八代市立博物館
未来の森ミュージアム
YATSUSHIRO MUNICIPAL MUSEUM

| ホーム | インデックス | 熊本県 | 掲示板 |
| リンク | このサイトについて | 参加のご案内 |


最終更新日:2002年6月9日
作成日:2000年11月23日


DATA

 

所在地:八代市西松江城町12-35
設計:伊東豊雄設計事務所
種類:博物館
竣工:1991.3
構造:RC造 4階建
延床面積 3,418.3
休館:月(祝日の場合翌日)
交通:JR八代駅からバス
「法務局前」下車

周辺地図

関連サイト
くまもとアートポリス
アートポリスネット



Atsushi

くまもとアートポリスのプロジェクトとして伊東豊雄さんが設計した博物館です。
小高い丘の上に建てられた博物館でヴォリュームの割に軽い印象を抱きました。
周辺環境に緑が多いので立地条件が良さそうに思えるのですが、公園法による面積規制や、 高い地下水位のために地下を作るのが困難だったり課題はあったようです。
他に、八代市内には伊藤さんの作品として、八代広域行政事務組合消防本部庁舎があります。

     
(写真)エントランスホール ジグザグのガラスショーケースが印象的でした。

細いスチールパイプにステンレスシートの下にあるエントランスホールは、ガラスのファサードの 開放的なイメージを抱いてたのですが、北面だったのでしょうか?昼間で天気は良かったのですが、 優しく落ちついた雰囲気の空間でした。


エントランスホールを通りぬけて、階段を降りてゆくと常設展示室へと続きます。
丘の下に埋め込まれるようなかたちで常設展示室がある。解説を読んで、博物館が建っていた丘が 展示室の巨大なヴォリュームを隠すために人工的に作られていたことを知りました。
確かに この人工的なランドスケープが博物館の開放的なイメージを与えることに成功しているように思えました。

     

常設展示室には打ち放しコンクリートの柱がランダムな配置によって建てられ その中にガラスのショーケースが整然と並べられていて不思議な空間を生み出しています。 また壁際の吹抜けからスポットライトのように光が射しこんでいるが印象的でした。
建築に夢中で展示内用はあまり観る暇が無かったのですが、パンフレットによると郷土資料などが展示されているようです。


Copyright 1998 FORES MUNDI All Rights Reserved