西武鉄道 新宿線

西武鉄道
『新宿線』

開業年 1894年(川越鉄道 川越線として)国分寺〜久米川駅間開業
路線距離
(営業キロ)
14.8km
軌間 1067mm
駅数 29駅(西武新宿〜本川越)
複線・単線区間 単線区間 脇田信号所〜本川越駅間
複線区間 西武新宿駅〜南大塚駅〜脇田信号所間
電化区間 全線(直流1500V架空電車線方式)
備考 『西武鉄道』の中核路線の一つとなっています。
新宿の都心とは若干離れた「西武新宿駅」から出発し、
小江戸として知られる「本川越駅」を通り、
道中は東京の住宅地の中を相互しています。

特徴としまして、全長15k以上の大手私鉄路線の中で、
唯一、地下鉄との相互乗り入れをしていません。

『新宿線』は多くの支線を持っており、
『拝島線』、『多摩湖線』、『西武園線』、
『国分寺線』、『池袋線』、『狭山線』に、
直通する運行があり、
複雑な路線図を持ちつつも乗り換えを必要としません。


『西武鉄道』30000系電車
使用車両(西武鉄道)

●30000系
●20000系
●10000系
●6000系
●3000系
●2000系・新2000系
●101系・301系

“黄色い電車”として知られる『西武鉄道』の車両群です。
『新宿線』は様々な路線と直通運行をしているために、
多様な列車が走行します。
一番新しい車両は30000系で、『拝島線』にも直通します。


駅名












西武新宿
高田馬場
下落合
中井
新井薬師前
沼袋
野方
都立家政
鷺ノ宮
下井草
井荻
上井草
上石神井
武蔵関
東伏見
西武柳沢
田無
花小金井
小平
久米川

線 






東村山
所沢
航空公園
新所沢
入曽
狭山市
新狭山
南大塚
本川越

多様な運行があり、それぞれに需要があります。
最速列車は「快速急行」で、全線に渡り運行します。

「通勤急行」は「本川越」「所沢」から「高田馬場」「西武新宿」に向かい、
通勤客を目的とした運行になります。

「拝島快速」はその名の通り、『拝島線』に直通する運行です。

「急行」は終日、『拝島線』直通は朝夕に運行されます。

「準急」は早朝と、平日朝ラッシュ時と日中、終電前の運行のみです。

「各停」は各駅の運行となっており、全線を運転する列車の他、
区間列車と『国分寺線』直通の運行があります。

西武鉄道 新宿線01(西武新宿〜高田馬場)
西武鉄道 新宿線01(西武新宿〜高田馬場)



戻る
戻る