西武鉄道 多摩湖線

西武鉄道
『多摩湖線』

開業年 1928年(多摩湖鉄道 多摩湖線として)開業
路線距離
(営業キロ)
9.2km
軌間 1067mm
駅数 7駅(国分寺〜西武園)
複線・単線区間 全線単線
電化区間 全線(直流1500V架空電車線方式)
備考 元は、『多摩湖鉄道』が開業した路線を、
『西武鉄道』の前身『武蔵野鉄道』が合併した路線で、
複雑な路線の伸縮などが繰り返されています。

短距離路線の支線扱いながら、
「萩山駅」と「国分寺駅」の間の折り返し運転、
「西武遊園地」から『拝島線』の「小山駅」まで、
直通する運転の、二つの運転系統に分かれます。

全体的に駅のホームは短く4両編成しか入りません。


『西武鉄道』3000系電車
使用車両(西武鉄道)

●旧101系・新101系
●2000系・新2000系
●3000系
●20000系
●30000系

“黄色い電車”として知られる『西武鉄道』の車両群です。
「国分寺」〜「萩山」間ではおもに3000系が、
20000系や30000系は休日のみ、
「萩山」〜「西武遊園地」間のみで運用されます。


駅名

国分寺
一橋学園
青梅街道
萩山
八坂
武蔵大和
西武遊園地

運行は二系統あり、
「国分駅寺」〜「萩山駅」間と、
「萩山駅」〜「西武遊園地駅」間の二つがあります。
普通列車のみの運行です。
線内の折り返し運転だけでなく、
「西武遊園地」側からは、
「萩山駅」を通って、『拝島線』への直通運転をしています。

西武鉄道 多摩湖線01(国分寺〜一橋学園)
西武鉄道 多摩湖線01(国分寺〜一橋学園)


戻る
戻る