西武鉄道 歴史



西武鉄道という会社
(西武グループ)

西武鉄道は西武グループとしてその活動を行っており、
鉄道事業に留まらない、各地での事業を行っています。

他社に比べると土地の買収が西武線沿線のみならず、
京急沿線や、房総、伊豆箱根地方にまで及びます。

証券取引法違反事件があり、
これが大きな打撃を受ける形になりましたが、
地元市民に密着した存在である『西武鉄道』は無くなるわけにはいかず、
グループの再編が行われる形になりました。
列車の運行自体は変わらずに行われています。


『西武鉄道』の歴史

『西武鉄道』の路線を見ると分かるように
池袋線系統と、新宿線系統の2つに分かれ、
これは元々は別々の路線でした。

池袋線系統の路線は、『武蔵野鉄道』、
新宿系統の路線は元を辿ると、『西武鉄道(旧)』の路線です。

『武蔵野鉄道』の鉄道免許所得は1911年で、
現在との『池袋線』の基盤となる、「池袋」〜「飯能」間が、
開業、1929年までには、
『豊島線』と『狭山線』が開業されています。


『西武鉄道(旧)』は、『川越鉄道』に始まります。
その後、『武蔵水電』に吸収合併され、
1921年には『西武軌道』が吸収合併され、
1922年に『西武鉄道(旧)』に社名が変更されています。


西武鉄道 列車
西武鉄道 列車

戻る
戻る