西武鉄道 西武園線

西武鉄道
『西武園線』

開業年 1930年(多摩湖鉄道 村山線として)延伸開業
路線距離
(営業キロ)
2.4km
軌間 1067mm
駅数 2駅(国分寺〜西武園)
複線・単線区間 全線単線
電化区間 全線(直流1500V架空電車線方式)
備考 通常は、「東村山」〜「西武園」間の、
2駅間の折り返し運行がありますが、
競輪の開催時には、『国分寺線』へ直通列車があります。

その路線の延伸の経緯には様々な軋轢がありましたが、
それは第二次大戦時に沈静化、
一時期大戦中には不要不急線とされましたが、
1948年に復活して、再びライバル会社としての、
競争が激化されました。

この路線が『村山線』から分離されて、
現在のような姿になったのは、1952年の話になります。


『西武鉄道』2000系電車
使用車両(西武鉄道)

●2000系
●20000系
●30000系

“黄色い電車”として知られる『西武鉄道』の車両群です。
この路線では2000系が主に使用されています。
20000系や30000系は『新宿線』直通列車のみの運行です。


駅名

東村山
西武園

運行は「東村山駅」〜「西武園駅」の、
折り返し運転が基本となっていますが、
『新宿線』に直通する運行もあります。

西武鉄道 西武園線01(東村山〜西武園)
西武鉄道 西武園線01(東村山〜西武園)


戻る
戻る