フジキセキとは

競走馬名:フジキセキ

.デビューはサンデーサイレンス産駒では珍しいローカルの新潟1200mだった。 蛯名騎乗で大きく出遅れながらも行き足がつくと馬なりでまくっていき持ったまま圧勝する素質の違いを見せつけた。 続くもみじSでは、1600mに距離延長したが終始楽な手ごたえで連勝を飾った。 意気揚々と出走した朝日杯3歳S(G1)[現:朝日杯フューチュリティステークス]では、マル外の良血スキーキャプテンに最後の直線で追い込まれたものの何とか凌ぎG1制覇を飾った。 鞍上の角田騎手は、「手ごたえが十分で余裕があった」と話していたように、計算された無理のない騎乗であったことが後日談として残っている。

休養を挟み、いざクラシックロードを歩むため弥生賞に出走し無難な競馬ぶりで4連勝を達成し皐月賞(G1)に駒を進めた。 しかし、皐月賞の目前に迫ったところで屈腱炎を発症している事が判明し引退が発表されることとなった。 漆黒の馬体と大物感のあるレースぶりから「幻の三冠馬」と語られるように、競馬ファンの中には器の大きさを称えることが少なくない。 菊花賞は分からないが日本ダービー(東京優駿)までなら最強という声が聞こえてくる。 それほどに競馬ファンに何かを感じさせた馬なのは間違いないところだろう。

スタッフによれば、牧場時代に2歳だったフジキセキの体躯の柔らかさは際立ったものがあったと言う。 全身がバネのような軽快さがありゴムまりに見えたというのも決して大げさな表現ではない。 大種牡馬ミルリーフの牝系ラインらしい奥の深さを感じとれるエピソードだろう。

血統:父サンデーサイレンス 母ミルレーサー(ルファビュルー)

父のサンデーサイレンスは、日本競馬で数々のG1馬を産み出した大種牡馬。
三冠馬ディープインパクトを送り出し名声を不動のものとした。

母はルファビュルー産駒のミルレーサー。

フジキセキ代表産駒

父同様に馬体をよく見せるが柔軟性は受け継がれにくいせいか体躯の堅い馬が多くみられる。 怪我に泣きながらも復活し、ダートG1を総なめにしたカネヒキリを輩出したことからも言えるだろう。
芝ではダノンシャンティがNHKマイルカップを脅威のレコード1:31.4で制したようにスピード限界勝負は強いと言えるかも知れない。 スプリントで本格化したキンシャサノキセキを見てもスピードがあるというよりも限界比べで浮上してくる種牡馬かも知れない。 最近はサダムパテックがマイルチャンピオンシップを制し芝での影響力を強めてきている。

フジキセキの後継で成功するのは?

とある相馬師によるとダノンシャンティを後継の中で成功する要素が強いという。 均整の取れた馬体に、産駒の中で最も薄い皮膚を持っており素晴らしい体質を持っていたということ。 マイルG1を勝ったが、体形的に距離は中距離までカバー出来たでだろうことから一番種牡馬として大成できる要素を秘めている。 気性の強さが産駒に伝わり勝負根性に変えることができるようなら想像以上の活躍があるかも知れない。

  1. イスラボニータ【皐月賞(G1)】
  2. キンシャサノキセキ
    キンシャサノキセキ【高松宮記念(G1)】
  3. サダムパテック
    サダムパテック【マイルチャンピオンシップ(G1)】
  4. ダノンシャンティ
    ダノンシャンティ【NHKマイルカップ(G1)】
  5. カネヒキリ
    カネヒキリ【ジャパンカップダート【現チャンピオンズカップ】(G1)、フェブラリーステークス(G1)】
  6. ファイングレイン
    ファイングレイン【高松宮記念(G1)】
  7. コイウタ
    コイウタ【ヴィクトリアマイル(G1)】
  8. エイジアンウインズ
    エイジアンウインズ【ヴィクトリアマイル(G1)】
  9. ドリームパスポート【神戸新聞杯(G2)】
  10. ダイタクリーヴァ【スプリングステークス(G2)】