ねこ  ・ 野鳥
はと、からすなど野鳥にえさをやるなという考えの人もいます。
 これらの鳥の「えさ」は? 自然界にないのでしょうか
 冬場はえさが少ないので餌付けをしてもよいと私は思っています。

 野鳥を庭に呼ぼう!!        最後の野鳥えさ掛け…来春閉校の広島・庄原 帝釈小、46年間続け


野鳥を増やす方法  
自然が回復している現代ですが、そもそも、その他の野鳥の「えさ」は、自然にある木の実などです。
 実のなる木を周りに見ることが少ないようです。
 〔ムラサキシキブ〕 ピラカンサ 〔ナナカマド〕 〔ウメモドキ〕 ナンテン  グミ  ガマズミ 

 先日、ゴミの収集日に 20コほどの半分腐った「みかん」が捨ててありました。
  
もったいない!  鳥のえさになると思いました。  又、
  ある職場で、半分食べ残しのご飯がありました。
  この前、話題になったコンビニなどの賞味期限後の廃棄処分も もったいない!

   廃棄された物は、ゴミとして焼却されます。 
   生産者の努力が報われません。    もったいない!
   これらは多量の水を含み燃料が多く要り、 また

   焼却することは自然界の恵みを温暖化の原因「二酸化炭素」を増やすことになります。
   

  先日、琵琶湖を歩いていたら、大きなゴミ袋を持った人が、中身は対岸だったので分かりませんが、えさをやっていました。
 たぶんパンだと思います。
  また、賀茂川のほとりで、鳶にえさをやっている人も見ました。
  このように、人間が廃棄している物を野鳥にえさとしてやる。私は循環型社会を目指すには良いことだと思います。

自然?? カラスが木を占拠しています。
これが現在の自然の姿なのでしょう?


    いつものところには居なく別な場所で
         



    今日の万博 2010/02/27

 私のカメラではこれが一杯です。
 2メートル近づいても大丈夫です。
 ビオトープの池でいつもいてくれます。
 今日はカワセミには会えませんでした。
   残念 
 ビオトープで木々を長い時間見ているカメラマンが
 「声はするけど、姿が見えない。 去年は 梅林でも メジロが多くいた。 今日はさっぱり、 ほかの人も言っていたが、カワセミを見ない。」
 ビオトープはいつもは、10人ほどのカメラマンがいますが、今日は 通りかかった人だけでした。
 「万博には小鳥の食べ物がないね!」「あすは、六甲へ行こう、 あすこは いろんな啄木鳥がいる。」

 いやいや 万博は野鳥一杯です。

  からすです。 他の鳥たちも去年までは この広い原っぱで餌をついばんでいました。
  ことしは、カラスの餌もすくないのか、あるカラスは、朽ち果てた木をコンコンとして皮を餌にしていましたし、 集団で小鳥たちの餌場に侵略です。
  これが自然の摂理
  餌場を奪ったのは万博自然公園を作った人間です。

  万博に小鳥の食べ物の木々を! 草花を 

送信者 2010-02-21-1357-01
送信者 2010-02-21-1357-01
   野鳥 戻る   万博公園 2月7日
    
この人達のレンズの先は、カワセミです。
他のグループ「自然観察隊」も今日はカワセミ5匹見つけたそうです。
自然が戻ったのでしょうか。  一眼レフを持ち合わせなく
デジカメの写真を切り取りました。「こちらを睨んでいます。」
    
この後、2回ダイビング 2回目にゲット 大きな木に飛び立ちました。
その橋の下には サギが えさを探しています。
私があまりに追うものですから「怒ったいます。」
 
外からは、魚の姿は見えないのですが?
まだ子供でしょう。
    
西口手前の左手の池にも
サギが2匹 いました。

もう1人の「カワセミ」自然観察前の池

          




五位サギ



珍客 訪れる  !!!   創立15周年記念の池に  「五位サギ」が訪れる!!
  撮影   豊中市立第六中学校        池の魚を狙っています。    この後 獲物を捕ったらいいです。
  もうすぐ 卒業式  明日は 送る会が行われる。  
思い出一杯の学校、 そして 卒業  「おめでとう」     3/10


久しぶりの
万博公園で   3/8
   
          ダイビング                    口にくわえていました。 
                   
                           今日のヒットです。  ぼけていますが
           一瞬でした、「あああ」の声で シャッターを押しました。 撮れたのかな!!
            とんだ瞬間は分かりませんでした。    家の奥さん大満足!! 
        鳥を撮りに行こう!  カワセミを見たい! 日本庭園で2箇所、前に1回取りました。 帰る方向で3箇所のポイントがあります。
        最後の場所に 入り口に向かっているのに 寄り道しました。  10名の人たちがいました、これはいるな!!
        皆さん固唾を呑んで観察していました。 どこにいるのか分かりませんでした。 

        「ああああ」で押し続けた 3枚を切り取りました。             2/24 

  
    
              万博公園  とり観察    勘弁してください、ぼけています。
          
           シジュウガラ   万博                        ジュビタキ 万博

                   
                      松山神社  2/15  うめはまだです。 
 
       2月10日 万博日本庭園
 
 
      万博梅林
 
   200ミリ カット済み ポーズを取ります。 万博梅林で   1/27
  
         群れで行動 クチバシが黄色いのでアトリ?   周りにはカラスが
  写真はありませんが、大阪城にも、万博公園にも メジロはたくさんいました。
 
        1月19日    万博西口
 
     万博公園
 
  万博日本庭園  300ミリ 万博日本庭園 カワセミ 狙っています。 この鳥が数回 餌をゲットしました

 獲物をゲット
      
  昨日27日 万博に鳥を撮りに出かけました。  

  この時期、いないのでしょうか

  いるのカラスばかり、鳥の鳴き声も聞こえません。

  写真は撮りましたが、ここに載っているのは全て前回の写真です。

  小鳥の餌になるものは何でしょうか? 果物はないし、 

  私、餌付けは良くないですが、ミカンを持って行きました。

  カラスに見つからないように椿の小枝に刺しました。

  残りご飯は、鯉にあげました。


  今日(19日)は服部緑地、万博に行きました。

   服部緑地は鳥はいません。        万博はカラスがいっぱいです。

 むかし、万博周辺道路で「きじ」の親子が横断してるのに出くわしたことがあるのですが、

  今回は姿、それらしき泣き声も聞けませんでした。

   カメラを持っている人に聞くと、「鳥は、今日は見ないなー」

   この写真、私にしては良い出来です
home