仏像

仏像
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs
仏像

仏像/あーがいる・ろばーとそんしょうこうぐん アーガイル・ロバートソン症候群 名詞
仏像/あーがめいと アーガメイト 固有名詞
仏像/あーがめいとぜりー アーガメイトゼリー 固有名詞
仏像/あーきん アーキン 固有名詞
仏像/あーきんじょう アーキン錠 固有名詞
仏像/あーすこぐしょうこうぐん アースコグ症候群 名詞
仏像/あーすれなん アースレナン 固有名詞
仏像/あーすれなんざざい アースレナン坐剤 固有名詞
仏像/あーちすと アーチスト 固有名詞
仏像/あーちすとじょう アーチスト錠 固有名詞
仏像/あーちふぁくと アーチファクト 名詞
仏像/あーちめんと アーチメント 固有名詞
仏像/あーちめんとじょう アーチメント錠 固有名詞
仏像/あーつぇー アーツェー 固有名詞
仏像/あーつぇーさん アーツェー散 固有名詞
仏像/あーでふぃりん アーデフィリン 固有名詞
仏像/あーてん アーテン 固有名詞
仏像/あーてんさん アーテン散 固有名詞
仏像/あーのるど・きありきけい アーノルド・キアリ奇形 名詞
仏像/あーまい アーマイ 固有名詞
仏像/あーまいかぷせる アーマイカプセル 固有名詞
仏像/あーみなん アーミナン 固有名詞
仏像/あーめす アーメス 固有名詞
仏像/あーめすなんこう アーメス軟膏 固有名詞
仏像/あーるぶりん アールブリン 固有名詞
仏像/あーるぷりん アールプリン 固有名詞
仏像/あーるみん アールミン 固有名詞
仏像/あーるみんじょう アールミン錠 固有名詞
仏像/あい 愛 さ変名詞
仏像/あいえるざしょうこうぐん アイエルザ症候群 名詞
仏像/あいおなーる アイオナール 固有名詞
仏像/あいおなーるなとりうむ アイオナールナトリウム 固有名詞
仏像/あいおぴじん アイオピジン 固有名詞
仏像/あいき 曖気 名詞
仏像/あいけあ アイケア 固有名詞
仏像/あいこざーる アイコザール 固有名詞
仏像/あいこざーるくりーむ アイコザールクリーム 固有名詞
仏像/あいことな 相異な ら行五段
仏像/あいざっくしょうこうぐん アイザック症候群 名詞
仏像/あいじょうけつじょせいしんびょうしつ 愛情欠如精神病質 名詞
仏像
tree 仏像
西洋


仏像/



仏像






仏像/



もともと、釈迦が出世した当時のインド社会では、バラモン教が主流で、バラモン教では祭祀を中心とし神像を造らなかったとされる。当時のインドでは仏教以外にも六師外道などの諸教もあったが、どれも尊像を造って祀るという習慣はなかった。したがって原始仏教もこの社会的背景の影響下にあった。

また、原始仏教は宗教的側面もあったが、四諦や十二因縁という自然の摂理を観ずる哲学的側面の方がより強かったという理由も挙げられる。さらに釈迦は「自灯明・法灯明」(自らを依り所とし、法を依り所とせよ)という基本的理念から、釈迦本人は、自身が根本的な信仰対象であるとは考えていなかった。したがって初期仏教においては仏像というものは存在しなかった。

しかし、釈迦が入滅し時代を経ると、仏の教えを伝えるために図画化していくことになる。

仏陀となった偉大な釈迦の姿は、もはや人の手で表現できないと思われていた。そのため人々は釈迦の象徴としてストゥーパ(卒塔婆、釈迦の遺骨を祀ったもの)、法輪(仏の教えが広まる様子を輪で表現したもの))や、仏足石(釈迦の足跡を刻んだ石)、菩提樹などを礼拝していた。インドの初期仏教美術には仏伝図(釈迦の生涯を表した浮き彫りなど)は多数あるが、釈迦の姿は表されず、足跡、菩提樹、台座などによってその存在が暗示されるのみであった。

仏像が出現したのは釈迦入滅後500年以上経ってからである。最初の仏像がどこでどのようなきっかけで制作されたかは明らかでないが、最初期に仏像の制作が始められたのは西北インド(現パキスタン)のガンダーラと、中インドのマトゥラーの2つの地域であり、おおむね紀元後1世紀頃のこととされている。