Belajar Hahasa Indonesia

実用インドネシア語講座 T 

 Engineering Plastic extrusion molding と Indonesia


  インドネシア語でピンタール(pintar)は賢いとか上手と言う意味です。日本と同じようにニュアンスで本当に褒める時やからかう時や冗談など、と、使い分けをします。ちなみに、下手とか上手ではないと言う時は、ピンタールの否定で、ティダピンタール(tidak pintar)と言います。下手という単語はないと思います。
 賢いの反対は馬鹿やあほですが、ボードー(bodoh)べゴ(bego)と、言います。「ピンタール」と言ってやれば、其の場は和みます。「ベゴ」を使えば其の場はしらけます。ご注意!!
  kepala(クパラ)は”頭”の意味です。kepala anda pintar! (貴方は頭がいい)でもいいですが、otak anda pintar!(貴方の頭脳は賢い)と言ってやったほうが喜ばれますし、この人、インドネシア語がpintarと思われますよ。
  スラマッ ダタン(selamat datang)はいらっしゃいませ、や、ようこその意味ですが、ここではSelamat について書く。 Selamat jalan、 Selamattinggal,  Selamat pagi,  Selamat siang.,  Selamat sore. Selamat tidur
などと使う。御機嫌よう、とか、健やかに、とか、良い〜をとかの意味で使う。おめでとうと言う意味もある。
 Selamat menempuh hidup baruは”結婚おめでとう”の意味。”新生活突入おめでとう”だが、”健やかな新生活を”、という意味である。
 単に、Selamat ya! と言う事がよくある。 その次に来る言葉を省略しているので、どんな状態でも使える。成功を祈るや、順調にいくように、とか、相手がなにかしようとしているとき、一言声を掛けると、相手は有難うという心境になる。 便利な言葉である。
 Selamat tidur(おやすみなさい)の代わりにSelamat bermimpi(いい夢を)と言ってやれば、相手はにっこりするでしょう。
 この単語のように、最後がt、k、pの場合は発音しない。発音してはいけません。これは重要です。日本語のようにはっきり発音してはならない。
 Selamat pagi,  Selamat siang.,  Selamat sore. Selamat malam、の挨拶の後、必ず聞かれるか、聞く。apa kabar?(アパカバール)は語尾を上げる。元気?ご機嫌いかが?の意味の慣用句。日常の挨拶である。apa?は”何?である。apa ini?”これ何?”である。ついでにkabarは知らせ、と状態、様子の合いの子のような意味。apa kabar?を直訳すると、”状態は何?”ということになる。聞かれた時、答え(返事)は Baik-baik(バイクバイク)が普通である。直訳は”良好ー良好””よいよい”である。一寸ひねっていうと、Sedang-sedang saja.(スダンスダンサジャ)Biasa aja(ビアサアジャ)”いつもの通りさ””変わらないよ”としゃれた言い方もある。
 Kabar angin(カバールアンギン)の意味、分かりますか?anginは風です。”風の知らせ”から”うわさ”という意味になります。

 jalan(ジャラン)の意味は;道;、行程;通り;旅;方法などです。英語のwayと同じです。
 使用例として、Selamat jalan(スラマッ ジャラン)は”さよなら””行ってらっしゃい””気をつけて”ですが、直訳では道程が穏かで安全であるようにという意味ですから、見送る人が出かける(出発する)人に言います。ちなみに、出かける人が見送る人にSelamat
tinggal
(スラマッ ティンガル)と言います。Tinggalは”残る”から”住む”という意味です。
  sepanjang jalan(スパンジャン ジャラン)は”道のり中””行程の間ずっと”という意味です。pangjang は”長い”から〜の間中”という意味です。
  jalan tol(ジャラン トール)は”有料道路”、jalan raya(ジャラン ラヤ)は”大通り”、habis jalan(ハビス ジャラン)はハビスが”なくなる”だから”道が無くなる””もう、方法がない””いい考えがない””どうしようもない””noway”という意味になります。
  よく使うJalan-jalanは”道ー道”ですから、”ぶらりーぶらり”で”散歩”という意味です。どこへ行くの?(Mau ke mana?)何しているの?(Sedang apa?)などと声を掛けられて、邪魔臭い時は、Jalan-jalan saja(ジャランージャラン サジャ)、”ぶらぶらしているだけ”と応えればいい。
  Perjalanan(ブルジャラナン)は旅、旅行の意味。
  Terima kasih(テリマカシー)いわずと知れた”有難う”である。テリマは”受け取る”カシーは”気持ち”それもいとおしいとか愛情とか感謝の気持ちの意味。だから、”感謝の気持ちを受け取ってください”になる。
  Terima uang(テリマウアン)”お金を受け取る”。Terima barang(テリマバラン)”品物を受け取る”です。
  カシーの使い方は、Kasihan(カシハン)”気の毒””同情する”Kasih sayang(カシーサヤン)”好きな人(子供や思う人)をいとおしく思う”です。Saya cinta anda(サヤチンタアンダ)”私は貴方を愛します”と直接言うよりはるかに気が利いた愛情の言葉です。
  Terima kasihに対する返事は、Sama-sama(サマサマ)ですが、サマは”同じ”の意。だから、サマサマは”お互い様”ということです。他に、しゃれた返事は、Kembali kasih(クンバリ カシー)やkembali(クンバリ)だけを使う。”ありがとうをお返しします”という意味です。恋人同士や親しい同志はこっちの方が多い。

 ここで、インドネシア語の特徴を書いておきます。
 A 文字の二番目にあるe の発音は”う”と”え”の中間ですが、インドネシア人も人によってどちらかに近い発音をするので、日本人としては、話しているのを聞いて確認するしかない。Terimaは”え”Bekasi(ジャカルタの東の県名、ブカシ)は明らかに”う”である。だから、私は”う”の口で”え”と発音している。
 B rの発音は極端に巻き舌にし、る・・・・・とやって普通である。やらないと、rに聞こえないでlにしか聞こえないらしい。間違いを指摘されるでしょう。
 C nとmの違いもはっきりさせる事。Minta bon(ミンタ ボン)”請求書をください”とMinta bom(ミンタ ボン)”爆弾をください”ですが、大違いでしょ。日本人はどちらかというと爆弾の方に近く、口を最後閉じてしまうので、Bahaya(バハヤ)”危険””あぶない”と言われる。レストランで”爆弾をお願いします”、と言っているのだ。
 D 形容(修飾)詞は後ろへ並べる。(例外はある) 日本語や英語は”赤い屋根”だが、インドネシア語は”屋根赤い”というようにである。orang pintar(オラン ピンタール)”賢い人””上手な人”のように。
 E が行の発音は注意。文字の途中のgが二つ並んでいる場合、例えばMinggu(ミングー)”日曜日”やTinggal(ティンガル)”住む””残る”は鼻濁音である。文字の最後のgは聞こえない。
 場所の言い方は日本語によく似ているが、足りないところがある。
 これ、それ、あれ  ini, itu,(イニ、イトゥ)  インドネシア語に”あれ”がない。  ここ、そこ、あそこ  sini, situ, sana(シニ、シトゥ、サナ)だから、ina にしたら良いと思うのだがそうは言わない。ないのです。
 応用例は apa ini?apa itu?”これ何?それ何?” di sini, di situ、 di sana ”ここで、そこで、あそこで”です。
diは”〜で、〜の”の意味で、場所が〜に来る。私は写真の説明にホームページでよく使っています。
”私とあなた”は、教科書ではSaya(サヤ) dan Anda(アンダ)です。正しいのです。間違いではありません。使っていいのです。私も何時も使います。インドネシアの学校でもこの通り教えます。
  ところが、インドネシア人は、これらはほとんど使いません。特に若者は使いません。Aku(アク) dan Kamu(カム)、かKu(ク) dan
Mu(ム)です。もっと崩すと、Gue(グエ) dan Lo(ロー)です。男女の区別はありません。
   若者はAku cintai Mu(I love you)と囁くのです。インドネシアの歌の詩にも、映画でも、SayaやAndaはまったく耳にする事はありません。
 このホームページのTOPの一番上にSelamat datang bagaimana kabarnyaと書きました。Selamat datangについてはで触れています。Kabarについてはで触れています。それでは、bagaimana(バガイマナ)はどうでしょうか。”いかがですか””どうですか”です。Apa kabarに似ていますが、ちょっと、意味が違います。”なぜ””どうして”という意味に使われることがあります。それも、ちょっと丁寧に。名詞の後ろに付ける〜nyaは大変便利な、言い方です。日本語では”〜は”の意味です。ですから、バガイマナ カバールニャは”様子はいかがですか””ご機嫌いかがですか”です。Apa
kabarを丁寧に言っているのです。
  インドネシア人の会話の中に、nya(ニヤ)が一杯入ってきます。あまりに、ニャニャいうので聞いていて面白くなってしまう時があります。  
10 インドネシア語には省略が多い。最初Pa- Otaと呼ばれたとき、違和感が非常にあった。なぜ、パーパーと人のことを言うんだと。パーじゃないよ、俺は。Mr,Ota(太田さん)と言っているのは分かるがそれにしてもあまりいい気がしないままである。 Bapak(バパッ) pak(パッ) pa(パ)の順に省略している。これは男性でした。女性はIbu(イブ)です。略すとBu(ブ)になります。
  Terima kasih bapak(Ibu)を略すとカシパ、カシブとしか聞こえません。これでいいのです。テリマカシーバッパッなどといったら、いかにも外国人だし、堅苦しくてしょうがない。