぷを購入することをお勧めします.

JRによる:
新幹線で九州に来られた場合は,博多駅もしくは新鳥栖駅で長崎本線の特急に乗り換える事が多いです (私は,新鳥栖で乗り換えたことはありませんが...). 2つもしくは3つの特急が連結していて,その間を行き来できない場合があるので,指定券を購入されている場合はご注意ください.

佐賀市でのホテル

昔はあまりありませんでしたが,何年か前の高校総体を機に増えました.ただし,駅前が中心で,佐賀大学の周辺にはありません.

佐賀大学へのアクセス

おそらく佐賀駅から大学まで通うことになると思います. 佐賀は猛烈にモータリゼーションが進行していて,公共交通機関がきわめて貧困ですが,1時間に2本ほど佐賀駅から佐賀大学への 市営バスが 走っています. 市営バスの時刻表のページから,出発バス停「佐賀駅バスセンター」, 到着バス停「佐大前」で検索してください. 佐賀大学のキャンパスマップ をご覧になると,「佐大前」のバス停は2箇所あります. 12番のバスの停留所はこの地図の14番の建物の近くです. 11番と63番のバスの停留所はこの地図の正門の近くで, さらにこのバスは,「佐大西」にも止まって,ここは理工学部6号館から 比較的近くです.(徒歩で「佐大前」からは約10分,「佐大西」からは約5分です)

タクシーの場合は,「佐賀大学の本庄キャンパス」といえば通じるはずです. (普段使わなかったので保障はできませんが,とにかく医学部でないほうというのは 強調しておいたほうがいいかもしれません)

ちなみに私は健康のため(コレステロールが...)に歩いていきます.1時間弱かかります.(30分弱で毎日歩いた院生(現KB大学院生M君の同期)がいました.)

お食事処

大学周辺のお店:
MoiMoi  佐賀大にいるときによくお世話になった洋食屋さん.おじさんは元気にしているかな?元気に一人で切り盛りしていました.コップとデザートの皿を片付けないですいません
丸茂寿し  数理科学科にお客さんが来られた時によく利用.昼のランチがお得でした.
海人   こちらも数理科学科にお客さんが来られた時によく利用.OM先生は毎晩ここで晩酌をされていたそうです.私がいたころは昼のランチは麺類のみでした.

それから,以前,頭にカスプを載せているコメディアンが歌っていた佐賀の歌とは違って,佐賀大学の近くに「吉野家」があります.

ラーメン屋: 一休軒にちょくちょく行っていたのですが去年の9月に閉店してしまいました...

鰻のせいろ蒸し:
たれのよく混ざったご飯の上に焼いた鰻をのせて蒸しあげています.佐賀や柳川では通常の鰻の食べ方です.次の2件によく行きました.ご存じのとおりお値段は・・・
本庄うなぎ  昔は佐賀大学のすぐ近くにあったのですが,道路拡張に伴って,移転してしまいました.いろいろとついてくるのが楽しいです.
木原うなぎ  佐賀大学を退官され今はペシャワールにいらっしゃる数論の Prof. N. のおすすめでした.

カレーおよびインド料理:
白山文雅  佐賀でカレーといえばまず出てくるお店. もともとフレンチのお店ですが,カレーに特化.フレンチを食べたい場合は 要予約.ご飯はお代わり自由で,食べすぎ注意.
ビスヌ  インド料理屋.いつも豆カリーとインディカ米を注文しました.ナンも巨大で美味.食べすぎ注意.

その他:
「ジャーナル」タンシチュー  西日本新聞社の社屋の一階にあるので「ジャーナル」か?シシリアンライスもあったはず.
コン・ビン・ザン ベトナム料理の店.松原川沿いで佐賀で唯一のデパートである玉屋の近くにあります.ランチは無かったのでなかなか行く機会が無かったのですが,来客があったときに思い切って行ってみました.佐賀でベトナム料理といえばここ.というか,ここしかない.

お土産の甘いもの(小城羊羹がメイン)は,村岡総本舗,村岡屋が有名.名前が似ているのは親戚関係にあるからと聞いた事が.村岡屋は新しめの物を創作していて,村岡総本舗はクラシカルなイメージ.佐賀は人口の割には和菓子を作っている店が多いようです(グリコ,森永,千鳥饅頭などは佐賀県出身).松露饅頭もおいしいです.これは,唐津の物ですが,佐賀市内にも(実は以前住んでいたところの近くに)製造しているいるところがあり,できたての物も試食したり買ったりできます.

参考:足をのばして,呼子まで行ってイカを食べたり(シンポジュームの後の新人セミナーでは食べられるようですので,若い人はしっかりシンポジュームに出席して新人セミナーへ参加しましょう・・・お節介コメントでした),多良まで行って竹崎ガニ(夏はオスが美味しいそうです)を食べるというてもあります.

観光など

佐賀の地元の方に聞くと「佐賀には何にもなか」とおっしゃいますが,「本当に何もないですね」とこちらも言うと,とても悲しそうな顔をされますのでご注意ください.

シンポジューム会場から近場:
・佐賀城の堀  立派な楠があります.
・多布施川  上流までサイクリングすると良いです.
佐賀市立図書館  佐賀市の規模の割に非常に立派な図書館です.
CIEMA  単館系の映画を上演している非常にありがたい心意気を感じる映画館です.Y先生へおすすめ?
大隈記念館  W大学出身の方は外せない?K大学出身の方は・・・?近くに,佐賀でとても有名な手作りシュークリームの店「マウンテン枳小路」があります(店の名前の読み方はあえて書きません).美味.
佐賀城本丸歴史館  佐賀城は天守閣は300年前に燃えて以来ありません.佐賀城の跡地に昔の建物を再現して江戸から明治始めにかけての歴史資料を展示してあります.幕末には沢山立派な人がいたようです.ひろびろとしています.
・大学の南側のバイパスのさらに南に広がる田圃  何もないのを実感できますが,都会暮らしの人にはかえって新鮮?
[おまけ] 法無乱橋  名前がすごいので書きました.以前近くに球場がありました.

少し足をのばして...:有田,唐津,武雄温泉,嬉野温泉は説明不要でしょう.
・吉野ヶ里公園  こちらも説明不要?佐賀駅からJR長崎本線に乗って博多方面へ少し行くと専用の駅があります.とにかく広々としています.
昇開橋  国鉄佐賀線の昇開橋が現在でも残っています.佐賀線の跡地が佐賀市内の南部バイパスから昇開橋までサイクリングコースになっているので,駅前で自転車を借りていくのもいいかもしれません.
石橋美術館  久留米市にあります.青木繁「海の幸」「わだつみのいろこの宮」,古賀春江「素朴な月夜」などを見ることができます.ただし,他の美術館へ貸し出しなどをされて見れないこともあるので,事前にご確認ください.
・由布岳  少し足をのばしすぎ?