真宗 10派
  浄土真宗本願寺派西本願寺       真宗大谷派東本願寺
  真宗高田派専修寺             真宗佛光寺佛光寺
  真宗興正派興正寺             真宗木辺派錦織寺
  真宗出雲路派毫攝寺           真宗誠照寺派誠照寺
  真宗三門徒派専照寺            真宗山元派證誠寺
   「山の神」山之口町仲田  未収録 2012/03/13

   金剛力士像・・・・龍福寺跡
   高浜神社 ・ 宝暦七年(1757)12月 再建 平成2年母「ヨシ」常夜灯・由緒書きを寄進
   法華岳薬師寺時計を寄進)  瓜生野八幡屋根銅板の寄進 
   もさるの水神様建立   面早流の水神建立、別サイト 
   本永寺の地蔵尊 ・  カンベイが逮捕した、馬泥棒 笹原弥右衛門
              逮捕後、薩摩で処刑された笹原弥右衛門の霊の供養のため建立
   勘兵衛新田・・・飯田山口 聞き忘れていたのでしょうか?
   
   勘兵衛墓 「観音菩薩像」、「父、母の墓」 先祖の供養

 もう一つの ルーツ 父方 
 横山勘兵衛  宮崎県高岡町人物誌より

  龍福寺址より道を西にとり尾根づたひ丘陵を登りて行くと、見晴らしのよい頂上に達する。西には□気立□むる奥山や伊勢の原・東は大淀の流れに添いて高岡の町々を一畔の中おさめる事が出来る。高岡町の人々は昔より、この丘陵の頂上一帯を勘兵衛墓(カンペパカ)と呼びならはして居る.こゝにわが高岡町の横山勘兵衛良豊は永久に眠っている。

 横山勘兵衛とは如何なる人か。彼は江戸時代の中期於ける我が高岡郷の誇ら物であった。そして富豪であった。彼の祖元は田部姓土持氏の流れとも又、小野姓とも云われて居るが嘘ではでない。慶長五年高岡郷□取文の時、横山
三郎兵衛良充、本庄より高岡に移住し商家となり、代々高岡町居住とあり。勘兵衛はその五代目に当る。父は孫左衛           門良□□は、向高の若松□太夫の女とあり、彼は今年より数えて二百五十二年前、五代将軍綱吉の元禄十五年拾度赤穂義士の仇討ちの年に産声をあげた。そして十一代将軍家斉の寛政元年八十八才の長寿を以て歿した。故にその活動の期間は極めて長かった。彼の在宅は新町の東側の中程にあったと伝えられて居る。叉十文字の角の所に堂々たる邸宅家倉ありしと云はれて居る. 藩政時代わが高岡郷の町方の人は町人なれ共警察権の一部を握り、持主の十手を預かる警官であった。罪人を捕縛する与力同心であった.何しろ高岡郷は、薩藩の鉄のカーテンなる去川の関所の外に建てられし大郷なるだけに、他藩より薩藩の事情をさくらんと探偵、隠密、其他色々の者が忍び込んで来た。それを高岡町のメアカシ(目明)目睨むと□□破ってヒツ捕らへた.十手、早縄、鎌手、スネ当、一刀をたばさんで、「御用ゾ」と飛び込む姿は想像するだに勇ましい。横山勘兵衛は此役を勤めて居た。彼が笠原弥右衛門と云ふ強勇無双の盗賊を捕へし伝えが今に残ってって居る.弥右衛門は段□御科牧場の、馬泥棒の常習犯人であった。彼は盗み出した馬を、蜜林の□谷を伝ふて運んだ.そして岸壁の所に来ると、強力なる彼は縄で吊しておろしたと伝へられて尽る.併し中々彼をとらへる事は出来なかった.然るに偶然彼が高岡にやって来た。かくと知った勘兵衛は謀を以てとらえんとたくみ我が家に誘ふた.土蔵の中にだまして誘ひ込んだと云うはれて居る。そして大に御馳走し酒をすヽめた。謀とは露しらず、弥右衛門は大に飲んで泥酔して横臥した所を勘兵衛は、此時とばかり「御用ツ」と声かけ組みついて縄をかけた.流石の弥右衛門も最早及ばなかった。彼が打首になったことは勿論である.此話は高岡郷藩政時代勘兵衛捕物談として今に伝わって居るが、勘兵衛は、他にもかゝる功績が多かった様である.
 笹原弥右衛門末期仁臨み、大に勘兵衛を怨んで、「おのれ助兵衛おれ騙し討ちにしたな、覚え居れ呪ってくれ    るぞしとょった.モれから色々た〜サがあったとの蕗があるが、助兵葡はかゝる馬弼持の幣束魔の速舌などに篤をくさらす腰抜けではなかった。彼は寛政元年に目出度い米寿の高齢に遵して大往生を遂げた。

 勘兵衛は神仏の信仰が深かった.高岡名勝志の法華岳寺の宝物記の条に時計壱個寄進者、高岡町、横山勘兵衛とあり。又、爪生野八幡の屋根銅板に横山勘兵衛寄進の銘記ありとなり.又、狩野の横山氏所蔵の文書中にも勘兵衛布施の寺院の受領文書数通あり。彼の信仰厚かりしと共に、その富豪なりし事も推して知るべし。

 勘兵衛の至孝 寛延四年父孫左衛門、八十六才を以て卒す.勘兵衛為に建てし墓石は、彫刻の枠をつくして居る。
又、其の三回忌に父の菩提を弔ふ為に建てたし、釈迦像には傍の記念時時□、宝□三□□二月二十二年孝子横山勘兵衛と刻してある。

 苅野の横山氏所蔵の文書中に示現流問書一巻がある。勘兵衛時代のものと思はれる。彼が武道のたしなみ深かりしを知る.同時に町方に於いても剣道等武道の修行さかんなリし事を証する材料である。

 飯田山口に勘兵衛新田と称すち田がある。勘兵衛の開墾田と云はれて居る。彼はかゝる事にも努力せしにや。披は
醗造業を営んだと云はれる。勘兵衛逝いで首六十五年、世は幾変還をかさねた.併し我が高岡町の勇士横山勘兵衛
 (空量山寿徳居士)の名はながく、高岡郷士史にとどむべきである.


 付記。笹原弥右衛門は、悪党ながら、強力無奴.強情我慢の勇士であった。彼が密林中の絶壁で馬を吊るしておろ
した事は、前述の如くであるが、彼は又一の谷の戦の鷹越えに於ける畠山重忠の如く.蜜林中で馬を背負ふたと云ふ事である。彼は石代の出口の□の□□近で「ナプリ殺し」にされたと云はれて居る。始め釘の植えてある板の上を歩ま
せられた。「痛いか。」と聞いたら「何の恰度藁の切りあとを歩く様だ.」と弥右門は囁いた。今度は背の肉を割いた。弥石衛門は「涼しい、よい心地だ。」と云った。最後に鉛をとかせし熱湯を背の傷ロから注ぎ込んだ。此時始めて称右衛門もこたえたと見えて、「クーン。」とうなった。首は撥ねられた.かゝる伝説は伝説として伝え渡し。

 此篇は、田尻先生、川野助役、高校上村先生、小学校山崎政□氏等、炎天下勘兵衛墓に実地検証を遂げ下されし賜称なり。郷士史を光輝あらしめ確実ならしめんとの御熱心の賜物である。叉狩野の横山ケサノ刀自の関係文書を貸与されし賜物である。
ご先祖さまを大切に・・・  大阪日日新聞 2009/01/25
「墓を守る」
「遠い故郷の墓参りが大変」
ので 墓の引っ越しが行われる。 
団塊の世代までがこのように行っている。と言う記事だ。

無縁墓地が増加  時代の繰り返しか!、一向宗が全盛の戦国時代、「墓」が一時「ただの石」として扱われ、
城壁、唐臼に利用された。 
そのような時代に逆戻りになるのか!

今の世の中、親も、先生も、ただの物、核家族、少子化、共稼ぎ、自分の生活、働いても食えない層の増加
一杯一杯の現代人の生活   心のよりどころになる 先祖 その心が失われようとしている。

我が母方の横山家もその様相である。
母の長男は戦死し、男の子2人 1人死亡 奥さんとその家族とは音信を取らない状態である。
それに、母の妹に養子を取り、「横山家」が2つになっている。
私の小さいときから、この母方の兄弟は長男家は隣に住んでいるのだが、正月も一緒に会食することはなかった。た
現在は年一度の掃除など墓守をしているのは、母と姉の子ども達で行っているが、従兄弟の中では「我しらの代までだな!」と話している。 
 もう一度、従兄弟同士で話し合う必要がある。
墓を守るには、近くにいる人は心的ことで、参加しなければならないと思っているが、我々は遠く離れていることと、お金がかかることだ。

最後に、子供は親がやっていることを見ている。 
子供らに苦労はかけたくないが、先祖を祀ることは必要だ有ると考える。

ルーツ   もう一つのルーツ「湯之谷」
今年2009年夏もきれいになっていました。
家族で墓参り 子供に墓のある場所を教えるため

「観音菩薩像」

勘兵衛の両親の墓

本年の墓掃除は2009年8月1日に決定
いつもすみません。 大阪にいますので今年も参加できません。


横山勘兵衛屋敷跡井戸

水神様

このあたりに横山勘兵衛屋敷があったと言われています。

旧鹿児島銀行跡 現宮崎銀行駐車場




母死亡 2009年6月3年 96歳





横山勘兵衛の残した物 5のマップ

大きな地図で見る 宮崎県高岡
  2008年9月
 もさるの水神様  横山勘兵衛の寄進と言われている。
 
 左から2番目
 カンベイが 宝暦12年1月に建てたことが記されている。(下)

送信者 もさるのいしぶみ
 応文2年(?)
 横山勘兵衛    「高岡の碑(いしぶみ)」より  著者 首藤光幸
   
     
     10/6 追加 太い赤字 「高岡人物史」(本吉直二署) 
  カンベバカ ・・・ 横山勘兵衛の墓地
             芳名  「空量山壽徳居士位」  寛政元年12月29日(1789年)
                          横山勘兵衛良豊   88歳 
             没   寛政元年 
  横山勘兵衛 の父 横山孫左衛門 の墓は  観音菩薩像(170センチメートル)
  先祖は 田部姓土持氏の流れ
   慶長5年(1600年) 高岡郷へ 横山三郎兵衛良充 本庄から移住  横山勘兵衛は5代目
   横山勘兵衛自宅は鹿児島銀行ある一帯であった。(鹿児島銀行高岡支店は宮崎支店に併合)
   醸造業を営んでいた。
  寄進   金剛力士像・・・・龍福寺跡
        高浜神社 ・ 宝暦七年(1757)12月 再建 
        法華岳薬師寺時計を寄進)  瓜生野八幡屋根銅板の寄進 
        もさるの水神様建立   面早流の水神建立、別サイト 
        本永寺の地蔵尊 ・  カンベイが逮捕した、馬泥棒 笹原弥右衛門
               逮捕後、薩摩で処刑された笹原弥右衛門の霊の供養のため建立
       勘兵衛新田・・・飯田山口 聞き忘れていたのでしょうか?
   
        勘兵衛墓 「観音菩薩像」、「父、母の墓」 先祖の供養
          小さいときに 墓参りをしたとき 大きな石で作られていましたので、「どのようにしてはこんだんおだろうか」 もと来た道を見に行った覚えがあります。 また、すごく大きな常夜灯見たいのがあったことなどが思い出されます。  一度だけ、狩野で系図を見せて貰いました。それは 長い系図でした。6畳に入りきれなかったと思っています。 系図はおばあちゃんの代まで書かれていました。 その後は 長男家(戦死)に渡されたようです。
  
最近の「勘兵衛墓


墓掃除2008年

 この墓が勘兵衛墓

  「観音菩薩像」父・孫左衛門の3回忌に建てたもの。
送信者 08高岡
  勘兵衛の父と母の墓 

  
 龍福寺山門 金剛力士像


私のおばあちゃんの墓 カンベイバカには詣ってありません。 おばあちゃんの代からからこの地へ

    
 勘兵衛 寄進の 仁王像 と 同じような物がありました。

 鹿児島県川辺町  宝光院跡の仁王像 両腕ともありませんが よく似ています。
 
          別サイト
             宝光院跡の仁王像 
             別なサイト
   
母方
 横山勘兵衛                               home
 
【 龍福寺仁王尊 】




写真をクリックすると
全体が分かります。
市指定史跡 宮崎県高岡町(平成18年1月1日、宮崎市と高岡町との合併
・ 指定年月日:昭和54年1月24日
 高岡郷土の菩提寺が龍福寺で、この門前に仁王像が建っています。
 龍福寺は鹿児島福昌寺の末寺、今は寺はなく、口を開いた像を金剛といい「阿像」、口を閉じた像を力士と名づけ「云像(うんぞう)」とよび、寺の守護神でした。豪商横山勘兵衛の寄進といわれています。


  横山勘兵衛 宮崎市高岡町観光案内より

  横山勘兵衛 宮崎県の神話と伝承101

  横山勘兵衛  石造り建造物の付録に記載

  横山勘兵衛 高岡小学校歴史学習資料より

  高浜神社 横山勘兵衛 寄進  
  
   後年 門灯寄進 子孫の母とその姉が一緒に 一対の門灯を寄進
       横山勘兵衛の子孫として 名を刻んでいる。

   横山勘兵衛 江戸時代の人物
      
      横山勘兵衛の墓は龍福寺の境内の左上の杉林にある。
      先祖の墓はこれ墓! それは豪華な墓です。
      
      隣町は 「和泉式部の参籠」
の法華獄薬師寺があります。
  
高浜神社  宝暦七年(1757)12月 横山勘兵衛 再建  撮影2008/08  
  
      

  


  
宝暦七年(1757)十二月、
高岡郷横山勘兵衛が島津家第二十五代藩主重豪(忠洪)公の許を受け、
寄進再興した

 
    本永寺の地蔵  笹原弥右衛門の霊の供養のため  横山勘兵衛 建立


  


       誰でしょうか!
父方 祖父は 鹿児島加治木市より 宮崎県綾町 洋服の仕立てで商売に成功した。
      金物商を行い、物心ついた時には、次男の父が後を継いで家にいたが金物は行っていなかった。祖父は小田爪の湯之谷に湯治場「朝日湯」を運営していた。
父は  縄製造業を行い、綾川総合開発で需要も多く、人を使いそれなりに手広くやっていたのを記憶している。  中学時代はその事業も寂れ、農業を細々とやっていた。
     

home