My profile 01
こんな人、そんな人シリーズ 01
Next

こんな人シリーズ 3

1996年 インドネシアへ赴任した、というより、外国で始めて仕事をし始めた時の話。
一人で準備を仕切り、いよいよ、会社立ち上げのためのその社長と私を含めて7人の日本人が勇躍現地に乗り込んだ。
 その人は、トヨタのフィリピン工場など若い頃から海外工場の立上げを経験してきた人で、外国はなれたもの、だから、一緒の日本人の住処や生活ぶりも自分と同じようになれた人扱いで、最初から、田舎の方に安い住宅に住まわされたし、言葉についても、英語かインドネシア語で会議は仕切らされた。厳しい人だとは思ったが、私は現地になじむにはこの方が言いと賛成し、他の日本人に対しては、相談役、愚痴聞き役、手伝い役に自然になっていった。
 まだ、工場は影も形も無く、資材が転がっている中にプレハブの掘っ立て小屋25u部屋が二つあり、その一部屋にこもって、なにやら会議の連続だった。インドネシア人も8人くらいすでに入社していたが、座るところも無いくらいだった。、

そんな状況に中、飛び上がらされ、こういう人だったんだと、印象つけられる事件があった。
三浦という、経理担当の35歳くらいの若者が、皆と一緒に出社できなかっが、会議中、遅れて到着した。社長、いきなり、「今頃まで、何をしてたんだ」と大声で怒鳴った。皆、飛び上がった。本人「下痢で、おなかが痛くて、」といいかけたとたん、また「自己管理がなっとらん、そんなやつはインドネシアへ来るな」と訳の分からないことを言ってどなった。「すみません」で終わったが、この空気は一辺に凍ってしまった。
それ以後、何度も何度も、怒鳴り声は聞こえてきた。また、その時、怒られた本人も付いて怒りっぽい人だったことがしばらくして分かった。インドネシア人に対し、「なにやってんだ」とか「わかった?」「本当か?」「こんなこと、何でできないんだ」など、怒鳴り声がよく聞こえてきた。
 日本で社長をやっていた時はこういう人を目撃したり、直ぐ側でこういう風景を見たことが無かったので、こういうことが普通なのかなと驚きだった。
 
 滅茶苦茶怒りっぽい人、普段は温和な顔をしてニコニコしているが、ひとたびプッツンになると、是がまたすごい。突然大声を上げて怒り出す、周りは予測していれば飛び上がらないが、予測していないことが多いので、びくっと飛び上がってしまう。

話しを聞いていて、その内容によって、そろそろプッツンするかなと感じるように次第になってくる。そうなれば、そばにいる時は、顔を伺う。若干、おでこの筋が盛り上がってくる。そうなると引っ込むことはない。必ず、大声が発せられ、青筋の数が増え、太く出っ張る。ひとしきり大きな声が続き、だんだん収まってくるが、怒鳴られた相手はもう完全に萎縮してしまい。口を利けなくなる。私にも一度「余計なことをいうな」大声を上げたことがあった。「余計なこととは何事か」と怒鳴り返したのは私だけです。他の人は、勢いでも理屈でも負けるので、納得いかなくても引っ込むしかない。

その人はまた、海外での工場立ち上げの経験が豊富で、なんでも自分の言うとおりにやれば成功するんだという、仕事に自信を持っている。英語が達者。外国人に英語で怒鳴りつける。外国人も、意味が分からなくても、その勢いに飛び上がってしまう。

その人に、いつも怒られていた、日本人の若者で私は見込みがあると思っていた人は、怒られすぎて、登社拒否に、インドネシアでなってしまい。挙句は強行帰国をしてしまい。会社に居づらくなって、やめてしまった。その人がもし優しく指導していたら、今頃は、今の踏ん反り返りの仕事嫌いの社長の変わりに社長になっていたでしょう。人生とは人との巡り会わせで、大きく変わるものだと思う。

怒りっぽい人を見ると気の毒になります。人生が楽しくないのではないかと思う。体にもよくない、血圧も上がってしまうでしょう。周りにいやな雰囲気を与える。

あの人に会ってよかったと思われるようになるには怒りっぽくないことが第一条件だと思う。

こんな人シリーズ 4

一見普通の若者で、体つきはスポ−ツマンタイプ。しかし、話しが変なのです。こういう人を変な人といわないで、誰を変な人といえるでしょうか。普段、向うから話をしてくることはない若者で、話題がつかみにくい。でも、なんとか話しをしないと、仕事で他人と話しができないと思い、訓練のつもりで、私のほうから話しかける。

技術指導以前の問題である。

月曜の朝、出勤してきた若者に「昨日、何処かへ食事にでも行ったの?」と会話の口火を切った。「はい、鳥勝へ行ってきました」(鳥勝とはブロックMの中の日本食レストランだが、串物が評判)「どう、おいしかった?」と聞いた。「おいしかったです」と返事、「何が,おいしかったの?」と聞いた。「しゃぶしゃぶ」と答えた。そこで、私に?マークが灯った。「鳥勝にしゃぶしゃぶがあるの?」と聞いた。「丸福です」(同じブロックMでもちょっと離れた日本食レストラン、ここなら、しゃぶしゃぶはやっている)と言った。「じゃ、昨日丸福へ行ったの?」と聞く。「土曜日です」と答えが帰ってきた。私に??が点灯した。

気を取りなおして、「土曜日だれといったの?」「一人です」「一人で,よく行ったね、昨日は誰と行ったの?」と聞く。「Wさんと」と答えた。「Wさんは、何を食べたの?」と聞く。「しゃぶしゃぶを、一緒に食べました。」もう、私の頭はパニックになりそう。話をしていて、答えを予想します。しかし、予想が全く外れてしまうのです。思わず、笑ってしまいますが、本人は、どうして、私が笑うのか分からないから、また笑ってしまう。

この人の話は、嘘のような本当のはなしです。これからも話しの種が見つからない時は、つなぎに使います。

  どっちが気の毒?

                           2008年04月07日

ユッサさんに続いてウッペンさんもPT.KGSを辞めてしまった。原因は、明らかに、日本人があほだからです。疑い深くて、怒りやすい。仕事はしないで、責任をインドネシア人に押し付ける。良いところはまったくない。我慢強いインドネ シア人もこれにはついにこの会社を見捨てるしかない。二人とも積極的にやめた。半分は辞めさせられるように本人達が仕向けた。日本人はまんまと彼らの策略にはまっていった。冷静さを欠いて,思慮を欠いているから、どうしてもそうなってしまう。二人とも、移る場所は決っていて、給料はPT.KGSの1.5倍以上である。

1996年の会社立上げの時一緒にやってきたメンバーである。ひどいものである。次はY君が押しつぶされる。しかし、彼はいつでも止められるように準備を進めていることを日本人は疑っているが、証拠をつかんでいない。まったく、見当はずれの疑いしか出来ない。

PT.KGSの雰囲気は異常である。彼らの後を任された人の責任は重くなったが、給料は上がらない。だから、従業員全員が、他が見つかればいつでも辞めようと思っている。

仕事が出来る押出の連中も、勿論、全員がPT.AFMIに移りたいと思っている。私はできるだけ、彼らを救ってやろうと思っている。

同じ会社に日本人がもう一人いる、経理を担当しているが、これがまた、I君が散々、言いたいことを言って、怒鳴りつける。怒鳴っている本人は理解力が足りないが、怒られている方はこの人可哀想と思っている。また、周りのインドネシア人は、どちらの日本人も気の毒だと思っている。

I君とH君は日本へ帰ったら使い物にならないのは確実である。彼らと一緒に仕事をやろうと思う人はいないし、だれもが、相手にしたくない。その点では、I君とH君は大変気の毒である。せいぜい、インドネシアにいる間、好きなようにやって、優秀なインドネシア人を辞めさせて、色々な人を怒鳴りつけて、思うようにやったらいい。インドネシアを離れれば出来なくなるのだから。誰からも、受け入れられないのだから。彼らの後を継ぐ人は普通の人なら、やりやすいでしょう。今までがあまりにもひどかったから、普通なら歓迎されるからです。

Next