西武鉄道 列車

西武鉄道 歴史



利用者も、そうでない人も、『西武線』と言えば、
黄色い電車と言うイメージがあります。
関東私鉄電車は個性がなくなりつつありますが、
オリジナリティある個性ある黄色い電車は、
好感度も高いものとなっています。

ただ、近年登場した30000系列車については、
黄色い電車ではなく、やさしく、ソフトな電車がイメージされています。

『西武鉄道』についてはその姿が変わりつつあります。



101系

現在は『多摩川線』として利用されている通勤電車です。
運用されているのは、この区間だけで、
ワンマン対応工事がされています。



新101系

『国分寺線』などで用いられているものになります。
長編成版については301系を名乗っています。




3000系

『池袋線』『新宿線』などで使用されていますが、
他系列とは併結することができないという、
運用面に対しての制約があり、
8両編成の単独運用しかできません。




2000系

『西武鉄道』を代表とする車両で、
『新宿線』の主力車両とされています。

これが登場するまでは3扉車ばかりでしたが、
『新宿線』で乗降時間を短縮できる4扉車での製造となりました。



4000系

「飯能」〜「西武秩父」間専用車両で、
『秩父鉄道』への直通運転にも対応しています。
1編成が4両で組み上げられています。
トイレが設置され、座席シートはセミクロスシートとなっています。



9000系

『西武鉄道』の車両としては、
かなり典型的な姿とされています。
ですが、西武鉄道の通勤用車両としては、
最後に製造された黄色い電車とされています。



10000系

特急専用で用いられている車両で、
レッドアローなどと言われています。
特急の愛称として、“ちちぶ”と“むさし”があり、
特急はこの列車のみの運用とされています。



30000系

スマイルトレインという相性が付けられている、
『西武鉄道』のイメージをがらりと変える列車です。

“生まれたてのたまごのようなやさしく、やわらかなふくらみ”
というのはまさにその通りという姿の列車で、
外見のみならず、社内もモダンで落ちついた姿となっています。



トップへ
トップへ
戻る
戻る