ネクサスワールド
スティーブン・ホール棟
NEXUS WORLD/
Architecture:STEVEN HOLL ARCHITECTS

| ホーム | インデックス | 福岡県 | 掲示板 |
| リンク | このサイトについて | 参加のご案内 |

最終更新日:2003年11月1日
作成日:2002年3月18日


DATA

 

所在地:
福岡市東区香椎浜4-11-28

基本設計:STEVEN HOLL Architects
実施設計・施工:清水建設
種類:集合住宅
竣工:1991
構造:RC造
階数:地上5階建
敷地面積:2,872.67
建築面積:1,529.21
延床面積:5,764.76

交通:
西鉄バス「香椎浜4丁目」バス停徒歩約3分
JR香椎駅より徒歩約15分

周辺地図

関連サイト
STEVEN HOLL Architecture



Atsushi

磯崎新のプロデュースによって行われたネクサスワールド、スティーブンホール棟。2階〜5階は 凹凸のクシ型構成になっているが、広角レンズで撮影しないと全体が撮影できそうにない。 1階の路面に8軒の事務所やショップが並び、2階の中庭的な屋根部分に水盤がある。
BR> 通りを歩いている限りは2階屋根の水面を見ることはできず、打ち放しコンクリートの壁と、直接 ビリジアンのペンキを塗った2色構成が印象に残る。オートロック式なので内部見学は不可能だが、 偶然スティーブン・ホール棟内の設計事務所でアルバイトさせてもらう機会を得たので紹介する。

エントランスホールは長方形のガラスの組合わせで構成されており、縦横の長さだけでなく角度も 変化させながら壁面を構成されていた。ペンキ塗りの金属フレームとガラスの相性が良い。 外国人建築家が設計した他の棟にも共通するが、日本人とは異なるデザインセンスを感じる。

錆びた鉄のような素材などテクスチュアの使い方がうまい。手すりや照明のデザインも素敵で、 細部までこだわりを感じられる。

水盤の水位は時間ごとに変化していて、雨が降ると必ず上昇するわけでもなく、急に水が枯れてる時が あったり、規則性があるのか無いのか解らないままだった。中庭に面する開口部が、規則性を崩して 配置しているのは、建築家の仕事らしくなくて面白いなと思った。
階毎に廊下の雰囲気が違うのも面白い。 5階は京都の町割をモチーフにしてるらしいが、一度だけ私が訪れたときには雨が降って洪水状態に なっていたため、京の町割のデザインとの関係は未確認のままである。

居室はメゾネットとフラットタイプの2タイプであるが、プランは全て異なるらしい。バイト先のプランは 3階にエントランスとユーティリティ、3畳程度の小部屋があり、2階にリビングダイニングとなるような 大部屋と小さなキッチン、水盤に面したベランダがついていた。大部屋に可動間仕切りがあるので、寝室と 区切って利用するのかもしれない。夫婦サイズの部屋と言えよう。


(C) Copyright 1998 FORES MUNDI All Rights Reserved