電磁波等による犯罪について <1>
 

                   目次
                         1.トップページの過去の「News」のまとめ
                         2
.「あらゆる架空の状況の仕立て上げ・演出」被害の
                                主なトリックと確認方法

                         3.
人工知能にプログラミングした
                                    
★人間脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★
                         4.リンク集
                         5
.HP素材のリンク集 


 


 .トップページの過去の「News」のまとめ

※14.<2009年7月8日(水)>

被害者の方から頂いた情報です。情報ありがとうございます。

● <「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも>WIRED NEWS 2009年7月 6日
http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html

※13.<2008年10月 6日 (月)>

被害者の方から情報を頂きました。情報ありがとうございます。

書籍
「米国の最先端脳科学が人類と戦争をこう変える!『マインド・ウォーズ 操作される脳』」http://ascii.jp/elem/000/000/174/174580/

以下はサイト文です。

内容

近未来 脳科学で、恐怖や眠気を感じない人間、自分で急激に傷を治せる人間が生まれ、他人をロボットのように操作できる!?

 本書では、思考を読み取る技術、薬物や電子的な手段による兵士の能力増強、脳から直接マシンに命令を送るシステム、脳に致命的なダメージを与える薬物を搭載したウイルス、敵を殺さずに無力化する化学物質など、米国防総省国防高等研究計画局(DARPA/ダーパ)が研究する先端脳科学についてわかりやすく解説する。

 先端脳科学を使えば、(1)相手の思考を読み取る、(2)思考だけで物を動かす、(3)記憶をすべて完全に残す、(4)恐怖や怒りや眠気を感じなくする、(5)外気に合わせて体温を変動させて冬眠する、(6)炭水化物型代謝を脂肪分解型代謝に切り替えてダイエットする、(7)傷を急激に治す自己治癒力を高める、(8)他人をロボットのように自在に操作する――といったことが近未来に実現する!? 驚くべき、最先端・脳科学の真実!! これは、SFではない!!

 “米軍が、正常な生物学的パターンに手を加えて戦闘用に改変しようと考えるのは、今にはじまったことではない。DARPAは最近、兵士の能力増強に関心をもっている。睡眠だけでなく食物なしでも活動可能な兵士を目指し、さらに自分で傷を治す兵士までも構想しているのだ。「代謝優勢(メタボリック・ドミナンス)」というプロジェクトがあって、「栄養補助食品」の開発を目指している。栄養価が高く、兵士の耐久性を大幅に向上させるピルをつくろうとしているのだ。”(本文より)

※12.<2008年4月8日(火)>

月刊誌『選択』4月号に

軍事転用される「電磁波」の恐怖 −人の心も通信も操る「非殺傷兵器」

というタイトルの記事が2ページ掲載されています。

デルガド博士の研究やモスクワシグナルやハープについて書かれています。

月刊誌『選択』とは
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281679590

以下の方々が愛読しているようです。

「小泉純一郎 (前首相・衆議院議員)」「福原義春 (株式会社資生堂 名誉会長)」「山口信夫 (旭化成株式会社 代表取締役会長)」「奥田 碩 (トヨタ自動車株式会社 取締役相談役)」「丹羽宇一郎 (伊藤忠商事株式会社 代表取締役会長)」「加藤 寛 (千葉商科大学名誉学長・慶応義塾大学名誉教授)」「内田健三 (政治評論家) 」「立花 隆 (ジャーナリスト・評論家) 」「筑紫哲也 (ジャーナリスト)」「椎名 誠 (作家)」

デルガド博士の研究とは
心の物理的コントロール
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/d_mind.html

モスクワシグナルとは
http://homepage3.nifty.com/~bemsj/RF6.htm

ハープ(HAARP)とは
http://www.haarp.alaska.edu/

 アラスカにある高周波活性オーロラ調査プログラム施設
 HAARP(High Frequency Active Auroral Research Program, 略称:HAARP)

 表向きはオーロラ調査施設であるが、実は軍事施設であり、気象操作・地震操作・マイン
 ドコントロールを地球の広範囲な規模で行える施設であるという説が多い。

※11.<2007年9月16日(日)>

1.仕事をしながら時々 ●blog「電磁波等による犯罪のトリック・情報・他」に投稿するだけで精一杯であること。

2.「1」のブログさえもカテゴリーなど整理できていないこと。

3.このホームページもまだ更新すべきところあること。

これらの理由から、どれ程書けるか分かりませんが
「1」のブログにもマインドコントロール被害についてたくさん書いてあるものの、「1」のブログに更に追加すると投稿数が増え読みにくくなることが考えられますので、少しでも参考にしていただくために、「マインドコントロール被害」については、以後ブログを分けた方がよい内容についてはブログを分けて書いてみることにしました。

投稿を続けているうちに、ブログを1つにまとめた方がいい、あるいは、1つにまとめても大丈夫であろうと判断した場合には1つにまとめたいと思います。

新しいブログ
「主にマインドコントロール被害について」
http://plaza.rakuten.co.jp/cosmos22aa/

※10.<2007年6月25日 (月)>

テクノロジー犯罪被害者ネットワークのHP

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/Forum.html

に以前よりお知らせしてありますが

テクノロジー犯罪被害フォーラムを開催致します。

日時:2007年8月6日(月)午前10時から午後7時まで
会場:日本橋公会堂 ホール
住所:東京都中央区蛎殻町1丁目31番1号

皆様万障繰り合わせの上、是非ご参加ください!

下のリンクはパンフレットの表と裏です。

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/image/070621omote.jpg

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/image/070619ura.jpg

※9.<2007年3月24日(土)>

「テクノロジー犯罪被害者ネットワーク」の「NPO設立総会」が本日開催され、全議案可決成立し、滞りなく終了したことをご報告致します。

今後申請、認可の手続きがあるそうですが、無事認可されることを切に願うのみです。

※8.<2006年10月16日(月)>

9月23日と28日に報告していただいたのですが、遅ればせながら 「1.音声送信の録音方法」についての日本音響研究所の解析結果をHPに掲載しました。

※7.<2006年9月4日(月)>

被害者の方から情報を頂きました。

2005年10月の[日本犯罪社会学界]第32回大会において[超音波等電気通信技術を悪用した組織犯罪]というテーマの発表がありました。日本犯罪社会学界の事務局に電話をすると
http://hansha.daishodai.ac.jp/index.html
[日本犯罪社会学会 第32回大会報告要旨集 2005]を入手できるとのことです。

※6.<2006年6月27日(火)>

ある被害者の方から「音声送信の録音方法」の情報を頂きましたのでご本人のご了解を得て私のHPに掲載致します。お忙しい中を3回に分けてメールを頂きました。録音方法だけでなく、ご本人の熱意、誠意、配慮が感じられる文もコピーさせていただきました。

※5.<2005年9月25日>

2005年9月21日、22日に探知をして頂きました。

「オシロスコープ ・・・ アンテナをくっつけると、電波の波形が取れる。パソコンに記録できるデジタルオシロ。FFT付きもあり。」で何らかの異常波(低周波)
また、「・計測器(LA310とWA300HとRT-573S) ・・・ 電磁波の方向を検知できるアンテナとセットのもの。広域の電波を検索できるもの。」で探知機の周波数カウンターが小刻みに上下し続けるという異常な状態と指向性アンテナで電波の来る方向が南方からであること
「・配線チェック機器 ・・・ 家に通電しているか調べることができる。」で通電していないはずの空中でも反応すること
「・方位磁石 ・・・ 電流が流れると磁場が発生するから(電磁誘導)方位が狂う。」では常時南北正反対になっていました。

これらをビデオカメラとデジタルカメラで撮影し、それぞれをビデオテープとDVDに録画保存して頂きました。

ところが、探知終了後自分で方位磁石を買ってきたら、常時南北を正しく示しています。

「探知機の周波数カウンターが小刻みに上下し続けるという異常な状態」も犯人が探知の邪魔をしていることが考えられるそうですが、「探知中は方位磁石が常時南北正反対になっていました。ところが、探知終了後自分で方位磁石を買ってきたら、常時南北を正しく示しています。」も探知中の犯人達の作為的な行為でしょう。

※4.<2005年5月13日(金)>

5月12日(木)
「財団法人テレコムエンジニアリングセンターにおいて電磁波遮蔽空間での状況変化の調査および技術者との話し合い」に行ってきました。

・午後1時より2時まで 電波暗室体験(30MHZ〜1GHZ遮断)
・午後2時より3時まで シールドルーム体験(9KHZ〜30MHZ遮断)
・午後3時より4時ごろまで技術者との話し合い

会からは25人の参加。
電波暗室(30MHZ〜1GHZ遮断)内でも幻聴が持続していると訴えている人が数人いました。
シールドルーム(9KHZ〜30MHZ遮断)内では挙手して確認したところ約半数の人達が幻聴が持続していました。
電波暗室内では挙手をして人数を確認していません。
下記の3つはテレコムエンジニアリングセンターでは遮断できないそうです。

・この遮断周波数以外の周波数での攻撃。
・磁気攻撃(財団法人テレコムエンジニアリングセンターには磁界用シールドルームはないそうです。)
・超音波攻撃

体調の変化のアンケートを全員にとりました。
質疑応答もありましたので詳細は会のHPの報告ページ
http://www2u.biglobe.ne.jp/~mcva-jp/05ho_2005TL.html
を読んでください。

以下はこの結果報告に対する私の考えです。

「マインド・コントロール用語集」
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/terms.htm
にこう書いてありました。

『ELF: extra low frequencyの略。超低周波(3ヘルツから3000ヘルツまでの電磁波)。電磁波兵器、マインド・コントロールなどに使用されるものの中で最も主要な周波数帯。人間の脳波もELF波である。』

1 キロヘルツ (kHz ) は 1 000 Hz
1 メガヘルツ ( MHz )は 1 000 000 Hz
1 ギガヘルツ (GHz ) は 1 000 000 000 Hz

ですから

『・午後1時より2時まで 電波暗室(正式名称「電波無反射室」)体験(30MHZ〜1GHZ遮断)
・午後2時より3時まで シールドルーム(正式名称「伝導性妨害波測定室」)体験(9KHZ〜30MHZ遮断)』

では、人間の脳波でもあるELF波<超低周波(3ヘルツから3000ヘルツまでの電磁波)>は

『下記の3つはテレコムエンジニアリングセンターでは遮断できないそうです。

・この遮断周波数以外の周波数での攻撃。』

だったという結論になります。

言い換えると
電波暗室(正式名称「電波無反射室」)体験(30MHZ〜1GHZ遮断)でも
電磁波シールドルーム(正式名称「伝導性妨害波測定室」)体験(9KHZ〜30MHZ遮断)でも
そのどちらにおいても
人間の脳波であるELF波<超低周波(3ヘルツから3000ヘルツまでの電磁波)>を攻撃する電磁波は減衰も遮断も全く出来ない。

減衰した被害者も、被害が増強した被害者も、犯人達が意図的に減衰・増強させた。もちろん「変わらない。」という結果になっても当然であると言うことが出来ると思います。

ちなみに、2つの室内で減衰及び増強、変化無しと答えた被害は
咳の誘発などの身体攻撃を含めて、全部脳の操作だけで可能な被害だけです。
(「脳幹反射:対光、角膜、毛様体脊髄、眼球頭、前庭、咽頭、咳反射」)

※3.<2005年4月16日 (土)>

4月15日(金)、国会前の参議院議員会館へ行き、被害者の会で行政機関へ訴えてきました。

省庁側からは、警察庁刑事局捜査第一課、警察庁生活安全課、警察庁国会連絡室、総務省の電波環境課、総務省生体電磁環境係、法務省の刑事局刑事課2名、法務省大臣官房秘書課、環境省環境安全課の9名、被害者の会からは27名出席しました。

省庁の方々には事前に
  月刊誌「GYROS(ジャイロス)」 12号  
      勉誠出版  2005年3月10日発売
      テーマ  「治安崩壊」
      タイトル 「見えないテクノロジーによる組織犯罪」
      執筆  被害者の会 責任者 石橋輝勝
を読んできて頂き、アンケート結果を説明、11項目の要望書と署名を提出しました。

※2.<2005年3月1日>

月刊誌「GYROS(ジャイロス)」 12号  勉誠出版 2005年3月10日発売
  テーマ  「治安崩壊」
  タイトル 「見えないテクノロジーによる組織犯罪」
    執筆  被害者の会 責任者 石橋輝勝

※1.<2005年1月14日>

書店で販売されている月刊「ムー」2月号に「マインド・コントロール兵器の恐怖」という記事が掲載されています。

チェリル・ウェルシュさんの被害例や、電磁兵器開発についての総まとめになっています。

 


 2.「あらゆる架空の状況の仕立て上げ・演出」被害の
                            主なトリックと確認方法ほか

〔機「架空の状況の仕立て上げ・演出」の被害例と主なトリック

(1)「この犯罪による多くの架空の状況の仕立て上げ・演出」の被害例です。

私の場合は被害を自覚した2001(H13)年5月から2002(H14)年12月までの1年8ヵ月間、一部は2003(H15)年2月までの1年10ヵ月間、以下のような10種類の【実際にはそのような状況は無いのに有るかのように、現実には無い架空の色々な状況】を演出され、仕立て上げられるという被害に遭いました。しかし、2002(H14)年12月に(一部は2003(H15)年2月に)「それぞれのトリックや、それらに共通するトリック」に気付いた以後はその10種の架空の状況の被害は無くなりました。

 嵋織廛蹈丱ぅ世侶納板のみんなが自分のプライバシーを知っていてほのめかしたり自分を攻撃しているかのような仕立て上げ」

◆屮汽ぅ弌璽好函璽ーがいて、その人が掲示板で自分のことを仄めかしたり自分を攻撃しているかのような仕立て上げ」

「職場や近所や自宅に来るセールスや業者など、周囲のみんながネットでの自分の出来事を知っていてほのめかしたり攻撃しているかのような仕立て上げ」

ぁ崕献好箸冒い、周囲のみんなが自分の事をほのめかしたり自分を攻撃しているかのような仕立て上げ」

ァ崚霙梓錣篥雹カメラがあり周囲のみんなが我が家のことを知っていてほのめかしたり攻撃しているかのような仕立て上げ」

Α峅搬欧篌囲の人達が自分のこの犯罪被害に遭っているという状況を知っていて、ほのめかしや攻撃をしているかのような仕立て上げ」

А屮汽肇薀譴砲覆蠎囲の人達が自分の思考を知っていてほのめかしたり攻撃しているかのような仕立て上げ」

─崚霙梓錣篥雹カメラを取り付けたのは家族であり、自分達はそれを知り、教えるためにまた全部私と我が家のために良かれと考えてしていることであるかのような仕立て上げ」

「マスコミ・有名人・TV番組までもが自分のプライバシーを知っていてほのめかしたり自分を攻撃しているかのような仕立て上げ」

「サイバーストーカーが引っ越してきて、職場の外注清掃業者になりすまし、職場の外注清掃業者全員が犯人であり、清掃業者のリーダーが主犯格であるかのような仕立て上げ」

(2)「この犯罪による多くの架空の状況の仕立て上げ・演出」被害に共通するトリックです。

この犯罪機器はターゲットの周囲の人達を思考・感情(表情も)・行動(視線も態度も言葉も)のマインドコントロールして、ターゲットの周囲の人達に被害者自身
や被害者の言動・思考に反応しているかのような表情・態度・仕草をさせたり、言わせたり行動させることが出来る。
犯人の意図した表情・態度・仕草をさせたり、言わせたり行動させることが出来る。)
また、被害者あるいは双方をマインドコントロールして、タイミング良く出くわすなど、その人が被害者自身や被害者の言動・思考に反応していると確信して当然なほどの出来事を毎日引き起こすことができる。

△泙拭⊆囲の人達が何かを言っている行動だけは本物でも、内容は被害者や被害者の家庭の中でのことを知っている、言っている、反応しているような音声送信をする事が出来る。(人物の映像は本物でも音声内容が架空のものである場合。)

周囲の人達の日常の労作をしている音量だけを大きく被害者に聞こえさせ、辛辣で乱暴な態度を周囲の人達に取られたと被害者に勘違いさせることが出来る。

い△蠅發靴覆げ擦篝爾鯀信することが出来る。
(誰も被害者について反応したり言ったりしていないのに、言っているような声と内容を送信することができる。声は家族・知人・有名人ほか老若男女どんな声色でも送信できる。また、被害者に反応しているかのような架空の多種の音色の音を送信することができる。音声送信は声色・音色だけではなく、距離感覚・位置感覚・方向感覚・音量をどのようにでも感じさせることが出来る。)

イ泙拭⊆囲の人達は本物でも、服装、持ち物、表情、態度等だけでなく人相(実は別人)までもが被害者に反応しているかのような架空の映像を送信することが出来る。

更に、誰かが(複数でも)何かを言っているような行動の映像を見せ、言っている内容も音声送信であるという状態も作ることができる。(人物の映像も音声も架空である場合。)

Г修靴董何よりも当人の被害者をマインド・コントロールして、他の原因や理由による事も、自然な出来事も、ありがちな出来事も、とにかく周囲の出来事全てを「自分のことである」「集ストである」「自分に対する加害行為である」「この犯罪によるものある」と、すべてそれらに結びつけて(すべてそれに関係付けて)考えさせることが出来る能力を持っているとわかった時点から、その被害は無くなりました。

(3)上記の「この犯罪によるあらゆる仕立て上げ・演出」に共通するトリックを「この犯罪によるサトラレの仕立て上げ方」に表現を変えると↓こうなります。

,海糧反傭はターゲットの周囲の人達を思考・感情(表情も)・行動(視線も態度も言葉も)のマインドコントロールして、ターゲットの周囲の人達にターゲットの思考が伝わって反応しているかのような表情・態度・仕草をさせたり、言わせたり行動させることが出来る。ターゲットの思考が伝わって
反応していると確信して当然なほどの出来事を毎日引き起こすことができる。

△泙拭⊆囲の人達が何かを言っている行動だけは本物でも、内容はターゲットの思考について言ったり反応したりしているような幻聴を起こす事が出来る。(人物の映像は本物でも音声が架空のものである場合。)

周囲の人達の日常の労作をしている音量だけを大きく被害者に聞こえさせ、ターゲットの思考に合わせて辛辣で乱暴な態度を取られたと勘違いさせることが出来る。

い△蠅發靴覆げ擦篝爾鯀信することが出来る。
(誰も被害者の思考に反応したり言ったりしていないのに、言っているような声と内容を送信することができる。声は家族・知人・有名人ほか老若男女どんな声色でも送信できる。また、被害者の思考に反応しているかのような架空の多種の音色の音を送信することができる。音声送信は声色・音色だけではなく、距離感覚・位置感覚・方向感覚・音量をどのようにでも感じさせることが出来る。)

イ泙拭⊆囲の人達は本物でも、服装、持ち物、表情、態度等だけでなく人相(実は別人)までもが被害者の思考に反応しているかのような架空の映像を送信することが出来る。

更に、誰かが(複数でも)被害者の思考について何かを言っているような行動の映像を見せ、言っている内容も音声送信であるという状態も作ることができる。(人物の映像も音声も架空である場合。)

そして、何よりも当人の被害者をマインド・コントロールして、他の原因や理由による事も、自然な出来事も、ありがちな出来事も、とにかく周囲の出来事全てを「自分の思考についてである。」「自分の思考に関係ある。」「自分のことである。」と、すべてそれらに結びつけて(すべてそれに関係付けて)考えさせることが出来る能力を持っているとわかった時点から、その被害は無くなりました。

また「この犯罪によるサトラレの仕立て上げ方」であるトリックのページ<100>〜<104>も参考にして下さい。

(4)「この犯罪による集ストの仕立て上げ方」に表現を変えると↓こうなります。集ストの場合だけトリック,らГ烹街猝楞やし10項目にします。

,海糧蛤瓩枠鏗下圓亮囲の人達を思考・感情(表情も)・行動(視線も態度も言葉も)のマインドコントロールして、被害者の周囲の人達が集ストの犯人であるかのような表情・態度・仕草をさせたり、言わせたり行動させることが出来る。また、被害者あるいは双方をマインドコントロールして、タイミング良く出くわすなど、その人を集ストの犯人と確信して当然なほどの出来事を毎日引き起こすことができる。

△泙拭⊆囲の人達が何かを言っている行動だけは本物でも、内容は被害者や被害者の家庭の中でのことを知っている、言っている、反応しているような音声送信をする事が出来る。(人物の映像は本物でも音声内容が架空のものである場合。)

周囲の人達の日常の労作をしている音量だけを大きく被害者に聞こえさせ、辛辣で乱暴な態度を周囲の人達に取られたと被害者に勘違いさせることが出来る。

い△蠅發靴覆げ擦篝爾鯀信することが出来る。
(誰も被害者について反応したり言ったりしていないのに、言っているような声と内容を送信することができる。声は家族・知人・有名人ほか老若男女どんな声色でも送信できる。また、被害者に反応しているかのような架空の多種の音色の音を送信することができる。音声送信は声色・音色だけではなく、距離感覚・位置感覚・方向感覚・音量をどのようにでも感じさせることが出来る。)

イ泙拭⊆囲の人達は本物でも、服装、持ち物、表情、態度等だけでなく人相(実は別人)までもが被害者に反応しているかのような架空の映像を送信することが出来る。

更に、誰かが(複数でも)何かを言っているような行動の映像を見せ、言っている内容も音声送信であるという状態も作ることができる。(人物の映像も音声も架空である場合。)
不自然なほどのヘリコプターの数や追尾等の被害例ほかも、この「映像も音声も架空である場合」に含まれる。

А屮好廛譟爾鬚けられたような音と異臭」「食べ物に異物を混入されたような苦味、異様な味」「部屋の天井からの白いガスと異臭」「自分の誕生日・電話番号・キャッシュカードの暗証番号と同じ等、奇異な共通点を感じる車のナンバープレート」等の視覚・聴覚・味覚・嗅覚の幻覚、ほか触覚(体性知覚)の幻覚も含めて五感全部の幻覚を最先端のテクノロジーで遠隔から人為的につくることができる。

─峅搬霓入されたような留守中の家の中の物の散乱・移動」「家宅侵入されたような留守中の家の中の傷・穴」など、物体を傷つける、穴をあける、散乱・移動させることが遠隔からできる。


(a)本来は被害者が移動した物であるが、移動したという記憶を消去して「私は移動していないのにこんなところにある。誰が置いたのだろう。」という状況を作る。
(b)また、本来は被害者がその場所に移動した物であるが、記憶をすり替え「別の場所に置いたはずなのになぜこんなところにあるのだろう。誰が移動したのだろう。」という状況を作る。
(c)あるいは、本来は元々そこにあったものを、記憶をすり替え「いつもよく置いている別の場所にあったはず。誰が移動したのだろう。」という状況を作る。
以上のような方法で「記憶の消去」や「記憶のすり替え」により、家宅侵入されて家の中の物が移動したかのような状況を作ることができる。

そして、何よりも当人の被害者をマインド・コントロールして、他の原因や理由による事も、自然な出来事も、ありがちな出来事も、とにかく周囲の出来事全てを「自分のことである」「集ストである」「自分に対する加害行為である」「この犯罪によるものある」と、すべてそれらに結びつけて(すべてそれに関係付けて)考えさせることが出来る能力を持っているとわかった時点から、その被害は無くなりました。

トリックのブログの
<130> 「近隣トラブルであるかのような状況」の仕立て上げ方法の1つ
<151> 犯人達の思い通りの時間に出かけさせる方法 (1)
<152> 犯人達の思い通りの時間に出かけさせる方法 (2)
<160> この犯罪による嗅覚・味覚の送信例
<161> 「ガスライティング」テクニックによる所有物のわずかな破壊、家具の移動、食物の一部破棄、他
<162> 遠隔犯罪による「集ストの仕立て上げ方法」の多くの種類
<163> 「ガスライティング」テクニックについて詳しいサイト
も「この犯罪による集ストの仕立て上げ方」です。

〔供この犯罪による多くの「仕立て上げ・演出」の確認方法

(1)「盗聴器や盗撮カメラがあり周囲のみんなが我が家のことを知っていてほのめかしたり攻撃しているかのような仕立て上げ」の確認方法。

  トリックのブログ
<53> 「盗撮カメラや盗聴器があるかのような状況の仕立て上げ」を見破る確認方法

(2)家族が盗聴器やカメラを付けたかのような状況の確認方法。

  トリックのブログ
<54> 「家族が盗聴器やカメラを付けたかのような状況の仕立て上げ」を見破る確認方法

(3)周囲の多くの人が私の掲示板での状況、サイバーストーカーにあっていること、それに関連した日々の状況を知っているかのような状態の確認方法。

  トリックのブログ
<55> 「周囲の多くの人が私の掲示板での状況、サイバーストーカーにあっていること、それに関連した日々の状況を知っているかのような状態の仕立て上げ」を見破る確認方法

(4)サイバーストーカーが引っ越してきて職場の外注のビル清掃業者になったかのような仕立て上げの確認方法。

  トリックのブログ
<57> 「サイバーストーカーが引っ越してきて職場の外注のビル清掃業者になったかのような状況の仕立て上げ」を見破る確認方法 (1)
<58> 「サイバーストーカーが引っ越してきて職場の外注のビル清掃業者になったかのような状況の仕立て上げ」を見破る確認方法 (2)

(5)掲示板上の特定の人がサイバーストーカーであるかのような仕立て上げの確認方法。

  トリックのブログ
<59> 「掲示板上の特定の人がサイバーストーカーであるかのような状況の仕立て上げ」を見破る確認方法

(6)ある日突然「サトラレ」になったかのような状況の確認方法。

  トリックのブログ
<60> 「ある日突然【サトラレ】になったかのような状況の仕立て上げ」を見破る確認方法を参考にして下さい。

〔掘この犯罪は【五感全部の幻覚】をつくることが出来ます。

これについての私の被害例はトリックのブログ
<160> この犯罪による嗅覚・味覚の送信例に書いてあります。
また
<161> 「ガスライティング」テクニックによる所有物のわずかな破壊、家具の移動、食物の一部破棄、他
<162> 遠隔犯罪による「集ストの仕立て上げ方法」の多くの種類
<163> 「ガスライティング」テクニックについて詳しいサイトを参考にして下さい。

〔検マインドコントロール

トリックのブログの
<132>
<144>
<146>
<168> 被害者とのやり取りさえも全部自作自演の独り芝居になる
<169> 効果がないときにこの犯人達が取る常套手段
<179> 一見思考盗聴した結果可能であるようにみえるけれど、本当は思考盗聴した結果ではないこと(しなくても可能なこと)、その一例
を参考にして下さい。マインドコントロールについてはほかにトリックのページ各所にあります。

〔后被害者間の分断について

これでも一部でしょうけれど、トリックのブログの
<43> 被害者をあらゆる方法で孤立させる、その理由。
<44> 被害者を孤立させる理由 (2)
<45> 被害者の分断と方法
<79> ネガティブ思考や感情の発生と増幅による人間関係の破壊
<80> 「全部自然で当然な事である。」正反対に「全部この犯罪によるものである。」と考えさせるマインドコントロール
<82> 気配や感覚のマインドコントロール
<84> 記憶の消去・想起・抽出・注入、思考の抑制・停止・発生・活性化・混乱・誤作動 (2)
<90>
<139> 人間関係の破壊方法、被害者の分断方法
を参考にしてください。

 


 3.人工知能にプログラミングした
           
★人間脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★

未完成。

「脳の高次機能」に関するサイト
脳の高次機能システム
脳の高次機能

「人間の脳の高次機能」とは、簡単に表現すると、脳の機能の中でも、知識・思考や推論・意志や判断をもっておこなう行動・喜怒哀楽の感情や情動・記憶・言語・認知等の機能のことです。

この犯罪は、被害者の脳の高次機能である知識・
思考や推論・意志をもっておこなう行動・喜怒哀楽の感情や情動・記憶・言語・認知等の機能を利用してどのようにでも編集・変換・設定させることもできます。

この犯罪に使われている電磁波機器は、ある一定の条件の人間の思考のカテゴリー・感情のカテゴリー・考えた言葉や発した言葉に対して、ある一定の犯人の意図した思考や感情や言葉を設定することができるということです。

★<条件設定>人間の思考のカテゴリー・感情のカテゴリー・考えた言葉や発した言葉に           対して
★<反応設定>犯人の意図した思考や感情や言葉を設定する。

という状態です。これは人工知能にマインド・プログラミングをして、その人工知能の機能を搭載したニューロフォンと被害者の脳を遠隔でインターフェイスすると可能です。

ブレイン・マシン・インタフェース(Brain-machine Interface : BMI)
:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『ブレイン・マシン・インタフェース(Brain-machine Interface : BMI)とは、マンマシンインターフェースの一種で、脳の神経ネットワークでの活動を電気信号としてケーブルやインターネットを介してコンピュータに入力したり、逆にコンピュータの情報を脳に入力したりするインターフェースである。脳コンピュータインタフェース(Brain-computer Interface : BCI)とも言う。』

<条件設定>周囲の人達の表情・視線・態度も含む言動全てを、他の原因や理由による
         事も、自然な出来事も、ありがちな出来事も、
見るもの聞くものとにかく周囲
                   の出来事全てを

<反応設定>集団ストーカー被害に結びつけて考えてしまうように設定する。

<条件設定>見るもの聞くものに周囲の人や物事・出来事を
<反応設定>「思考伝播(サトラレ)」に結びつけて考えてしまうような思考回路に設定する。

<条件設定>見るもの聞くものに、周囲の人や物事・出来事を
<反応設定>「否定的・消極的、悪い方向に考えるように、人の言動も悪意があるという考
                   え」に結びつけてしまうように設定する。

<条件設定>見るもの聞くもの、性的な意味も無いわけではない事を見聞きすると
<反応設定>「卑猥なこと」に結びつけて考えてしまうような思考回路に設定する。

<条件設定>(被害者によっては)被害者の身の上に何か良いことがあったときや周囲の
         物事・出来事を
<反応設定>「この犯人がしてくれた。」「犯人が遠隔操作で何か自分にとって良いことをし
         てくれたという考え」に結びつけてしまうように設定する。

<条件設定>体の不調があったときや自分や自分の周囲に嫌なこと不幸なことがあったと
         き、事件や事故すべてを
<反応設定>「この犯罪のしわざ」「この犯罪によるものかもしれない。」と必ず結びつけて
        考えてしまうように設定する。

<条件設定>被害者の思考や言動に対して
<反応設定>被害者の思考・言動に反応しているかのような特定の内容の音声を設定し
         送信する。だから、ワンパターン言葉の音声送信が多い。

<条件設定>被害者の思考や言動に対して
<反応設定>被害者の思考・言動に反応しているかのように設定された内容の思考の送
         信する。だから、ワンパターン言葉の思考の送信が多い。

<条件設定>被害者の思考や言動に対して
<反応設定>あからさまに被害者の思考とは違う言葉や正反対の意味の言葉をテレパシ
         ーのように思考の送信をする。
  (例えば
  <条件設定>この犯罪に対して何かをしようとすると
  <反応設定>その思考に対して「させて頂きますね。」という謙譲の言葉や敬語を付随さ
           せる。
  <条件設定>不幸な事件や事故を見聞きしたときに
  <反応設定>「ざまあみろ」という言葉(思考)を付随させる。
  <条件設定>被害者の身の上に何か良いことがあったとき
  <反応設定> 「しめしめ」という言葉(思考)を付随させる。
  <条件設定>他人の幸せな状況を見聞きしたときに
  <反応設定> 「堕ちればいい。」という言葉(思考)を付随させる。)

≪関連サイト≫

あらゆる個人情報を記録する米国防総省の新プロジェクト

米国防総省の『ライフログ』プロジェクト、真の目的は人工知能構築

脳とコンピューターを直結するインターフェースが現実に

進化する「脳−コンピューター直結インターフェース」

人の感情や能力を常時監視するシステム

読解と推論ができる人工知能

「人間の脳を凌ぐ」スーパーコンピューター、IBMが受注

人間的な認知能力でユーザーをサポートする人工知能プロジェクト

ニューロフォン(神経通信)

≪ブログ内の関連投稿≫

<244> ★脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★ (1)

<245> ★脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★ (2)

<246> ★脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★に何故気付いたか。(1)

<247> ★脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★に何故気付いたか。(2)

<248> ★脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★に何故気付いたか。(3)

<249> ★脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★に何故気付いたか。(4)

<250> ★脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★に何故気付いたか。(5)

 


 4.リンク集

 <犯罪被害であると考える理由>

HP「きまぐれファイル」のページの1つです。 
 <電磁波系被害 傾向と対策>

同上



 

 5.HP素材のリンク集